« 鉛筆削り/その2 | トップページ | ひねもすのたり »

2007/01/16

どんど焼き

Dondo_sお正月の門松や輪飾りを焚くどんど焼き。
以前住んでいた所では、近くの空き地で行われていた。

今のマンションはそこから車で2、30分ほどの距離。
それで、引越した後も毎年そこに行くのが習慣となっていた。

車を降りて5分ほど歩くと、畑越しに見えてきた現場はすでに準備が整っているようだ。
三階建ての家ほどに組み上げられた土台も出来上がっている。
その下の方には、チラホラと置かれたお飾りも見える。


ところが、行ってみるとなんと門が閉っているではないか。

注意書きを見てみると、1:00〜4:00以外は立ち入り禁止とある。
私が行ったのは昼前だから、少し早かったようだ。
昔は出入り自由だったのに。ここ数年、どんどん規則が厳しくなっているような気がする。(いくらどんどと言ったって)(T_T)

しかもご丁寧に「放置禁止」とまで書いてある。(スルドイ!)
門松を立てるのも、どんど焼きも気持の問題だし。ここで規則を破っては本末転倒。
しかたなく持って帰ることにしたけれど、私としては面白くない。

しかし、ここでフテ腐れては「心穏やかに過ごせますように」と初詣でした意味がない。グレそうになる気持を必死で立て直した私は、あることを思い出した。

「たしか、河原でもどんど焼きをしていたっけ」
ただ、そこはちょっと遠いし。今でもやっているのかは分からない。
それでも私は、家に帰ってから自転車に乗り換えてそこに向かった。
矢も楯もたまらずに。

……そして、その不安は見事に適中した。


私はめっぽう気が短い。(エバれない)
私はただ、お正月の門松や輪飾りを然るべく納めたいだけなのに。
その思いは持って行き場がない。
寒風に吹かれながら右往左往する、その時の私の胸中をどうかご忖度願いたい。

と、その時私は閃いた。
一駅先の神社なら、お焚き上げしてくれるかもしれない。
しかもその神社は、今年の吉方に位置しているのだ。(そこはもっと遠いけど)

ものの本によると、初詣ではその年の吉方の神社にお参りするものらしい。
でも、以前住んでいた市内の神社には、もう二十年以上通っているし。
今年も操をたててそこに初詣でした私なのだったけれど。

しかし、こうなっては許してもらうしかあるまい。
方向転換した私は、そのままエンヤコラとその神社に向かった。
そして、無事お賽銭と共にお焚き上げ用の箱に納めることができたのだった。
これで、めでたしめでたし。

しかし、そうは簡単にいかないのが人の心。

家に帰って壁の時計を見た私は、その場にくずおれそうになった。
その針が示していた時刻は1時をとうに過ぎていたのだから。

あぁ……。あのまま開門を待っていても同じだったのか……。

やはり、短気は損気である。


●写真は三年前のもの。カメラを向ける気にもなれなかった心中お察し下さいませ。(T_T) なお、ココログは1月16日(火)15:00〜17日(水)15:00まで、24時間のメンテナンスだそうです。

|

« 鉛筆削り/その2 | トップページ | ひねもすのたり »

コメント

nanbuさんのかかれる文章を拝見していて「めっぽう気が短い」ようには
思えないのですけれどね。それはひょっとして、私自身が同じような性格なのに
気短と認識していないからなのかしら…
「矢も楯もたまらずに」のお気持ち、よぉ~く理解できましたもの。
多分私も同じ立場におかれたら同じ行動とったと思われますぅ。
「ええい、こうなったら何が何でも納めてやる~」と意地にもなります(^^;ゞ

結局家に帰り着いた時間は、1時を回って? ナハハ
じゃ、しばらく家にいらして出直されても良かったのですね。
まぁ、いろんな場所の現状を視察でき、運動もでき、ネタにもなりましたから
終わりよければ…ですよね。

投稿: ポージィ | 2007/01/16 09:52

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

何が苦手って、私は「待つ」のが一番苦手なんですよぉ。
それで、「心穏やかに」を努力目標にしているんですけど。(^^;)
「あれをしよう!」と思ったら、それが済むまで他の事が手につかないんですよね。
普段はお気楽なクセに、一朝事あると気が短くなるから。家族から呆れられてます。
でも、ポージィさんこそ気短には思えないですよ〜。(・o・)

>「ええい、こうなったら何が何でも納めてやる〜」と意地にもなります(^^;ゞ

はい、まさにその心境でした!
矢も楯もたまらない気持、分ってもらえて嬉しいです♪
(出直すのが一番と頭では分っていても、それができないんですワ)(T_T)

ホント、「終りよければ」には、いつも救われてます。(笑)

投稿: nanbu | 2007/01/16 11:44

はーい、私も気が短いでっす!
とくに仕事のときとか。
お客様をお待たせしてはいけないと気があせります。

ところで、うちのあたりでは「どんと祭」。
mikiさんのところでは「とんど」。そして
nanbuさんのところでは「どんど」。
おもしろーーーい!

投稿: koko | 2007/01/16 13:00

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうそう、この呼び方にはいろいろあるようですよね。
(そちらでは「どんと祭」なんですね)

あは♪ kokoさんも気が短い方なんですか?
お客様を待たせていると思うとあせりますよね。
今の私はもうすぐ始まるメンテにあせってます。(笑)

どうか間に合いますように。

投稿: nanbu | 2007/01/16 14:54

メンテが終ったようなので来ました♪

nanbuさん ポージィさん kokoさん
みなさん気が短いんですかぁ?
そうは見えないです(会ったことないけど(^^))

日本人は「待つ」のが平気な人が多いですよね
お昼時に有名なラーメン屋さんへ行くと長蛇の列、、
そこまでして食べたいかなぁと思ってしまいます
私は「待つ」より「待たせる」のが嫌いで
患者さんがイライラしないよう
院内を走り回ってますよ~(^o^)

投稿: miki | 2007/01/17 20:38

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

たしか、「こころ平らかに」の記事の時でしたよね。
mikiさんから「心穏やかに」とお願いしているとコメントをいただいたのは。
その時から初詣でお祈りするのは「コレ!」と決めてました。
そんなだから、行列も苦手ですぅ。(^^;)

>そうは見えないです(会ったことないけど(^^))

そうそう、そうなんですよね!
いつも会ってるような気がして、私もそう書きたくなる時あります。
(「読みました」じゃなくて、「聞きました」って感じなんですよね)(笑)

>院内を走り回ってますよ〜(^o^)

そんな病院なら、私も安心して待てそうです。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/01/17 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/13513557

この記事へのトラックバック一覧です: どんど焼き:

« 鉛筆削り/その2 | トップページ | ひねもすのたり »