« 散々な一日/その1 | トップページ | ブラインドの修理 »

2007/07/06

散々な一日/その2

625isotomaよりによって、人と会う約束の前日に膝が痛みだすなんて。

前回断って今回もドタキャン。はしたくない。

まぁ、駅までだったらなんとか歩けるだろう。と家を出ると。
初っぱな、マンションの階段を降りなければならないことに気がついた。

迂闊にも、膝に一番負担のかかる階段の昇り降りを考えてなかったのだ。

それでも、手すりに手をかければ降りられて。これで第一段階はクリア。
タッタッと一定のリズムで歩くのは痛いから、タタッ、タタッ、というやや変則的な歩き方ではあったけれど。
なんとか駅まで辿り着いたら、目の前で目的の各駅停車が発車する所。

……ハイハイ。

常々運の悪さを自覚しているこの私。こんなパターンはよくあること。
しかし、どれどれと腕時計を見た私は驚いた。
ヤバい。今の電車じゃなきゃ間に合いそうもない!
歩けるかどうかばかりを考えていて、いつもより遅いペースだということを計算に入れてなかった。

次の電車は10分後。
暗澹たる気分のまま、しかたなくホームのベンチに腰を下ろした私は、遅れる旨をメールしようとして愕然とした。

……ケータイ忘れてる。

なんてことだろう。
最近じゃ公衆電話なんてとんと見かけないし、第一相手の番号はケータイの中。

……目の前真っ暗。

ただ、目的の駅までは意外に時間もかからず。
結果的には3分ほど遅刻しただけで済んだのがせめてもの救い。
久しぶりに会って話に花を咲かせればやっぱり楽しいし。
2時間ほどお喋りした後、スッカリ嫌な気分も忘れて帰ろうとした。

……のに。ここでまた現実に引き戻された。

なんでも踏切事故があったとかでダイヤが乱れてる。
こんな時は、たいてい特急や急行が優先されて各駅停車は間引かれるもの。
案の定、いつも乗り換える駅にも各駅停車の姿はない。
そこで一駅先の特急停車駅まで行き、後は歩いて帰ることにした。

しかし、やっとのことでホームの階段を昇り降りし、駅を出て振り返ると。
なんと、さっきまでいなかった各駅停車がまさに発車するところではないか。
(見たくなかった……)
そうやって、不運のダメ押しに背中を押されながらトボトボ家路についたのでありました。

……その挙げ句。
不自然な歩き方をしたせいなのか、夜になったら足の付け根まで痛くなっちゃうし。
……も〜イヤ!

な・ん・て。
開き直れればイイんだけれど。行き帰りの車内ではラッキーなことに座れたし。
よく考えれば、どれも不運というより自分の認識の甘さが招いたこと。

……だから余計に凹みマス。

|

« 散々な一日/その1 | トップページ | ブラインドの修理 »

コメント

この前がその1でしたから、その2があることは分かっていましたが…
すっごくドキドキしちゃいました。
期待に胸をドキドキさせて…じゃないですよ(^^;)不安にドキドキです。

でも、ごめんなさい。その2の方はクククと笑ってしまいました(^.^)
当のnanbuさんとしてみたら苦笑すら出ないくらい悔しかったり凹んだり
なさったんでしょうけれど。
そういえば、私も乳癌再検査に行った日の帰り、センター内に貼ってあった
バスの時刻表を見て『あと4分だ!』と走ったのに、交差点で信号待ちを
している間に目の前で行ってしまいました。まだ2分あるじゃないかぁぁぁ~~(;_;)
日の当たるそのバス停で次を待ち続けたくなくて、2バス停歩きましたよ。
2分早く行っちゃったことでバス会社は30円の売り上げ減少だ~い!
(痛くも痒くもないか… ^^;)

でも、nanbuさんもご自分で言っていらっしゃるようにラッキー♪も
おありになったし、ついてないサンドイッチの具の2時間は二重丸◎
でしたし、膝の痛みも大分よくなられたし、今ならもう笑い飛ばせますよね。

