« 春の素顔 | トップページ | 端倪すべからざる道 »

2007/04/03

嵐の夜

Sakura_yosuiroそれは、家内が飲み会の日だった。
学生時代からの女友達四人の集まり。
皆酒豪らしいし、帰りはかなり遅くなりそうだ。

昼の内に食糧の買い出しを済ませ、夕方からイソイソと出かけていった。

コチラの夕飯は、クーポンで買ったマックがあるし。
それまでは観たかったビデオでも……。
と思ったら、予約録画の設定がしてあった。

まったく、これでは手も足も出ないではないか。
飲み会の家内はちゃっかりビデオまで予約して。
留守番のコチラはビデオを観ることも出来ないなんて。
なんか釈然としない。


結局そのまま退屈な時間を過ごし、ハンバーガーの夕食を済ませた後。
ウチの子が観ていた世界水泳が終わったのは9:00。
春休みになってからというもの、チョット宵っ張りになっている私。
どれどれとチャンネルを変えてみた。

やっていたのは『ハリーポッター』。
どうやら三作目のコレは未見のようだ。

ついつい引き込まれていると、なにやら外が騒がしくなった。
いつの間にか風が強まり、雨まで降ってきたようだ。
しかも物語の盛り上がりに歩調を合わせるように、だんだん激しくなってくる。

ヒューヒューという風の音に合わせて、パッタンパッタンと換気扇のフタが鳴る。
窓のアルミサッシは、ギシギシと苦しそうに呻きだす。

と、ここまでは風の強い日によくある音だけれど。
そのうちドン!という音。どうやらコノテガシワの鉢が倒れたようだ。
ヤレヤレと思っていたら、そのうちに「ガシャン!」というイヤな音が。
ブラインド越しに見てみたら、バルコニーに置いた大きな物置きの戸が、風に吹かれて倒れたらしい。

あっちゃ〜!こんなのは10年振りのことだ。

そのままにしてたら、中に詰め込んだものがみんな風で飛ばされてしまう。
慌てて外に出て、外れた戸を元に戻そうとするけれど。
なにせ自分の背丈以上もある戸。それが風に煽られるもんだから、思うようにハマらない。
それでもなんとか元に戻し、やっとのことで部屋に戻ると全身ビショビショ。

あ〜ぁ。ツイてないのはいつものことだけど。
よりによってこんな日に嵐が来るなんて……。
しかし、いつもだったらとっくに寝てる時間だし。
もしそうでなかったら、翌朝そこらじゅうにまき散らされた内容物に驚くところだったハズだ。

「……やっぱり今日で良かったのだろうか?」
なんて考える私は、なんて良い子なのだろう。


日付けが変わる頃ご帰還なさった家内は、結局雨に降られなかったんだとか。

呑気に外で酒を飲んでた方は雨にも当らず。
健気に家でお留守番してた方は濡れネズミ。

なんか、世の中って不公平だと思う。

3_30dobukime1
 
 
ココログは
4月3日(火)15:00〜
4月4日(水)15:00 まで
メンテだそうです

|

« 春の素顔 | トップページ | 端倪すべからざる道 »

コメント

アハハ(^o^) って、いきなり笑ったりしてごめんなさ~い;
なんだかとってもツイテナイ損な役回りだったような釈然としないお気持ち、
よぉくわかります。
でも、良い子のnanbuさんがお考えになったように
「…やっぱり今日で良かった」のですよ、きっと。
翌朝飛んでいったものはないかと近所を歩き回るのと、いっとき
びしょぬれになるのとでは、後者の方がいいような気がしますから~(^^)
それにしても、奥様はあの嵐の被害にまったく遭われなかったとは、
なんとラッキーな方なんでしょう。

投稿: ポージィ | 2007/04/03 10:06

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>翌朝飛んでいったものはないかと近所を歩き回るのと

そうなんです!(・o・) よくぞ分ってくださいました。
別にバルコニーに散らばるだけならイイんですけど。
なんといってもウチは3階だから。
ご近所にバラ撒かれちゃったら・・・ちょっとハズカしいですもんねぇ。(^^;)

