« どんど焼き | トップページ | あげる/その1 »

2007/01/19

ひねもすのたり

Notariお正月も過ぎ、またぞろいつもの日々が始まった頃。
ある日私は仕事部屋にいた。

……すると。

何かの効果音だったのだろうか。
リビングのテレビから「ヒャラ〜」という音が。

その瞬間、はからずも私は反応してしまった。
「♪ヒィ〜ラリラッタラ〜」と歌いだしてしまったのだ。

いえ、これだけでは何のことだか分からないのも無理はございません。

私の口を突いて出たのは、あのお琴の名曲『春の海』。
お正月、商店街とかテレビ番組のバックに、必ずと言ってイイほど流れるあの曲である。


「♪ヅン ツクツクテロリン……」というお琴の旋律。
それにやや遅れて重なる笛の音色。
テレビから流れてきた「ヒャラ〜」が、それに酷似していたのだ。

私にこの音を聴かせてはイケナイ。
そのとき私の心は時空を超えて、いともたやすく春の海に漕ぎだしてしまった。
ひねもすのたりのったりと。

ときはまだ、松が取れたばかりとくればなおさら。
誰も私を止められはしない。


と、ここまではいつもの日常だけれど。(←もしもし?)
実はこの先が問題で。

案の定、テレビの音はタダの効果音だったらしい。
むろん他の家族は私の中で何が起こっているかなど知るヨシもない。
仕事部屋から漏れ聞こえるときならぬ歌声に、リビングの空気は一瞬引いたかに思えた。

しかし、引いた波が返すように襲ってきた二段構えのリアクション。
それは言葉少なに、しかしだからこそ確実に私の足をすくった。

息子の「……若年性?」に、家内は冷然と答える。

「もう普通のよ」。

……。

私はもう、若年性という冠さえ手が届かない場所にまで、漕ぎだしてしまったのだろうか。


……っとまぁ、クドクド書き連ねてまいりましたが。
早い話、私が歌いだしてツッこまれるという、これまたいつもの日々が始まったのでございます。

|

« どんど焼き | トップページ | あげる/その1 »

コメント

あははは ひっひっひっひ (((^^)))
ワタクシいま思いっ切り笑いました。すみません。
nanbuさんのお宅の「コント名場面集・その10」ですね。
   (あいえ、数字は適当に入れました ↑)

でも決してヒトゴトではありません。
私は他から流れてくる音に反応してというより、自分の中のとりとめもない
思考の流れから、ふと気が付くと歌ってることがあります。
それも多くは童謡とか小学校唱歌とか…ぅぅ orz
で、夫に「何のお歌を歌っているのかな~?」とやられます(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/01/19 10:08

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>nanbuさんのお宅の「コント名場面集・その10」ですね。

おぉ!そのリアクションを待っておりました。(・o・)
はい。数字もきっとそのくらいだと思いますぅ。
いっそ、そのカテゴリーを作っちゃおうかしらん?(笑)
正直この時は、「そのネタもらった!」と思いました、はい。(^o^)

>で、夫に「何のお歌を歌っているのかな〜?」とやられます(^^;)

ご主人、ナイスリアクション!!
「歌」じゃなくて「お歌」なのがイイですね♪
私なんか、指摘されて初めて自分が歌ってたことに気づくこともあったり。
ツッこまれないと、ヘンに寂しかったりします。
この時も、引かれただけだったらツライものがあったと思われます。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/01/19 11:21

 ひ、悲惨っ!!
 こういうときって、ちからいっぱいツッこんでもらった方がいっそ楽なんですがね。奥様&ご子息、クール過ぎ(笑)。
 あぁ、景色が浮かび、涙がちょちょ切れます。
 もしも僕だったら両の頬を差し出して「ツッこんで! お願いだからちからいっぱいツッこんでっ!! 流さないでーっ」と絶叫しているかもしれません。

 全米が泣いた。
(T^T)

投稿: ろぷ | 2007/01/19 14:46

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

いやぁ、あの時「ドレミファドン」のイントロクイズをしてる人の気持が分かりました。(^^;)

>奥様&ご子息、クール過ぎ(笑)。

そうなんですよぉ。
いつもは間髪を入れずツッコミがあるんですけど。
今回は一瞬間があって。その「間」が怖かったです。
私が一人ドレミファドン状態になってるとは思ってもいなかったようで。
それだけ受けたダメージも強かったと思われます。(^o^)

