« あげる/その1 | トップページ | 小さな傷 »

2007/01/25

あげる/その2

Asayake3敬語は難しい。

特に「差し上げる」は分かりにくい。

「あげる」は「与える」「やる」の謙譲語。
下から上へ「上げる」のだから、それはいいとしても。

反対に上から下への尊敬語は「下さる」のかと思ったら。
「賜(たま)う」なんだとか。
(そこまでの敬語を要求される場面には遭遇しなさそうだからいいんだけど)

尊敬語の「くださる」の基本語は「くれる」。
で、その反対は「もらう」だから、謙譲語は「いただく」になるんだそう。

なんか「あげる」「くださる」「いただく」の三つどもえって感じになっちゃうし。
ここはやはり、「あげる」は単独で考えないとこんがらがりそう。


ところで、実際に「あげる」を謙譲語として使う時には、「差し上げる」になるんだろうけれど。
ここでもまた疑問が。

例えば、同じお稽古教室の生徒同士だった場合。
先生にお歳暮をあげたか尋ねる時。

「先生にお歳暮を差し上げましたか?」でいいのだろうか。

確かに先生には敬意を払った言い方だけど。
肝心の話し相手の行為を謙譲しちゃうのはマズそうだし。
現実的には「差し上げた方がよろしいんでしょうか?」とか言い換えたり?

他にも、目上の人の子供にあげたい時。
「お子様に差し上げてください」も危なそう。
上がって下がるとなると、もうお手上げ。
(「お渡し下さい」で逃げた方が無難?)


「あちらを立てればこちらが立たず……」は世の常だけど。

どっちにも失礼のないようにしようとすると、自分がヒンシュクを買っちゃったり。
とかくに人の世は住みにくい。

敬意を払う相手が複数になると、どうしてこんなに複雑なんでしょ。


●追記:私の疑問は「二方向への敬語」なんだとか。
↓いろいろ検索してみたところ、とっても参考になるサイトさんを見つけました。

http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/c01c23.htm

|

« あげる/その1 | トップページ | 小さな傷 »

コメント

あははは…は・・ その2はさらに複雑になりましたね。
思わず、笑ってごまかしてお終いにしようかと…
でも、こういう疑問、実際に感じていますよね。
私など、どう言ったらいいんだろう?と迷ったあげく、二重どころか
三重四重の敬語を重ねて、慇懃無礼になってしまったり(^^;)
もっとも、私も「この度は結構なお品を賜りまして、恐悦至極に存じます」
な~んて言わなくてはならない場面には遭遇しそうにないので、
あまりコキコキにならない程度で適当に使ってまーす。(そんなんでいいのか?)

あ、いま「賜る」を使いましたが、nanbuさんが書かれている「賜う」とは
またちょいと違うのですね…
あぁ やっぱり恐怖の世界。日本語って難しいぃ~~~

投稿: ポージィ | 2007/01/25 10:42

 「あげる」「くださる」「いただく」の三つどもえ……たしかにそんな感じですね。僕なんかだと相手によって変えているかな。先輩は僕に歳暮を「くださった」けれど、社長から僕は「いただいた」。って感じかな。
 難しい話はやめますが、それぞれのことばが表している主人公が違っているんですよ。さならが写真のピントのように焦点を合わせた人物が違う。そんでもってことばの焦点の違いが尊敬の微妙な差だったりするのでそこんところを注意してより分けて……
あぁ、ニホンゴ、ムツカシネ。
┐(´<_`  )┌


 ちなみにちなみに。
 地域柄もあるのかもしれないけれど、僕は「先生にお歳暮、やったか?」と言いますよ(笑)。
 いやけっして先生を尊敬していないわけではないのです。僕の言う「やる」はここで話題の「やる」ではなくて、「先生に対して、あなたはお歳暮という行事を執り行いましたか?」の「執り行う」という意味の「やる」なのですよ。先生に何かを渡した行動ではなくて主役は「お歳暮」という行事なの。英語で言うと「I play お歳暮」になるのかな。よって、「お歳暮」さんは人間じゃないので尊敬が付かない。

ぁぁあぁ、ニホンゴ、ホントにムツカシネ。
( ´_ゝ`)(´<_`  ) <オクサマ ドウシマショ

投稿: ろぷ | 2007/01/25 11:42

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>あまりコキコキにならない程度で適当に使ってまーす。(そんなんでいいのか?)

