« 一夜のサイリューム | トップページ | 青かった春 »

2007/05/28

あの夏の日

5_12dote1あれはおととしの夏。
後二日で夏休みが終わってしまうという日だった。

いつものように、私がウォーキングに出掛けようとすると、ウチの子が一緒に行くと言う。

おや、どうした風の吹き回し。
ま、一人で行くより二人の方が楽しいし。こちらとしても異存はない。


河の土手にあるサイクリングロードに立つと、遮るもののない視野に広がるのは、見渡すかぎりの青い空。
一発でその爽快感のトリコになってしまったらしい。(ホレごらん♪)
それからは、休みの日になると私に付き合うようになった。

河川敷には、サッカーやボール投げに興じる人々が見える。
それに刺激されたのか、ある日「キャッチボールをしよう」と言いだした。
せっかく二人いるんだし。よし、お相手してあげようではないか。

学校の休み時間に友達としていたというだけあって。
久しぶりに受けたボールは一直線に胸元に飛込んで来る。

それに負けじと張り合うけれど。もともとそんなに得意じゃないし。
今まで山なりのボールしか投げたことがなかったことに気づいた私。
もしやその時が、自分が水平よりも下に向かって投げた、初めての経験だったのではないだろうか。


それに味をしめたのか。
冬休みの頃にはもう、キャッチボールするために河原に通う感じになってきた。
そして春休みになったら、お次はサッカーである。
キーパー役をやりたいから、今度は私にシュートしろと言う。

ちょっとちょっと。
体育の時間でさえ、足の内側で蹴るインサイドキックでゴマかしてたのに。
足の甲でシュートなんて出来ません。
どうしてもトウキックになっちゃうから、痛いの痛くないのって。
その頃の私の爪先は、常に熱を持って疼いておりました。

そして気がつくと、なんと私のスネには筋肉が付いているではないか。
それまで、それは棒状に太く発達するもんだとばかり思っていたけれど。
平らに広くなるということを、その時初めて知ったのであります。
 
 
5_12dote2そんなこんなで一年が経ち、また夏休みを迎える頃。
親と遊ぶのにも飽きたウチの子は、ひたすら走りだした。

私に麦茶の入ったペットボトルを預けるや、サイクリングロードをかけていく。
そして折り返した後、歩いてきた私と落ち合って麦茶を飲むのが日課になった。
(あたしゃ麦茶持ちですかい?)

そんな一夏を過ごし、また涼しくなった頃。
ウチの子は、もう一緒に行こうとは言わなくなった。
(麦茶の切れ目が縁の切れ目なのね)

今では勝手に一人で出掛けていく。
そして、キャッチボールとサッカーから解放された私は、また黙々とウォーキングするのです。


思えばあの夏の日。
土手の道を走り去る後ろ姿を見送った時から、それは分ってたことなのかもしれない。

|

« 一夜のサイリューム | トップページ | 青かった春 »

コメント

おぉぉ…
ほのぼのとして、やがてちょっぴり切ない父と子のお話です。
でも、2人一緒のお出かけが丸1年に及んだのですね。
それだけでも結構すごいかなと思いました。
一昨年の夏から去年の夏にかけて…息子さんとの間にかけがえのない
2人だけの時間が存在したのを感じます。
つま先をじんじんさせながらも、息子さんに応えるべく一生懸命
シュートを繰り出していらしたnanbuさんが、とってもあったかいです。
そういうの、子供にとっては一生の心の宝物になったりするんですよね。
男の子の場合、言葉にすることはないかもしれませんが。
次に2人きりで肩を並べて歩くようになるのは、息子さんが成人された
あとのことでしょうか。

投稿: ポージィ | 2007/05/28 10:43

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

小さかった頃のことはぜぇ〜んぶ忘れたそうですけど。
さすがにコレは覚えておいてもらおうと思ってます。(笑)

ウチの子の場合、小学校に入った頃から一緒に歩くのをイヤがってたんですよ。
だからウォーキングに付き合うと言いだした時は、逆に少し大人になったのかなと思ってたんですが。
でも、去年私が市民プールに行くのはイヤがったでしょう?
一体そこにどんな基準があるのかイマイチ理解に苦しんだり。
雨が降り出して近所まで傘を持ってった時も、どうせイヤがるだろうからと傘を渡しただけで帰ろうとしたら、一緒に歩いたりして。
大人なんだか子供なんだか、ますますもって謎は深まるばかりです。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/05/28 15:45

