« 春に急かされて | トップページ | 回ひ »

2007/03/10

気がかりな桜

Yozakura今年は桜が気がかり。

と言っても、開花予報じゃなくて。
(モチロンそっちも気がかりだけど)
ウチにある染井吉野のこと。

植えたのは、もう10年以上前。
毎年この時期になると、ホームページの"my garden"のコーナーで「桜の便り」を掲載してまいりましたが。
五回目となるはずだった今年は、できそうもありません。


桜は、枝先の真ん中にある、細い芽が葉芽。
そして、その周りにあるやや丸いのが蕾が出てくる花芽。
でも、冬の間見てみたら、ウチのは葉芽ばかり。
わずかに付いた花芽も小さいまま。

ウチの方は都心よりやや開花が遅れるのがいつものこととはいえ。
それでも用水路脇の桜並木の花芽は膨らみ始め、はや先端からはクリーム色が顔を出している。


去年、確かに花付きが悪くなったとは感じてました。
でも、今年はそれがさらに悪くなりそう。

かつては軒を越えるほどの丈があったものの。
数年前からは頂上部が枯れ込んできて。
それに歯止めがかからない。

「桜切る馬鹿」のたとえの通り。
枝を切りたくはないけれど、枯れちゃったものは仕方ない。
それでも切り口に癒合剤を塗ったり、バイ菌が入らないよう気を使ってたのに……。
 
 
Kobuいくらなんでも、これはオカシイ。
と思ってよく観察してみたら。
なんと根元にコブのようなものを発見。

バラなんかは、ネコブセンチュウで地中の根にコブができたりするらしいけど。
桜にも、そんなものがあるのだろうか?

それが何であれ、元気が無くなってきているのは間違いないし。
不安はつのるばかり。

なんだか、今年は寂しい春になりそう。
 
Tayori06
 
 
去年の桜の便り
最後となりそうです

|

« 春に急かされて | トップページ | 回ひ »

コメント

まぁ… 愛情込めて育てていらしたnanbuさんのソメイヨシノさんに
そんなことが起きていたとは。ソメイヨシノは病気に罹りやすいといいますものね。
樹木医にでも診てもらえれば、いい手当て方法があるのかも知れませんが、
樹木医ってどうやって探せばいいのかしら。
根元がやられているのはどうしたらいいのでしょうね…
うちのミニバラは根を甲虫の幼虫にボロボロにされて一事枯れそうでしたが
数年かかって何とか自力で立ち直ってきました。
同じバラ科ということで、nanbuさんのソメイヨシノさんにも希望を繋ぎたいです。
今年の花は諦めざるをえないとしても。

投稿: ポージィ | 2007/03/10 10:53

こんにちは~

丹精込めてお育てですねぇ。
色々なお花が咲き乱れている写真素敵です。

桜のお花はどうなるのでしょうか。

毎日桜のつぼみを観察していました、犬の散歩道に桜並木があるのです、最近愛でてないので見て来よう。

投稿: ムームー | 2007/03/10 11:23

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

あは♪ 入れ違いでしたね!
私もそちらに伺ってきたところでした。

そうなんですよ〜。
実は取り込んでいた数年前、水やりもままならず、夏に葉を全部落としてしまったことがあって。
その時は、秋になってまた葉を繁らせてくれたんですが、それから徐々に…。
逆に花付きは良くなっていたんですけど。

なんと、ポージィさんのミニバラは自力で立ち直ってくれたんですね!(・o・)
数年がかりだったとしても、それは嬉しいですよね。
今年の花はわずかでも、ウチの桜もそれにあやかってくれるのを期待することにしまっす。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/03/10 12:03

 
ムームーさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ、ホームページも見てくださったんでしょうか。
ありがとうございます。
最近は気分転換程度の世話で済むよう、手抜きガーデニングを目指してます〜。(^^;)

ご近所の散歩道にも桜並木があるんですね!
うんうん、ぜひまた観察してみてください。
花芽の先端からクリーム色が出てきたら、後は成長が早いですもんね。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/03/10 12:13

うわ~、本当ですか?
毎年楽しみにしていたのに淋しいですね~。
特に桜は富士山と同じぐらい“日本人の好きなもの”ですからね…

草花の事は全然分かりませんが、nanbuさんの愛情で桜が元気を取り戻して花が咲いてくれたらいいですね。

※花が咲かなくちゃ実が食べられませんよね(;^_^A

投稿: ぽぱい | 2007/03/10 21:50

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

いつかは桜を、と思って植木市を探したりしたんですけど、意外に見つからなくて。
デパートの屋上の片隅で見つけた時は嬉しかったです。
思えば、小さな樽の中で今までよく頑張ってくれたし。
短い間でも、こうして見てもらうことができて、本当に良かったと思ってます。(^^)

>※花が咲かなくちゃ実が食べられませんよね(;^_^A

あはは♪ そうそう。
初めてソメイチェリーを食べたのも、この木になった実なんですよ。
(ビタースィートメモリー?)(^o^)

投稿: nanbu | 2007/03/11 09:54

 う~、綺麗な桜ですね@去年の nanbu さん宅。こんな見事な桜がしおれていくのを見ると言うのは、辛そうですね。何とか良くなるといいですね。
 ふとココで、『つらい』を変換して『辛い』となりましたが、これって『からい』にも同じ字を当てますよね。『からい』ものは『つらい』のか?幸せがマイナスになると(つまり棒を一本引くと)『辛い』のですが、『からい』ものが好きなワタクシはそこに『しあわせ』を感じるのです。・・・とまぁ、らちもないことをつらつらと考える日曜の昼下がり。ショッパイことも『からい』と言うし思念は果てしなく彷徨するのです。
 

投稿: coldgin | 2007/03/11 16:33

桜は開花する期間が短いから
尚のこと毎年楽しみにされてたでしょうに。。

そういう我が家の梅の花も今年は少ししか咲きませんでした
もしかしたら病気なのかもしれません
ほったらかしにしてた罰が当たったかな(^_^;

少しでも咲いてくれて
ポージィさんとこのミニバラのような根性を
見せてほしいですね(^^)v

投稿: miki | 2007/03/11 18:36

 
coldginさん、コメントありがとうございます。(^^)

>幸せがマイナスになると(つまり棒を一本引くと)『辛い』のですが

あ!ホントだぁ〜!!
今までちっとも気がつきませんでした。(・o・)
うんうん。『辛い』と書いて『つらい』とも『からい』とも読みますよね。
『からい』ものが好きなginさんは、そこに『しあわせ』を感じる。
受け取り方の違いや、発想の転換で『辛い』ものの中にも『美味しい』ものを見つけられるかもしれませんね。(^^)
読んでもらえたり、見てもらえるのは嬉しいことだと改めて感じていたので、お話が心に沁みました。

投稿: nanbu | 2007/03/11 20:25

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうですね。
少ないながら、ここへきて花芽が少しずつ膨らみ始めたので
一枝か二枝分は咲いてくれそうです。
せめて枯れないでいてくれたら、言うことはないんですが…。

mikiさんのお庭には梅の花もあったんですか!
(記憶から抜けてたんでしょうか)
やっぱり花付きのいい年と、そうでない年があるのかもしれませんね。
でも、mikiさんのお家は定期的に庭師さんが目を掛けてくれているし、まかせて安心ですね。(^^)

投稿: nanbu | 2007/03/11 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/14209101

この記事へのトラックバック一覧です: 気がかりな桜:

« 春に急かされて | トップページ | 回ひ »