敬語もマナーと同じで、お互いが気持よく過ごすためのものだとしたら、それが一番いいのかもしれませんよね。
主語を自分にしたり、言い方を換えてみたりと、良い意味で逃げ道をたくさん用意しておく方が現実的かも。なんて思いました。(^^;)

>nanbuさんが書かれている「賜う」とはまたちょいと違うのですね…

そうそう。
尊敬語が「賜う」で、「賜る」だと謙譲語になっちゃうから怖いですよね〜!(・o・)
このところ、なるべく敬語は使わないようにしてるんですけど、それもなかなか難しくて。(いきなり使わなくなるのもヘンでしょ?)かえってひどくなってるような気がして困ってます。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/01/25 13:35

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

>先輩は僕に歳暮を「くださった」けれど、社長から僕は「いただいた」。って感じかな。

あぁ、そこまでは考えてませんでした!(・o・)
でも、「くださる」と「いただく」の違い、なんか分かるような気がします。
そういえば、この二つにはそんな微妙な敬意の差があるかもしれませんね。
(私の場合、かなり適当に使ってるかも?)(^^;)

>英語で言うと「I play お歳暮」になるのかな。

うんうん、分かります。(^o^)
(「帰りに一杯やる?」みたいな使い方ですよね)
「お歳暮」という行事が主役なんですね。
なるほど!主役を人間にしないのも、ひとつの手ですよね!!(メモ)

ホント、ニホンゴムツカシデス。(笑)

投稿: nanbu | 2007/01/25 13:42

敬語については尊敬語も謙譲語もわかんないけど日頃から感心してることが一つ。
某テレビ番組「渡る世間はゴミばかり」のヒロイン達はもっとも達者な敬語遣いではないかと思っております。

登場人物が「お義母さまにそうして差し上げられるのもせめてもの嫁の務めなのよ云々」
なんて言っているのを聞くと画面に向かって
「今時そんな言葉遣いしてるヤツなんていねーだろ」
と突っ込み入れてしまいます。
(すみません、ワタオニ殆ど観てないのですが)

そうそう、ろーども友人同士で「ねえ、先生にお歳暮した?」などと話します。
つまり「お歳暮する」って動詞扱いになってます。
あー日本語ってムツカシー

投稿: ろーど | 2007/01/26 20:58

うぅ・・
益々難しくなってきて訳ワカメになってしまいました
こんな奴ですから どうか普段通りに話しかけてやってください(^_^)

親しき仲にも礼儀あり と言いますが
「心」が感じられれば どんな言葉遣いをされても私は平気です
関西人が言う「アホちゃうか」という優しさが好きです

・・・と
記事の内容と違うコメントを残して退散しますです(^_^;

投稿: miki | 2007/01/26 21:39

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)

私もワタオニはNG番組で観るくらいなんですけど。
あの恐怖の長ゼリフには、敬語までちりばめられてるんですか!(・o・)
そういえば。
私はウチの子に「お父様がさっきおっしゃったでしょう?」と、自分に敬語を使って遊んでますけど。
「ワタオニごっこ」と命名したくなりました。(^o^)
(でも、遊び過ぎて子供の言葉遣いに悪影響がないよう気をつけます)

>つまり「お歳暮する」って動詞扱いになってます。

なるほど。私もそんな動詞扱いって、してるかもです。
「カラオケする?」「お茶する?」とか。
「お歳暮した方が良いのかなぁ?」って普通に言ってる気がしますぅ。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/01/27 10:45

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

私も、「あり?」となったら益々訳ワカメになってしまいました。
これから少しずつ普段通りの言葉遣いに移行しようと思ってますので。
それまで、長い目で見てやってください。(^^;)

>「心」が感じられれば

うんうん。私も同感です。
「お子様に、どうぞ。」(ニコッ)(^.^)
の方が、感じがいいですもんね。
これからは、笑顔に磨きをかけたいと思いまっす。(^o^)/
(ただ、ディスプレイから顔を出せないのが残念ですけど)(笑)

投稿: nanbu | 2007/01/27 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/13650339

この記事へのトラックバック一覧です: あげる/その2:

« あげる/その1 | トップページ | 小さな傷 »