« 瑣末主義 | トップページ | だってしょうがないじゃない »

2007/03/25

泥中の蓮

Suirenテーブルの上に携帯が置いてあった。

パッカリと開いたその液晶画面には「泥中の蓮」の文字が。

「はて、これは?」

さっそくウチの子に聞いてみたら。
なんでも国語の先生に覚えておくように言われたとかで。携帯の電子辞書で調べてみたんだとか。

へえ……驚いた。
携帯でそんなことが出来るなんて。

そしてもう一つ驚いたのが、この「泥中の蓮(でいちゅうのはちす)」。

こんな言葉があったんだ。
だいたい「蓮」を「はちす」と読むこと自体知らなんだ。

どれどれと読んでみると。
「汚れた環境にあっても清らかなもののたとえ」だそうな。

おぉ!確かに泥水の中にありながら、蓮の花は清らかで美しい。
土中に横たわるその根も、白く清らかだ。(っつかオイシイ♪)


ココまでお膳立てが揃ったら。
「まるでお父さんみたい……」と言ってみたくなるのがこの私。
するとすかさずウチの子は、「イヤ、オレだろう」と言う。
うんうん。っで、その続きは?……と期待したものの、それっきり。

……惜しい!これではネタにならない。
(もうちょっと気の利いたツッコミをしてくれなくっちゃぁ)

しかし、せっかく新しい言葉を仕入れたのに、これで記事にしないのはもったいない。
っということで、自分でも考えてみることにいたしました。


ここはやっぱり「ハス」と「スイレン」の違いで攻めようではないか。
と調べてみて、初っぱなから驚いた。

てっきり「水蓮」かと思ってたら「睡蓮」って書くんだった。
きっと前にもそう思ったことがあったんだろうけど。
(モネの絵がありましたモんネぇ)
どうも私の固定観念の方が強固だったらしい。

で、肝心の相違点はというと。
蓮の葉が丸なのに対し、睡蓮のは同じ丸でも切れ込みがあるんだそう。
(円グラフの「その他」の部分を切り取った感じですね)
他にも、前者は葉も花も水面より上に高く伸びるのに比べ、後者の葉は水面に浮かんでたり。
花後の蓮は「花托が肥大して蜂の巣に似た形となり、上面の穴に一個ずつ種子を入れる」そうな。(あ!だから「はちす」って言うんだったり?)(・o・)

ハイ!よ〜っくわかりました。
これでなんとか記事らしい体裁が調った(んでしょうか?)。

でも……。
カテゴリーは、いったい何になるのかしらん?

|

« 瑣末主義 | トップページ | だってしょうがないじゃない »

コメント

「どろちゅうのはす」じゃぁなかったんですね。
「でいちゅうのはちす」!知らなかった…意味共々お勉強になりました。

息子さん、今回は何か考え事でもしてらしたんでしょうか。
つっこみが浅かったですね。でもそれで終わらずしっかり記事に
結び付けられるnanbuさんは、やっぱりさすがです。

蓮と睡蓮の違い、なるほど~
「円グラフの「その他」の部分を切り取った感じですね」
これ↑とっても分かりやすいですね!その他の占める部分はまず間違いなく
せまいですモんネ(^^)
あ、そうそう。蓮は実の形からはちすと呼ばれるということ、私も何かで
読みましたよ。nanbuさんの推測は多分「大正解」です♪

投稿: ポージィ | 2007/03/26 10:40

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

ですよね〜!私も「どろちゅうのはす」って読んじゃいました。(^^;)>
ホント、つっこみが浅いとコッチが苦労しますぅ。
(↑って、人のせいにしちゃいけませんね)

「その他」の部分も賛同してもらえて嬉しいです♪
自分自身「切れ込みがある」にピンと来なかったんですけど。
写真を見て「あぁ、そうか!」と円グラフを思い浮かべたもので。

>蓮は実の形からはちすと呼ばれるということ、私も何かで読みましたよ。

おぉ!そうなんですか!!(・o・) よかった〜。
実はコレ、UPする寸前に思いついて慌てて書き足したんですよ。
ポージィさんの一言で勇気づけられました。
(説得力も大幅にUPですね)(^o^)

投稿: nanbu | 2007/03/26 17:00

はい(・_・)/
「でいちゅうのれん」と読みました
そして意味は全くわからずで。。(^_^;
すいれんは水蓮だと思ってたし 今回もお勉強になりました

>カテゴリーは、いったい何になるのかしらん?

「nanbu家コント名場面集(教養編)」
どないでしょ(^^)

投稿: miki | 2007/03/26 18:13

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

実は今日、遅蒔きながらのお墓参りに行ってきたんですけど。
さきほど駆け足で伺ったら、mikiさんも大変だったんですね。
お疲れのところ恐縮です。(何でもなくて本当に良かったですね)

惜しい!「蓮」も音読みしちゃったんですね。
でもコレ、普通読めませんよね〜。
(「水蓮」がお仲間で嬉しいですぅ)(^^;)

>「nanbu家コント名場面集(教養編)」

それ、イタダキ!ます〜。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/03/26 18:42

「泥中の蓮」って、まるでぽぱいみたいですね…
σ(^ー^;)うふ♪

>モネの絵がありましたモんネぇ…

o(>▽▽<)!
nanbuさん、ありがとうございました~♪

投稿: ぽぱい | 2007/03/28 19:59

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>「泥中の蓮」って、まるでぽぱいみたいですね…

うふ♪ ぽぱいさんもお仲間でヨカッタ!(^o^)
「モんネぇ…」にもツッコんでもらえて嬉しいです。
(こういった小技、好きなんですぅ)
こちらこそ、ありがとうございました〜♪

投稿: nanbu | 2007/03/28 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/14379549

この記事へのトラックバック一覧です: 泥中の蓮:

« 瑣末主義 | トップページ | だってしょうがないじゃない »