« あの夏の日 | トップページ | 弁慶の泣きどころ »

2007/05/31

青かった春

Harappa先日のウォーキングの帰り道。

いつもなら用水路に沿って続く遊歩道を通るんだけれど。
その日は道路まで出て、歩道を歩いて帰ってきた。

そっちの方が日陰で涼しそうだったから。
この前まで日の当たる道を選んで歩いていたのを思うとエライ違いだ。


「卯の花の匂う垣根に」で始まる『夏は来ぬ』の歌。

卯の花というのは五月頃に咲くらしいから。
それでいくと、もう夏は来ちゃってることになる。


確かに、晴れて暑い日のウォーキングには帽子をかぶるようになったし。
家に帰れば、着ていたTシャツは汗で濡れている。
そして来月は、なんと梅雨に入ってしまう六月ではないか。

本当に、快い季節は短いもの。

……とか言ったりして。
今年は「春に嵐はつきもの」とか「穏やかな春なんてイメージだけ」とか、散々文句を言ってたクセに。
いざ春が過ぎてしまうと、未練がましく良いイメージしか浮かんでこないのはナゼだろう。


そういえば、ウィキペディアによると「青春」の語源は「古代中国の五行思想から来ている春の異称」で、「元々は季節を示す言葉」なんだそう。
(ってことは、もう朱夏なんでしゅか?)

……失礼。

その渦中に身を置いている時には、マイナーなことばかりに目が行くけれど。
それが過ぎてしまうと、ひたすら懐かしく、輝いて見えたりして。

現実も、アルバムに貼った写真のように眺められたらいいのに。

……なんて。
そんな夢みたいな考えに浸るのを「現(うつつ)を抜かす」と言うのかしらん。
 
529dappi
 
 
テントウ虫の脱皮
ピンボケなのは
着替え中に失礼したから?

|

« あの夏の日 | トップページ | 弁慶の泣きどころ »

コメント

「本当に快い季節は短いもの」私も毎年のようにそう思っています。
四季の中でいちばん好きな春ですら、私が心底過ごしやすいと感じるのは、
5月の爽やかな晴れの日で暑くも寒くもないと感じられるほんの数日です。
なかなか満足できない欲深な私…(それもこれも寒がりなこの体のせい)
でも、直の日差しは暑くても木陰に入れば爽やかな、移動性高気圧の間は
まだまだ快適の範疇。
梅雨までのもう少しの間、楽しませていただきたいものです。

なるほど、青春にはそんな意味があるのですね。
しかし私の場合、青春時代を振り返っても一向に輝いて見えないどころか
消し去りたい場面ばかりが浮かんでくるのはどういうことでしょう(^^;)

あ、てんとう虫の脱皮、登場ですね♪
あ~ん残念。ちっちゃくてよく見えませ~ん。
「脱ぐ」ところを大きくはっきり見せたりしちゃ気の毒、という
nanbuさんのてんとう虫への思いやりということで、想像を逞しくしておきます。

投稿: ポージィ | 2007/05/31 10:01

ちょっと暑い日がありましたが、
こちらではまだ肌寒い日が多いこの頃です。
平年の気温がどのくらいなのかさっぱりわからないんですが。

さて、てんとう虫の脱皮!!
ポージィさんとこでも抜け殻の写真をアップされてましたが、
そんなにあちこちで見られるものなのですか?
私はセミの抜け殻しか見たことがないので驚きました!
きっと見てもてんとう虫の抜け殻だとわからないかも。
まだまだ修行がたりませんですな・・・

投稿: koko | 2007/05/31 12:50

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

スイマセ〜ン。(^^;)
てんとう虫の脱皮、カメラの液晶で見た時にはちゃんと撮れたように見えたんですけど。パソコンに取り込んだらボケボケでした。(T_T)
(一応、右下にクシャクシャっとなってるのが脱いだ殻ですぅ)

確かに言うことなしと思えるような気候の日ってごくわずかですよね。
以前、年輩の人に「いい気候になりましたね」と言ったら「これからスグに暑くなるわよ」と言われて。
それ以来「今しかない!」と意識するようになりました。
梅雨入りまでにラストスパートをかけなくっちゃです。(^o^)

はい。私も春は恋しいですけど、青春時代に戻りたいとは思えないですね〜。
戻りたいのはただひとつ、お肌のハリだけ。(笑)

投稿: nanbu | 2007/05/31 14:54

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

>ポージィさんとこでも抜け殻の写真をアップされてましたが、

えぇえぇ。一昨日の記事ですよね。私もあまりのタイミングに驚きました。
でも、同じだったのはそこまでで…。
私のは脱皮してるだけなんですけど、ポージィさんの写真は確か蛹でしたよね。
きっと次はあの丸い成虫になるんでしょうね。
(ピントバッチリとボケボケ写真という違いもありますが)(笑)
今朝見たらちょっと離れた場所にいて。本当に一回り大きくなってるのが、なんか可笑しかったです。
(脱いだ抜け殻は、黒い埃みたいにシュワシュワになってました)
私も、脱皮も蛹も見たのは初めてなんですよ〜。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/05/31 15:02

もう6月に入ってしまいました 早いっ!
こちらは来週真ん中辺りから梅雨入りか?と言ってました
ただ 不思議と暑くありません
衣替えだと言うのに朝晩は長袖着ています
やっぱり気候がおかしいですね

贅沢は言いません
私も脱皮して せめて10年前の体と脳みそに戻りたいです(^o^)

投稿: miki | 2007/06/01 22:23

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ!そうそう。6月と言ったら衣替えでしたね。(・o・)
昨日の天気予報で、九州はもう梅雨入りしたとか。
今年は暖かくなるのが早かったですけど、寒さがぶり返したりして。
そうこうしてるうちに、もう衣替えですもんねぇ。

>私も脱皮して せめて10年前の体と脳みそに戻りたいです(^o^)

賛成! 戻れるものなら私も脱皮したいです。
以前の記事で眉を整理した時、眉を抜こうと引っ張ったら、瞼の皮膚がビロ〜ンと伸びちゃったのにはまいりました。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/06/02 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/15264091

この記事へのトラックバック一覧です: 青かった春:

« あの夏の日 | トップページ | 弁慶の泣きどころ »