« 冬のしっぺ返し | トップページ | 泥中の蓮 »

2007/03/22

瑣末主義

3_17koriseumu「些細なことは気にしない」
なんてよく言うけれど。

些細(ささい)の「些」ってどういう意味なんだろう……。

と、思ったのが運の尽き。
この後、私の堂々巡りが始まってしまった。


いつもの@nifty 辞書によると(すべて大辞林 第二版より)

●さ 【些】すこしばかり。わずか。
なのは、そうでしょうねって感じだったけど。↓これを読んでビックリ。

●いささか 【聊か/些か】少し。幾らか。「これには—驚いた」
はい、私も驚きました。「いささか」もこの字だったんですか!

軽〜くジャブをくらった後で、いよいよ本題。

●ささい 【些細/瑣細】とるにたりないさま。わずかなさま。
「—な違い」「—なこと」

どうやら「瑣細」とも書くらしい。
となれば、「瑣末(さまつ)」も調べなくっちゃね。
っということで。

●さまつ 【瑣末】
さして重要でないこと。取るに足りないこと。また、そのさま。些細(ささい)。
「—なことをうるさく言う」

うんうん。で、そうなると「末梢」も調べたくなっちゃって。

●まっしょう【末梢】
(1)物のはし。末端。(2)ささいなこと。
(3)木の枝の先端。こずえ。

おぉ……。ここでも「ささい」がお出ましになった。

最初、ネタになるかな?と喜んだものの。
コレを調べてたらアレが気になって、ちっともまとまらない。

些細なことにこだわって、掘り下げてみるのがいつものやり方とはいえ。
ちょっと飽きて来ちゃったし。(コラコラ)
どうなっちゃうんだろうと不安になったら。

↓こんなの見つけました。

●トリビアリズム [trivialism]
瑣末(さまつ)な事柄にこだわる態度。瑣末主義。

あら、テレビ番組のタイトルに行き着いちゃった。
してみると、私もやっぱり瑣末主義?

ってなワケで、おさまつさまでした。(クルシイ)

|

« 冬のしっぺ返し | トップページ | 泥中の蓮 »

コメント

あ、ツタバウンランだ。このところ立て続けに見てます。(ブログ上で ^^)
これは…ウォーキング中に見つけられたものですか?

些細の漢字がどうか、気にも留めたことがなかったような気がします。
「些」の字が思い出せなくて「見れば読めるけど書けない」のひとつだヮ。
「聊か/些か」は読むことすらできなさそう… これは些か問題ですな。
(いやいや、大いなる問題かも)

今回の言葉の泉はどこへ行き着くかと思いましたら、trivialism。
英語の登場と相成りましたね。へぇぇぇぇ!
はいはい、まだまだ記憶に新しい「トリビアの泉」が思い出されますよ~
「trivia」って「くだらない事(もの)」なんですねぇ。
でも、そのくだらない雑学知識が結構面白いものなのですよね(^^)

投稿: ポージィ | 2007/03/22 15:50

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

はい、例の花の横を押すと口を開くツタバウンランです。(^o^)
実はコレ、ウチのルーフバルコニーの排水口から芽を出したんですよ。
(マメに掃除してないもので)(^^;)>
写真を撮ったら抜こうと思ってたんですけど。
花が咲いたら引っこ抜けなくなっちゃいました。

>「trivia」って「くだらない事(もの)」なんですねぇ。

あだ!そうなんですか。(・o・)
(国語辞典の方には「trivialism」だけ出てたんですけど)
後で英和辞典も調べようと思って忘れてました。
この場合、忘れてて幸せだったのかどうか…。
とりあえず、面白ければイイと思うことにしますぅ。(笑)

投稿: nanbu | 2007/03/22 20:49

私もどうでもいいような「些細」に拘ってググってみたら
「些細」の文字が入るブログ名(または記事)の多いこと!
ってことは人は些細なことに拘ることが好きなのですね
つまり その人にとっては決して些細なことではなく、、
あり?何が言いたいのかわからなくなってしまいました(^_^;

「トリビアの泉」今では特番になったんですよね
サッカーネタで応募しようかと思ったのがあったんですが
あまりメジャーじゃなく些細なことだったので止めました(^o^)

投稿: miki | 2007/03/22 20:51

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

わぁ、ホントだ〜!私もやってみたらいっぱいヒットしました。(・o・)
ググってくださってありがとうございます。

>何が言いたいのかわからなくなってしまいました(^_^;