こうやって記事にしてしまえばアッと言う間のようですが
少しずつ少しずつ息子さんが成長されていったんですよね
その父と子の光景が(お会いしたこともないのに)目に浮かぶようです(^_^)

うちは息子が中学まで父親と2人でお風呂に入ってました
いわゆる裸の付き合い?なのか
男同士 色んな話をしてたようです
それを「大事な思い出」としてるのは父親の方ですけどね(^_^;

この前 nanbuさんがグローブを買おうと思われたのも
河川敷での思い出が甦ったからでしょうか。。♪


投稿: miki | 2007/05/28 17:46

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうですね〜。
本当は小学生の頃するようなことなんでしょうけど、本人にその気がなかったから。
あの一年間でそれをやり直してたのかもです。
でも、やるだけやったらサッサと駆け抜けて行っちゃいマシタ。(^^;)

>この前 nanbuさんがグローブを買おうと思われたのも

えへ、大当たり〜!です。
ただのゴムボールでも冬とか寒い時は素手で受けると痛いんですよ。
で、私の古い皮手袋の片方を貸してたんですけど。
左手用を貸すと残りは右手になっちゃうでしょ?
一度左手にはめてみたいもんだと思って。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/05/28 20:29

ちょっぴり切なくなりました。

現在、なにかとくっついてくる我が息子も
ほどなく離れていってしまうのね~~~というように。
それが「成長」というものなのでしょう。
親としては喜ぶべきこと・・・うるうる。

とはいえ、まだまだnanbu家には面白そうなことが展開しそうですから^^
これからも楽しませてくださいね!!

投稿: koko | 2007/05/29 12:32

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

ね〜。成長してくれなくても困るし。痛し痒しと言ったところで。
ただ、一緒にいること自体がイヤというより、それを人に見られるのがイヤなだけのような気もしたりして。
そうやって、くっ付いたり離れたりしながら大人になっていくんでしょうか。

>まだまだnanbu家には面白そうなことが展開しそうですから^^

そうそう。成長とツッコミはあんまり関係ないみたいですよ〜。
(ツッコんでくれないとコッチが困っちゃうんですよね)(^^;)

投稿: nanbu | 2007/05/29 15:35

nanbuさん、こんばんは~。
父親と息子の関係って、最近の言い方で言わせて頂きますと「結構ビミョー」…
ぽぱい自身、父親との関係は中学生になってから悪くなってしまい、ほとんど母親を介して会話をしていました。
そんな体験があるので、息子とは仲良くやっていきたいと思っていますよ。

>一直線に胸元に飛込んで来る。
>自分が水平よりも下に向かって投げた、初めての経験だったのではないだろうか。

うんうん、この気持ち分かります。
たまに息子がぽぱいの髪形をふざけながら言った時など、「なんだと~!」と言いながら息子に飛び付いてくすぐったりするのですが…
必死で抵抗するパワーの凄い事…!
どんどん力強くなっていくのでビックリしちゃいます。
そのうちに逆転されますね(;^_^A

投稿: ぽぱい | 2007/05/29 19:32

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>「結構ビミョー」…

そうなんですよね〜。
自分が子供の頃のことを思っても、どうやって甘えていいのか分からなかったし。
そもそもどう接していいのか。
遠慮して構えちゃって、ギクシャクしてました。

>どんどん力強くなっていくのでビックリしちゃいます。

ほんと、見る見るたくましくなっちゃって。慌てますよね。
でも、飛び付いて・・・くすぐっちゃうんですね。
そういうのってイイですね〜♪
遠慮しないでぶつかれたら、息子さんも安心して甘えられますよね。
冗談が分って、頼りになって。
お家でも、ぽぱいさんはきっといいお父さんなんだろうなぁと、いつも思ってます。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/05/29 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/15228895

この記事へのトラックバック一覧です: あの夏の日:

« 一夜のサイリューム | トップページ | 青かった春 »