>全米が泣いた。

ろぷさん、goo〜♪

投稿: nanbu | 2007/01/19 16:35

一瞬 何の「たたり」なんだろと思ったmikiです(^o^)

きっと奥様と息子さんは感性が似てて「ツッコミ」
nanbuさんが「ボケ」役なんですね(^_^)
そこには「愛情」があるから
こういうやり取りは ホッとできる瞬間じゃありませんか?

nanbu家「コント名場面集 その10」を
また楽しみにしときまっす♪


投稿: miki | 2007/01/20 15:16

・・・新年一発目事故レス

「コント名場面集 その11」の間違いでした(T_T)

投稿: miki | 2007/01/20 15:18

>「♪ヅン ツクツクテロリン…」…

o(>▽<)oギャハハハハッ!
『春の海』と聞いてもちんぷんかんぷんだったのですが、「♪ヅン」で一発で分かりましたよ(笑)
まったくnanbuさんは面白いですね~♪
「ズン」にしなかった点もナイスです~(^_-)-☆

「ヒャラ~」って笛だったのですか?
あれは何の音なんだろう?ってずっと思っていました(ラッパみたいな音で不思議な音色ですよね~)

ぽぱいは明らかに若年性ですよ(;^_^A

投稿: ぽぱい | 2007/01/20 21:21

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)
今日は旧友と「新年一発目」の一杯をしてきました。

>一瞬 何の「たたり」なんだろと思ったmikiです(^o^)

おぉ!そのお言葉をチョイスしたmikiさんの感性も好きでっす♪
ひねもすのたたり?なんちゃって。

でも、mikiさんは「ズンドコ」を頭の中だけに納められるのが羨ましいです。
私は、どうも頭と口が連動してるようで。
あの後、自分でも「♪ズンドコ」と歌ってしまったのは内緒です。
(それも2回も!)(T_T)

>「コント名場面集 その11」の間違いでした(T_T)

そのあかつきには「コント名場面集 その10くらいかな?」にしときますぅ。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/01/20 22:38

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>「ズン」にしなかった点もナイスです〜(^_-)-☆

あぁ!さすがぽぱいさん、そこに着目していただけましたか!!(・o・)
しかも「♪ヅン」一発で分かってもらえたなんて嬉しいです〜。
実は、どうやってもあのお琴の音をカタカナにできなくて。
何度も書き直したんですよ。(最初はチンチロリロリロリンでした)(笑)

「ヒャラ〜」は確かめたわけじゃないんですけど。
なんか牛若丸が吹いてた横笛っぽい音ですよね〜。(^o^)

>ぽぱいは明らかに若年性ですよ(;^_^A

「若年」という二文字がまぶしいです。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/01/20 22:58

   ヒソヒソ尺八ですよ
     音が高いのは短めの尺八だからですよヒソヒソ

投稿: ろーど | 2007/01/21 10:08

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)

あだ!尺八でした?(・o・)
教えてくださってありがとうございます。m(__)m

兄に怒られてしまうところでした。(←尺八の名取なんですぅ)
って、もう遅かったりして?(^^;)

私は、そうと知らずに尺八の音に反応してしまったんですね…。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/01/21 11:13

楽しそうですね~nanbuさんちは。
普段は間髪いれずに突っ込みが入るなんて、うらやましいです。
そういうの、私大好きなもので。
息子とはそういうボケとツッコミができるのですが、
そんな私たちの会話についてこれない夫。
育った環境というのは大きいな、と思っています。
ええっと、今からでも鍛えられます?
nanbu家で修行させてもらうわけには?

投稿: koko | 2007/01/21 11:30

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ、kokoさんも間髪を入れぬ突っ込み、お好きなんですか?
良かった♪
ご主人も秘かに、そんなkokoさんとお子さんの会話を楽しんでらっしゃったりして。
ここはひとつ、その日まで(←どの日まで?)
あたたかく見守ってお差し上げくださいませ。(^o^)

>nanbu家で修行させてもらうわけには?

もちろん喜んで!…あ、でも。
私と同じ目にあわせるのは忍びないような気も…。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/01/21 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/13570271

この記事へのトラックバック一覧です: ひねもすのたり:

« どんど焼き | トップページ | あげる/その1 »