投稿: ポージィ | 2007/07/06 14:58

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

ドキドキさせちゃってスミマセン。
もう、携帯を忘れたと気づいた時にはドツボで。
絶対記事にしちゃうもんねと心に決めました。
(そうでもしないと気が済まない!と。←忘れた自分が悪いんですけど)(^^;)

分かります分かります、2バス停歩いた気持。
目の前で、しかも発車時刻より早く行かれたらクヤシイですよね〜。
私も待てない性分なので同じ行動をとったと思います。
(たとえ30円でも一矢報いることができて良かったですね)(^o^)

>ついてないサンドイッチの具の2時間は二重丸◎…

おぉ!・・・そうですね!!(・o・)
具が美味しかっただけでも良かったと思うことにします〜。

投稿: nanbu | 2007/07/06 17:10

ポージィさんへのレスの

>(でも、その前後が…)(T_T)

こりはいったい何があったんだろ、、
ってのがこういうことだったんですね(^^)

膝が痛いのを堪えて出かけてるのに
遅刻しそうになり携帯を忘れてる。。
私だったら、、と想像しただけで真っ青です(>_<)
でも遊んでる時って痛みは忘れません?
「楽しい」と「痛い」とでは「楽しい」が勝つんですよね
そういう風に人間を作ってくれた神様ってエライ!(^o^)


投稿: miki | 2007/07/06 21:22

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

忘れないようにバッグと一緒に携帯をテーブルの上に置いて。
…そのままバッグだけ持って出ちゃいました。(T_T)
時間に余裕を持たせなかったり。
どこか「心ここにあらず」状態だったみたいです。
頼みの綱の携帯がないのはホント堪えました。

>でも遊んでる時って痛みは忘れません?

そうなんですよね!いっぱい愚痴ろうと思ってたのに。
会った時に「膝が痛くて遅れちゃって」と謝っただけで、後は話題にするのも忘れてました。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/07/06 21:49

>絶対記事にしちゃうもんねと心に決め
分りますね、ブログを始めてから楽しいことは勿論、凹む事も全てネタになるんじゃないかと考えてしまう自分に気付いて苦笑することが多いです。
>行き帰りの電車で座れた
こういうプラス思考がイイですね。ワタクシも先日の事故では嫌な思いもしましたが、そもそも現場は総合病院の目の前。暇な入院患者がパジャマ姿で見物しに来ていたのは、さすがに引きましたが。救急車呼んでも自力で病院行けました( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: coldgin | 2007/07/09 06:09

 
coldginさん、コメントありがとうございます。(^^)

>凹む事も全てネタになるんじゃないかと
そうそう、まったく同感です!
文章にしてみると、それまで漠然としていた気持が整理されるというか、客観的に検証できますよね。
それ以前に、ネタになっただけでもまぁイイかと思えたりして。
それで気を晴らしたりしてます。(^^;)

>ワタクシも先日の事故では嫌な思いもしましたが
そうそう、大変でしたよね。
総合病院の前だったのがせめてもの救いでしたね。
自力でもやっぱり急患ですもんね。(・o・)

投稿: nanbu | 2007/07/09 08:47

なるほど~「その2」はそういった事だったのですね。
「その1」では、お友達と会えたのかどうか書かれていなかったので、ひょっとしたら?と思っていました。

「笑い豚」ではpart2・part3と話しを膨らませていこうと思っているネタも…
part1のコメントのやり取りで“ネタばれ”しちゃうんですよ~(^^ゞ

投稿: ぽぱい | 2007/07/09 21:13

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうなんですよ〜。なんとか合うことが出来ました。
でも、これで会えなかったら完璧スネちゃうところでしたけど。(笑)

>part1のコメントのやり取りで“ネタばれ”しちゃうんですよ〜(^^ゞ

それ!ありますよね〜!!(・o・)
私も核心を突いたコメントに、なんと答えたらイイのかと慌てまくることあります。
ただ、今回はオチというほどのオチもなかったので。その点は安心でした。(^^;)>

投稿: nanbu | 2007/07/09 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/15668086

この記事へのトラックバック一覧です: 散々な一日/その2:

« 散々な一日/その1 | トップページ | ブラインドの修理 »