いえいえ、とってもよく分かります。
そのまま見過ごしてしまえば些細なことでも、そこに目を留めて掘り下げてみる。
もしそこから泉が湧き出たら、その人にとってそれはもう些細なことではないですもんね。(都合良く解釈し過ぎでしょか?)(笑)
なんか、瑣末主義を応援してもらえたような気がして嬉しいです。(^o^)
(ちょっとサッカーネタも気になったりん)(^^;)

投稿: nanbu | 2007/03/22 22:04

nanbuさんのブロ具は相変わらず具沢山の内容で勉強になります。
サザエさんに登場する「いささか先生」は「些か先生」なのですね(笑)

ヒソヒソ…
ところでmikiさんは、ちゃんとGoogleでググッているんでしょうかね?
先日友達が「じゃあ今からググッてみるよ」と言いながら…
ヤフーでググッていました(なんじゃそりゃ)(笑)

投稿: ぽぱい | 2007/03/23 21:01

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ!そう言えば「そんな名前の登場人物が…」と思ってたんですけど。
サザエさんの「いささか先生」でしたね♪
(スッキリしました〜)(^o^)

>ちゃんとGoogleでググッているんでしょうかね?

ドキッ!・・・スゴイ。(・o・)
ぽぱいさんに見られてたのかと思ってしまいました。
(実は私も「やってみた」とか言いながらヤフッてましたぁ)(^^;)>
いつもながら、ぽぱいさんの着眼点と洞察力には脱帽です。

投稿: nanbu | 2007/03/24 09:55

呼ばれたみたいなので再登場~(^o^)

投稿しようと思ってたサッカーネタは
サッカーに(特にJリーグ)興味の無い人には
面白くもなんともないんです(^_^;
でも一応書かせてもらお♪

Jリーグが開幕した翌年
ファーストステージを優勝した我らがサンフレッチェ広島は
その表彰式で頂いた優勝カップを
歓喜の中で選手達が回して(*^・^*)チュなどしてる中
落として割った選手が居るんです
それがしっかりテレビに放送されまして
こっちは唖然(・o・)としてるのに
当の割った選手は笑って誤魔化してました(-_-)


>ぽぱいさん

この前まで別の検索サービスを使ってたんだけど
今はGoogleのツールバーをダウンロードしてます( ̄^ ̄)
なんか文句ある?
体育館の裏で待ってよか?(-。-)y-゜゜゜

投稿: miki | 2007/03/24 10:40

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

ご再訪嬉しいです〜♪(^o^)/
さすがmikiさん、ちゃんとGoogleだったんですね。

>歓喜の中で選手達が回して(*^・^*)チュなどしてる中
>落として割った選手が居るんです

あっらぁ・・・割っちゃったんですか。(100へぇ!)
時々そんな場面を見ると「落としたりしないかな?」と心配したりしますけど。
実際にそんなことってあるんですね!(・o・)
(フィギュアスケートのガラス製のNHK杯を見るたび、秘かにドキドキしてます)
テレビで放送されてなければアロン○ルファでくっ付ける手もあるんでしょうけど。
(それじゃ無理?)
当の選手としては「些細な事」と笑って許して欲しかったでしょうね。
自分だったら・・・やっぱ笑って誤魔化すかもですぅ。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/03/24 12:06

(⌒▽⌒)アハハ~、nanbuさんもyahooでググっていたのですか?
yahooとgoogleでは微妙に健作結果が違いますよね。

「健作」をググると「森田健作のHP」がトップですが、「健作」をヤフると「毎日がアンテナ。/ウェブリブログ 」がトップでした(笑)
mikiさんはツールバーをダウンロードされているのですね…
へぇ~
広島にもGoogle来てるんだ…

それっε=ε=ε=ε=┏(;゚Д゚)┛逃げろっ!

投稿: ぽぱい | 2007/03/24 21:25

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)
ご再訪感謝です〜♪(^o^)/

そうなんです。最初に「お気に入り/ブックマーク」に入れたんで、
いつもつい上の方に表示されるyahooを使ってしまうんですよね。(^^;)

>yahooとgoogleでは微妙に健作結果が違いますよね。

おぉ!「健作」で「検索」するなんて。
さすがぽぱいさん、gooですね♪
自分でも早速やってみましたが(←今度はちゃんとググりました)
この場合、「森田健作のHP」がトップに来て欲しいような…。
やっぱり違うんですね〜。(・o・)

投稿: nanbu | 2007/03/25 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/14347553

この記事へのトラックバック一覧です: 瑣末主義:

« 冬のしっぺ返し | トップページ | 泥中の蓮 »