ホント、ウチの人はナゼか運がイイんですよね。
貧乏クジを引くのはいつもコッチで。
(自分のことを良い子と言う時は、かなりグレてる時でぇっす)(笑)
まぁ、あの時家内がいたとしても結局直しに行くのは自分だし。
やっぱりその日で良かったと思うことにしました〜。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/04/03 11:20

プラス思考の良い子のnanbuさん こんにちは(^^)
今日の広島は 嵐のような空模様になったかと思えばカラット晴れて
不安定極まりないお天気です
その隙間をぬって散歩に出たのに急に雨風が強くなり
ラムっち共々走って帰って来ました
はい、ずぶ濡れです(^_^;

お互い 水もしたたるいい男(女)になったと思うことにしましょ(^^)v

投稿: miki | 2007/04/04 16:39

 
水もしたたるいい女のmikiさん、コメントありがとうございます。(^^)
良い子と言い張るには多少(かなり?)無理があったnanbuです。(笑)

あらぁ…。mikiさんまでずぶ濡れになっちゃいましたか!(・o・)
散歩の途中で天候が急変するとエライ目にあっちゃいますよね。
今日はこちらも不安定なお天気で。
日が差したかと思えば雨が降ったり、
とうとう夕方には雷まで鳴りだして参りマシタ。

>お互い 水もしたたるいい男(女)になったと思うことにしましょ(^^)v

あい。そうしますぅ。(ToT)

投稿: nanbu | 2007/04/04 19:25

飲み会に出掛けた途端に嵐になってきた…
話しを読み進むうちに奥様の事が心配になってきました、きっと優しいnanbuさんの事だから傘を持って向かえに行ってやる展開になるのかな~?と思いきや…
ガハハ、そっちの展開でしたか(笑)
奥様が無事に帰って来られたようで安心しました(^_-)-☆

投稿: ぽぱい | 2007/04/04 19:49

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ!傘を持って行くという発想すらありませんでした。(・o・)
そう言えば心配したウチの子は「メールしようか?」とか言ってましたけど。
物置きの戸で頭がいっぱいだった私は、やっぱり良い子じゃないみたいです。(笑)

>奥様が無事に帰って来られたようで安心しました(^_-)-☆

ありがとうございます。
そこまで考えが及ぶところが、ぽぱいさんの器の大きさですね。
(反省しますぅ)(^^;)

投稿: nanbu | 2007/04/04 22:00

 一つ前の記事は『春の素顔』、本記事は『嵐の夜』、ワタクシは『嵐の素顔』By 工藤静香を思い出してしまいました(古!)
 差し引きすると『春の夜』という記事も出来そうですね。
 
 >呑気に外で~濡れネズミ。
 いやぁ~、人生そんなものですよと、本人以外は言うのでしょうけど、やはり釈然としないものですよね。南~無~m(_ _)m

投稿: coldgin | 2007/04/05 05:40

 
coldginさん、コメントありがとうございます。(^^)

あぁ!(・o・)もしや?と思って検索してみたら。
この歌のタイトルは『嵐の素顔』っていうんですか。(By工藤静香で1番好きかも)
歌詞を改めて読んでみたら、やっぱりイイですね。
特に大サビの「子供の素顔で泣きたい夜なの 心細さを集めて空にほおり投げた」
にはグッときてしまいました。

>人生そんなものですよと

うんうん。『嵐の素顔』と『春の夜』。
正反対のようで、その実表裏一体なのかもしれませんね。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/04/05 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/14503720

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の夜:

» ハリーポッター  [ハリーポッター ]
第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』を読んで、解けることのない魔法にかかってしまいました。映画「ハリーポッター 不死鳥の騎士団」もいよいよ公開されますね。第7巻が終わってしまったらどうしようかと悩んじゃう今日この頃です。大げさではなく。。作者のJ・K・ローリングはどうなんでしょうかね。... [続きを読む]

受信: 2007/04/03 13:14

« 春の素顔 | トップページ | 端倪すべからざる道 »