« 台風一過 | トップページ | 虫干し気分 »

2007/07/21

ちかずく

Tikazuku先日、辞書をめくっていて驚いた。
その見出し語に「ちかずく」を発見したから。

え!「近付く」だから「ちかづく」じゃないの?

慌ててもう一冊の辞書を引いてみると……。あぁ、良かった。
そこにはちゃんと「ちかづく【近付く】」とある。
ネットの辞書でもそれは同じ。

だったら、なんでこの辞書だけ「ちかずく」なんだろう。


実は、最初に見た辞書はずいぶん古いもの。
(初版が昭和18年で、昭和40年の改訂版)
もう一冊の方は箱に入ってるから、出すのがおっくうで。
ついついむき身で置いてある古い方を手に取っちゃうんだけど。

もしかしたら「古い辞書」だってところがポイント?

そこで、巻頭の「この辞書の つかいかた」を読んでみると。
「徹底的な表音式である。現代かなづかいとは必ずしも一致しない」
「『ぢ・づ・ヂ・ヅ』は、すべて『じ・ず・ジ・ズ』であらわす」とあった。
(見出し語の下のカタカナが、現代かなづかいなんだそう)

なるほど。やっとナゾが解けました。
(そういえば、この辞書だと「工場」は「こおじょお」になったりしていたっけ)

確かに、ひらがなで書く時には「こうじょう」だけれど。
口で発音する時には「こおじょお」と言ってる気がする。

「見出し表記=カナづかい」とばかり思い込んでいたゆえの勘違いだったとは。


その言葉の意味が分からないからこそ辞書を引くわけで。
極端な言い方をすれば、意味が分からなければ「付く」だから「づく」とはならないかも。
(自分でも「オリヅルラン」を「オリズルラン」と書いちゃったことがあるし)

もしかしたら、これは調べる人のことを考えた、とっても優しい表記の仕方なのかもしれない。

そんなことを考えていたら、なんだかこの古い辞書が、とっても暖かいものに思えてきた。

|

« 台風一過 | トップページ | 虫干し気分 »

コメント

思わず「え!?」と、私の手元の電子辞書をチェックしてみました。
「ちかづく」で載っていました~
なるほどぉ… nanbuさんは古い辞書の見出し表記にそんな温かみを
お感じになったのですね。
私は以前、何年か進○ゼミの赤ペン先生だったことがあって、
仮名遣いに神経質にならざるを得なかった関係上、今でも仮名遣いが
結構気になります。ですから、あったかい思いで見られなかったのですけど
そんな自分にちょっと反省で~す(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/07/21 16:07

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

なんとポージィさんは赤ペン先生だったことがあるんですね!
(もしかしたらウチの子もお世話になったかも♪)
コラショのイラストが手描きしてあったり、毎回丁寧に添削してあったのを覚えてます。(^o^)

いや〜、最初気がついた時は混乱してしまいました。
使い方を読んでみれば、なるほどなんですけど。
「こおじょお」とか、表音式になってるのは知ってたハズなのに、「づ」が「ず」になってるとまでは思ってなくて。
それだけテキトーに使ってたということで、恥ずかしいです〜。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/07/21 18:32

うちの金田一くんも「ちかづく」でした(^^)
「おはよう」だって口にすれば「おはよ(お)」ですよね
nanbuさんの辞書 面白~い♪
それを発見するnanbuさんも スゴイですぅ~♪

それにしても ポージィさんの赤ペン先生にはビックリです!
うちの子供達 2人共お世話になりました
小学生の頃だから はるか昔ですけど(^.^)


投稿: miki | 2007/07/23 17:18

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)
ためしに引いてみたら↑これも「ありがと(お)」でした。(笑)

ウチの金田一さんは両方とも三省堂なんですが
新しいのは第一刷発行が昭和49年でした。
(昭和40年から49年の間に何があったんでしょ?)

