« 虫干し気分 | トップページ | 押しボタン式信号機 »

2007/07/27

夏の寄植え

Kogiku挿し木といえば菊。
今年もペチュニアの他に小菊も挿したんだけれど。
その鉢上げも無事に終わり、現在は秋の出番を待っているところ。

で、ご用済みとなった挿し床の赤玉土に、ヒポエステスを挿してみました。

時期は、ちょうど梅雨らしくなってきた6月の終りか7月の始め。
(思いつきでやったから記憶がさだかではありませんが)

7_10hipo_sasikiたいして期待もしてなかったのに。
気がつけば、なんと水抜きに開けた穴から根がビロ〜ンと飛び出してました。
(その間、二週間もなかったような?)

何度トライしても成功したためしがない白妙菊に比べると、この根付きやすさは驚き。

ならばと、とりあえずビニールポットに植え替えたものの。……後はその気になれずにそれっきり。


3_3tableでも、せっかく出来た苗だし。
何に使おうかな?(ネタになるかな?)と考えた末。
冬の間、テーブルの上に置いてあったビオラのコンテナを仕立て直す事にしました。

その時も、元からあったアイビーだけはそのままにしてたんだけど。
なかなか面白い枝振りになっていたので、今回も流用。

ヒポエステスは、真夏の直射日光が苦手らしいし。
置き場所は日陰になりそう。
となると、日光を欲しがる花は使えないし……。

ということで、こんな葉ものだけの寄植えを作ってみました。

Hipo_yoseue_l2

|

« 虫干し気分 | トップページ | 押しボタン式信号機 »

コメント

おそるべしヒポエステス(←くぅ~覚えられない)!
見事な生命力ですね。挿し木だもの根など何もなかったのが
2週間ほどで水抜き穴からビロ~ンまでいくとは…(・。・)
こうもあっさり付くと、急いで何かしてあげなくちゃという
熱意もちょっとそがれますよね(^^;)
でもそこはnanbuさん、急ぎはしなくともちゃんと考えていらした。
葉ものだけのこの寄せ植え、夏らしくてとてもステキです~♪♪
ヒポエステスとオリヅルランとアイビーと…もう1種類細かい葉っぱの
ものが入っています?正面真ん中辺りに。

投稿: ポージィ | 2007/07/27 13:14

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

ほんと、もうあっけないほどでした。どの葉も生き生きとしたままで。
いやに元気だなぁと思って底を見たら、ビロ〜ンなんですもん。(^^;)

>…もう1種類細かい葉っぱのものが入っています?正面真ん中辺りに。

ス、スゴ〜イ!(・o・) 絶対気づかないと思ってたのに。
えぇ、えぇ。入ってマス。
冬用を去年の秋作った時に、スイートアリッサム(赤紫色)の花後にできた種を、サヤごと適当にパラパラと播いておいたんですが。それが芽を出したものなんですよ。
アイビーの根元に生えてるのであんまり成長してませんが、花を咲かせたら面白いなぁと思って。(^^)(もちろん他も大正解ですよ〜♪)

投稿: nanbu | 2007/07/27 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/15913359

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の寄植え:

« 虫干し気分 | トップページ | 押しボタン式信号機 »