« 青かった春 | トップページ | 夏のハンギング »

2007/06/03

弁慶の泣きどころ

07zefi普段コワイもの無しの家内も、ただ一つ雷は怖いらしい。

そりゃ私だって、だだっ広い草原で雷が鳴り出したら怖いけど。
それは実際に危険だからで。
とりあえず家の中に入れば安心していられる。

でも家内の場合、そう簡単にはいかないらしい。

家の中にいたって、窓際の金属に落ちるかもしれない。
電柱に落ちた雷が、電線を伝わって入ってくるかもしれない。
(まぁ、なくはないかも)

そこまで言われると、コチラとしては何も言えなくなってしまう。
(ま、怖いのは理屈じゃないと思いますが)


……えぇ。先日の雷雨でも大変でございました。

雷の前にはお腹が重くなるんだそうだけど。
その日も、まだ日が差している内からお腹が痛いと言い出した。

下校途中のウチの子にまで「雷雨にならない内に早く帰っておいで」とメールを送ったり。怖がったり心配したりと忙しい。
ただ、その返信は「コッチの方はまだ晴れてるよ」と、お気楽なモン。

それが、だんだん雲行きが怪しくなって。案の定、雨は降り出すわ雷は鳴り出すわ。
家内は、カーテンを閉め切った寝室に引きこもったままだし。
それに付き合って、仕方なく私もベッドの上で横になっていた。

そして結局、電車が駅に着く頃にはピークに。
「雷がおさまるまで駅で雨宿りしてて」という返信には「もう遅いよ」。

あちゃ〜!すでに歩き出しちゃったらしい。

その後も、シャランシャランとメールのやり取りがあって。
今は近所の八百屋の前を歩いてるトコだという。

しかし、もうすぐ到着すると思った私が、カーテンの隙間から外を見ようとすると。
「開けないで!」と家内が叫ぶ。
振り向くと、壁に向かってしゃがみこみ、ひたすらメールを打っているではないか。

その方が気がまぎれるんだそうだけど。
薄暗い部屋の中、ボンヤリと光る携帯を握りしめたその背中には、鬼気迫るものがあった。(私には雷雨の中帰宅する息子の方がお守してるように思えるんですが)


そうやって、無事ウチの子はご帰還したけれど。
その後も雷の勢いは一向に衰えない。
そして、精も根も尽き果てた家内は、最後にうわ言のようにこうつぶやいた。

「あたし……もう一人暮らしできないワ」

……んふ♪
その言葉、いただきました。

07zefi_tubomi
 
 
さすがレインリリーというだけあって
雨後のタケノコのように
蕾を伸ばした
ゼフィランサス

|

« 青かった春 | トップページ | 夏のハンギング »

コメント

奥様は雷が怖いとは聞いてはいましたが
まさかここまでとは。。
完全にラムっちの上を行ってますよ(^^)
でも雷のお陰で ボケとツッコミの立場が逆転して
nanbuさん 嬉しかったのでは?(^_^)

まだ携帯電話が普及してなかった頃は
ひたすらハラハラして息子さんの帰りを待ってらしたんでしょか
私が奥様ぐらい怖がりなら ダンナに
「迎えに行って!」と言いそうです(^o^)


投稿: miki | 2007/06/03 12:47

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうそう。ラムっちも雷を怖がるようになっちゃったんですよね。
雷だけはどうしてあげることもできないから、可哀想ですよね。

>「迎えに行って!」と言いそうです(^o^)

あは♪ 実は言われました。
でも、「迎えに行って!」はお願いだから可愛いですけど。
「迎えに行く?」と疑問文にするのはナゼなんでしょ。(-.-)

・・・あ!その時は「リスクが2倍になるだけでしょ?」と諭しましたが。
駅まで車で迎えに行くって手がありましたね!(・o・)

投稿: nanbu | 2007/06/03 15:44

>薄暗い部屋の中、ボンヤリと光る携帯を握りしめたその背中には…

(⌒▽⌒)アハハ~、nanbuさんの奥さん可愛い~♪
まるで2時間サスペンスの一場面みたいな(笑)
そこまでカミナリが恐いのですね~。
でも奥様にしてみたら雷が鳴っている最中は生きた心地がしないのでしょうね…
小さい頃、何か虎馬があったのでしょうか?

