« 蛇行するホース | トップページ | 散々な一日/その2 »

2007/07/03

散々な一日/その1

Sasa_sizuku泣きっ面に蜂。
弱り目に崇り目。
やることなすこと裏目に出たり。

このところ、私の運勢はそのサイクルにハマってしまったらしい。
そんなマイナーな気分の日々に、そのピークともいえる出来事が襲ってきた。


ある日の朝、起きてリビングに行こうとしたら、左足の膝が痛い。
激痛というほどではないけれど、曲げようとすると痛くて。
普通に歩くのは無理な感じ。

歩く時に膝や足の付け根がちょっと痛い、なんてことは若い時から時々あったし。
しばらくすれば治るだろうと気にしていなかったんだけれど。
その日は昼になっても治らない。

これは今までとは勝手が違うようだ。

そこで、アリナミンを飲んで、湿布薬を貼り様子を見ることにした。
でも、一向に良くならない。
もちろん、いつものウォーキングはお休み。

あぁ……。まだ五十肩だって完治してないのに。今度は膝まで痛くなっちゃうなんて……。

五十肩に関するサイトさんにはこんなことが書いてある。
「何気ないことなのですが、こういうことというのは、人にとって精神的にかなりの負担になります」

……まさに実感。
ひと月に一度の病院通いだけでも滅入るのに。
その上、内科と外科の掛け持ちなんてしたくない。


ただ、問題の膝の痛みはお風呂に入ったらいくぶん良くなったし。
やれやれと床についたんだけれど。
やっぱり寝返りを打とうとすると痛い。

「明日、大丈夫かなぁ?」

その時になって、漠然とした不安が現実味を帯びてきた。
実は、次の日には友人に会う予定があったから。

「久しぶりに会わない?」とメールをもらったのは二ヶ月ほど前。
間の悪いことに、それはちょうど私が熱を出した当日だった。
(いかにも自分らしい巡り合わせだと思いました、はい)
もちろん会うのは無理だから、またの機会にとなったんだけど。

そのリベンジの日が、まさに翌日だったのでございます……。

Hipo_hana_1
●追記:膝が痛くなったのは四日前のことですが、その後、サイトで膝痛予防の運動を見つけました。
おかげで多少痛みは残るものの、現在は普通に歩けるようになりました。

|

« 蛇行するホース | トップページ | 散々な一日/その2 »

コメント

葉っぱの上の雨粒が、痛みをこらえるnanbuさんの、額の脂汗と
重なってしまいました…(; ;)
お友達とは無事お会いになれたでしょうか?
大分よくなられたとのことですが、このまま治まってくれるといいですね。
(足を変な向きにして寝てらしたんじゃ…? ^^;)
どこかずっと痛み続けているところがあるというのは、ストレスですよね~。
気も滅入ろうというもんです。分かりますよ~私は頭痛持ちですから。
痒いのも痛いのも、とにかくストレスたまりますね!
早く肩も膝もスッキリされますように。

投稿: ポージィ | 2007/07/03 09:59

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ、額に脂汗を浮かべるほどの激痛ではないので大丈夫ですよ〜。
(せめて写真は爽やかにと思ったんですが、無理がありましたでしょか)(^^;)

うんうん。痛みが続く頭痛も堪えますよね〜。
その点、Tシャツを着ようと袖を通した時とか、背中を洗おうとした時とか。
肩も膝も、ずっと痛み続けるというより、何かをしようとした時に痛!っとなるんですが。そんな「何気ないこと」の積み重ねも、ボディーブローのように効いてくるんですよね。

ちなみに、記事中の友人とは無事会うことが出来ました。
(でも、その前後が…)(T_T)

投稿: nanbu | 2007/07/03 16:43

痛みは良くなりましたか?
私もしばらく前から右足の股関節の違和感があります。
このままいくと痛くなるんだろうなと思っています。
そして、朝起きたときに膝のこわばり・・・
私ってそんなに年寄りだったっけ?????
それでも現実から目をそむけ「気のせいさ~」と無理に考えないようにしていますが、
それっていいのか悪いのか。

さて、へびさん。
ずっと前ですが、高速のパーキングでのこと。
トイレに行こうとして何かを踏みました。
感触はゴム。でも、後ろを振り返ったら、でっかいミミズ。
でも戻ってよーく見たら、ちっさいへびでした^^。
前の職場でも今の会社でも、
会社の敷地内にへびが出たことがあるのですが、
見たいと思うのに、どうしても私は目にすることができないのです。
ちぇーっ。

投稿: koko | 2007/07/05 12:59

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

そういった関節の違和感を感じることってありますよね。
膝は、完全とまではいかないんですが、ウォーキングできるまでになりました。
痛いと歩くのが怖くなってしまって、恐る恐る歩いていたんですが。
「リハビリの成否は治ろうとする気持次第」という記述を見つけてから不思議と安心できたんですよね。
それで気合いを入れて歩いたら、かえって痛みが少ないのを発見して。
それから急速に回復しました。
それにしても、普通に歩けるのがこんなにありがたいとは思いませんでした〜。

おぉ!kokoさんは踏んじゃいましたか。(・o・)
高速のパーキングとか会社の敷地とか、へびって意外に生息範囲が広いんですね。
見たいと思ってて見られないのもクヤシイし。
できればカメラを持っている時に対面できるといいですね。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/07/05 17:16

nanbuさん、こんばんは~。
ダーメダーメ、悪い方に考えてはいけませんよ~。
いつでもプラス思考で行きましょう(なかなか難しいですけどね)!

だいぶ良くなってきたそうで安心しました。
お大事に~(⌒0⌒)/~~~

※ポージィさんの冒頭の「葉っぱの上の雨粒が、痛みをこらえるnanbuさんの、額の脂汗と重なってしまいました…(; ;)」

ホントにそんな感じだったのでしょうね、ナイスです~♪

投稿: ぽぱい | 2007/07/05 21:09

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>いつでもプラス思考で行きましょう…

そうですね〜。
良いこともあって悪いこともあって帳尻が合うんですもんね。
もともと低め安定型なので、なんとか良いことを見つけようとしてるんですが。
今回はネタにして、やや強引に帳尻を合わせてみました。(^o^)
(最近はネタにして溜飲を下げようとしてマス、はい)

雨上がりに笹の葉の水滴がキレイ♪と思ったんですが。
言われてみれば、たしかに脂汗にも見えますね。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/07/06 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/15634462

この記事へのトラックバック一覧です: 散々な一日/その1:

» 五十肩にエコノミー? [時事ニュースと四十肩]
しかし、最近は地震が多いですね。特に、新潟は大変ですね。 エコノミー症候群とは、飛行機に乗ったときに起こるとばかり思っていましたが、まさか、避難生活をしている人にも起こるんですね。 狭い空間でじっとしていることがいけないんだ~。 私の肩は四十肩になっていますが、会社の先輩は五十肩です。  新潟県中越沖地震で避難生活を送る418人中70人(16.7%)に、ふくらはぎの静脈に血...... [続きを読む]

受信: 2007/07/24 00:03

« 蛇行するホース | トップページ | 散々な一日/その2 »