ベネッセになる前は、確か徳間書店だったんですよね。
で、小学校に上がる前はしまじろうで。
トイレのドアに「トイレでできるかな?」のポスターを貼ってたのを思い出しました。
(思えば長い道のりでした)(T-T)

投稿: nanbu | 2007/07/24 09:06

また覗きにきちゃいました
ベネッセの前は「福武書店」ですよ~ん。
私は小学生が全担任制になる直前までで辞めました(^^;

投稿: ポージィ | 2007/07/24 11:30

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>ベネッセの前は「福武書店」ですよ〜ん。

ひえぇ〜!そうでした!!(・o・)
最近はなるべく検索して確かめるようにしてるんですけど。
コレにはヘンに自信があって…。やっぱり確かめないとダメですね。(T_T)
教えてもらえて助かりました。ありがとうございます。m(__)m

投稿: nanbu | 2007/07/24 12:48

nanbuさん、こんばんは~。
キーボードを打っていて「ZU」と「DU」には悩まされ続けたぽぱいです。
ローマ字は全て「ZU」と習いましたよね~?
「TIKADUKU」だと「ちかどぅく」って感じがします(笑)

>「徹底的な表音式である。現代かなづかいとは必ずしも一致しない」

>『ぢ・づ・ヂ・ヅ』は、すべて『じ・ず・ジ・ズ』であらわす…

すべて『じ・ず・ジ・ズ』であらわすと書いているわりには「現代かなづかい」と書いていますね(笑)

すいません、お門違いなコメントだったりして…(;^_^A

投稿: ぽぱい | 2007/07/24 20:21

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>ローマ字は全て「ZU」と習いましたよね〜?

あぁ!そうですそうです!!今、ぞわぞわっと思い出しました。
キーボードの操作を練習し始めた時、私も違和感を感じましたけど。
(今でも頭で「ちかどぅく」って読んでる気がします〜)
それは小学校で習ったローマ字のせいなんですね!
(ぽぱいさんって、やっぱりスゴイ)(・o・)

>「現代かなづかい」と書いていますね(笑)

あはは♪それには気がつきませんでした。
「つかい方」の項は別なんですね。(笑)
あ〜!コレ以上はメンテに間に合わないかもぉ〜〜。

●追記:そういえば「一つづつ」じゃなくて「一つずつ」が正しいと、ぽぱいさんの記事で知ったのを思い出しました。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/07/24 20:58

>「『ぢ・づ・ヂ・ヅ』は、すべて『じ・ず・ジ・ズ』であらわす」とあった。

キーボードで打つ場合は迷わず「JI」「ZU」と打ってます
だから「TIKAZUKU」と打ったら
  近づく《「ちかづく」の誤り》
と指摘しながらも変換してくれます

でも「痔」は思いっきり「ぢ」として認知されてますね
子どもの頃薬局の前にはためくのぼりに「ぢ」と赤字で大書きされていたのを見て
子供心に「ぢ って何だか凄そう~」と思ったことを覚えています

そういえば、小学校5年のとき担任の先生が
「“じ”と“ぢ”の発音は違います」
と言って実際に二つを発音してみせたのを覚えています,全然分からなかったけど(笑)

投稿: ろーど | 2007/07/27 21:07

 
ろーどさん、こちらにもありがとうございます。(^^)

あぁ…。羨ましいです。(T_T)
ろーどさんのパソは誤りを指摘しながら変換してくれるんですね。
私のはガンとして受け付けてくれないんですよ〜。
それで間違いに気づいたりすることもあるんですが。
他にも気が利かないことが多いので、ムキになって一字ずつ強引に変換して
・・・間違えたりしてます。(笑)

「“じ”と“ぢ”の発音」の違いは知らなかったんですが
>でも「痔」は思いっきり「ぢ」として認知されてますね

あはは♪ これはやっぱり「ヒサヤ大黒堂」の功績?ですよね〜。(^o^)
ちなみに検索したら↓こんな面白い記事のサイトさんを見つけました。

http://logic.txt-nifty.com/catalogs/2004/07/post_14.html

投稿: nanbu | 2007/07/27 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/15831147

この記事へのトラックバック一覧です: ちかずく:

« 台風一過 | トップページ | 虫干し気分 »