« 散々な一日/その2 | トップページ | ブルータスお前もか »

2007/07/09

ブラインドの修理

先日、リビングのブラインドを開けようとヒモを引っ張ったら、ブチッっと嫌な音がして。それきり動かなくなってしまった。

あちゃ〜!ヒモが切れちゃったのだろうか。

ブラインドは、手元のヒモにつながった、それぞれのヒモが引っ張られて持ち上がる仕組み。そのうちの一本でも切れると、操作できなくなってしまう。

引越してきた時に取りつけたままだから、もう20年近く使い続けているこのブラインド。今までにも、ヒモが切れるなんてことは何回もあった。
買うと結構な値段がするから、その都度凧糸で修理してきたんだけれど。
いくら丈夫でも、もともとの化繊のヒモに比べるとやはり弱いようで、同じヒモが何回も切れてしまう。

Zuよく見ると、今回はヒモ全体ではなく、何本かよってある糸の一本が切れたらしい。
たぐまったそれが、羽の細い穴のどこかに引っ掛かって閉らなくなってしまった。(図の赤い線)

東向きの窓からはギンギンに朝日が入ってくるし。
だいいち夜になっても開けっ放しじゃ落ち着かない。

いつもなら、「まったく、もう……」とブツブツ言いながら修理するところだけれど。
ネタにさえなるんなら、気が紛れるというもの。

ということで、おつき合いくださいませ。


2_1まずは窓から外さないと始まりません。
(コレも結構面倒なんですよね)
そして、ほどけないように凧糸の切り口にセロテープをキツく巻いて強度をアップしたらスタート。

一枚一枚の羽に開いた小さな穴に凧糸を通していきます。(この時、羽の順番を間違えると後で泣きます)


4_1すべての羽に通し終わったら、いよいよ最大の難関。(図のA)
ココは縦方向の力を横方向に変える要の箇所で分解できないから、ピンセットを使って微妙な隙間を通していきます。
(今回は何度トライしてもダメで、結局逆方向から別のヒモを通し、それをガイドにしてなんとかクリアしたけれど。よく考えたら、いつもは逆方向から始めてたことを思い出しました)(T_T)


5そこに比べれば、図のBを通すのはラク。


6後は3本のヒモが1本にまとまるところ(図のC)で、長さを調節するだけ。


いつもは長さを揃えるのに何度か試行錯誤を繰り返すのに。
なんと今回は一発でOK。

はぁ……。運が良いのか悪いのかよく分かりませんが。

ネタがなくて困っている今日この頃。
とりあえず、記事になっただけでも良かったと思うことにいたしました。

|

« 散々な一日/その2 | トップページ | ブルータスお前もか »

コメント

nanbuさん、こんばんは(^-^)v

>枚一枚の羽に開いた小さな穴に凧糸を通していきます…

うわー、ブラインドの修理って大変そうですね~。
解説の図がとっても分かりやすく(さすがnanbuさんだな~)と思いました。
ブログのネタにプロの技術を使えるなんて最高ですねっ♪

>ネタがなくて困っている今日この頃…

またぁ~、nanbuさんの周りはネタだらけのような気がしますけど(笑)

投稿: ぽぱい | 2007/07/09 21:18

 
ぽぱいさん、こちらにもありがとうございます。(^^)

いつも掃除機のブラシでホコリを取るくらいしかしてないので、よく見たら汚かったんですよね〜。
それで、なるべく汚れの目立たないアングルで写真を撮ろうとしてたら、ワケの分からない写真になっちゃって。
なんとか図で分ってもらおうと頑張りました。(^^;)

>nanbuさんの周りはネタだらけのような気がしますけど(笑)

え〜!そんなことないですよぉ。
ジミ〜でチマチマしてるのにイッパイイッパイで…。
あ、悲しくなるのでやめマス。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/07/09 22:29

最初に思ったこと
 こんな図をパパッと作っちゃえるなんて、nanbuさんって
 やっぱりさすがだぁ~
次に思ったこと
 ブラインドの羽って何十枚あるんだ?ぅわ~大変そう!
 
いやはやお疲れさまでした。羽にタコ糸を通していくくだりでは、
パジャマのパンツのゴム通しの思い出がふつふつと…
ゴム通しの歯をしっかりゴムひもに噛ませておいても、ちょっと強く
引っぱった拍子に外れてしまって、泣く泣く最初からやり直しを
2~3回繰り返したことがあるのです(^^;)

こういう、ちょっと壊れたものを修理してくれる姿って、頼もしくて
ありがたいんですよね。ご家族の感謝の視線が注がれたことでしょう(^^)

投稿: ポージィ | 2007/07/10 10:18

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

えへ、コレもパソコンだからこそですね。(^^;)
(手描きだったらしなかったと思いますぅ)
このブラインドは羽が細いタイプなんですが、数えてみたら133枚ありました。
ただ、何枚かまとめて通せるので、気が遠くなるほどの作業ではないんですよ。

>泣く泣く最初からやり直しを…

あぁ…分かります〜!
私も、終わったと思ったら羽の順番が違ってたことが何回かあります。(T_T)
この時は一人だったんですけど、途中からウチの子が帰ってきて。
大変そうだと思ったのか、窓に取り付けるのだけは手伝ってくれました。
家内にも帰ってから報告したとは思うんですが。
はて、どんなリアクションだったのか・・・?(--)

投稿: nanbu | 2007/07/10 15:40

ご自分で直そうと思うところがスゴイ!!!
うちのダンナじゃ考えられない技です(^^)v

うちも玄関フロアの窓と2階のきっキッチンにブラインドを使ってましたが
(家を建てた時はオシャレだ思いました)
掃除が大変なのと 同じくヒモがおかしくなったのをきっかけに 
ロールスクリーンに替えてしまいました
でもまだ一箇所、、一階のキッチンの出窓がブラインドなんですよねぇ
そこは お爺ちゃんのスペースなんで ほおってますが・・

nanbuさん、、出張修理ってのは無いですか?(^^)

投稿: miki | 2007/07/11 11:55

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

最初にヒモが外れた時、買ってスグだったのでメーカーの人が修理に来てくれたんですよ。それを見てやってみようと思ったんですが。見てなかったら考えなかったかもです。

そうそう、ブラインドの掃除って大変ですよね〜!
ズゥ〜っと以前には羽を拭いたりもしてたんですが、ヒモ近辺は手をつけられないし。(かえってヒモが汚れちゃいそうで)
最近はホコリを取るだけで後は見なかったことにしてマス。(^o^)

>出張修理ってのは無いですか?(^^)

・・・(・o・) それは想定外でした!
(新幹線代を考えたら買った方が安上がりですよぉ)(笑)

投稿: nanbu | 2007/07/11 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/15701272

この記事へのトラックバック一覧です: ブラインドの修理:

« 散々な一日/その2 | トップページ | ブルータスお前もか »