そんなぽぱいの虎馬は…
湖とダムなのです、ドライブしていて突然現れると「ドキッ!」として心臓が止まりそうになります(しかも、その方向が見れない…)
皆さん、それぞれ苦手なものってありますから、笑ってはいけませんね。
反省します…m(__)m

投稿: ぽぱい | 2007/06/03 18:37

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>まるで2時間サスペンスの一場面みたいな(笑)

それです、それです!(・o・)
謎解きの回想で出てきそうな怪しいシーン。
マンガだったら斜線で陰がついちゃう感じで。
振り向いたらそれなんですもん、ビビリました。

ひのえうま、じゃなくてコレといった虎馬は聞いてないんですけど。(^^;)
なんでも小さい頃は布団かぶってたそうです。
ぽぱいさんは湖とダムですか!
(そういえば、ヒッチコックの映画に出てきそうな風景かも)
私は、以前10階建てのマンションに登った時足がすくんじゃって。
高い所には住めないと思いましたぁ。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/06/03 20:33

あらまぁ!奥様の雷恐怖症はクックといい勝負なのですね(^^)
普段は鋭いツッコミで鳴らしていらっしゃる奥様の、かわゆい一面。
nanbuさんの胸には、守ってあげたいというお気持ちがいっぱいに広がって
いらしたに違いありません。「あたし・・・もう一人暮らしできないワ」の
お言葉もいただきましたし~♪

私の雷に対する気持ちはnanbuさんと同じ。危険性は承知しているけれど、
反射的に怖いとは思わない、ってタイプです。
子供のときからそうで、ガラピシャいうのを意にも介さず本を読んでいたら、
母に「○子ぉ~こっちに来て一緒にいよう」って呼ばれたことも。
でも、そんな私もこの前のあの雷雨のときに外を歩く気にはなれないです。
息子さん無事にご帰宅されて良かった~ 度胸据わってますね(^^;)

そうそう、車の中は絶対に安全だそうですよ。
車に落雷はしても人の体を通ることなく地面に抜けていくそうですから。
でも、乗ってる車に落雷でもした日には、奥様失神なさっちゃいますね…
この案却下。

投稿: ポージィ | 2007/06/04 10:43

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>守ってあげたいというお気持ち

う〜ん。そのへんかなりビミョ〜ですぅ。
ポージィさんのクックちゃんを守ってあげたいという気持とは違うかも。(^^;)
だって、最近は随分良くなりましたけど、付き合うのも結構大変なんですよぉ。
パソコンもテレビもつけられないから寝ようとすると、「寝ちゃったら意味がない」とか注文が多くて。
今回はウチの子がメールでお相手をしてくれてたので、ホント助かりました。
お母様も、秘かにポージィさんを頼りにしてらしたのかもですね。(^o^)

でも、よく考えてみると「一人暮らしできない」発言はもっとビミョ〜ですよね。
とりあえずウチの子がいれば一人暮らしにはならないわけだから…。

あ・・・私、墓穴掘っちゃいました?(・o・)

投稿: nanbu | 2007/06/04 12:19

奥様かわいいですね~。
私はカミナリが鳴ると、稲妻を見に窓辺に行っちゃいます。
中学生くらいのとき、母と二人二階にあがり、
電気を消して稲妻を見ていた記憶があります。
「今のすごかった!!」みたいな。

投稿: koko | 2007/06/04 17:33

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

>稲妻を見に窓辺に行っちゃいます。

おぉ! kokoさんは雷が平気、というより楽しんじゃうタイプなんですね!!(・o・)
えぇ、えぇ。家内の友人にも稲妻を見るのが好きという人がいるんですが。
爽快だろうなと思いつつ、さすがに私は窓辺で見るのは腰が引けるかも?
なのでやっぱり中間のタイプですね。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/06/04 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/15296832

この記事へのトラックバック一覧です: 弁慶の泣きどころ:

» 雷は金属に落ちるというのはウソ? [以外な事実]
雷は金属に落ちるといわれているが、本当は [続きを読む]

受信: 2007/07/11 15:25

« 青かった春 | トップページ | 夏のハンギング »