« ふつつか | トップページ | やるせない »

2007/08/11

ままにならない

Manima2♪およばぬことと

 諦めました……

ご存知、井上ひろしさんの『雨に咲く花』。

……なんて。知りませんよね。
これは私が子供の頃に聴いてた歌で。
タイトルも歌手名も覚えてなかったくらいだから。

私が知ってたのは、「ままになるなら」から続く一連の歌詞だけ。
(このフレーズだけで検索できるなんて、便利な世の中になったものですね)

当時まだ幼かった私。
それが「ママになるなら」だと思ったのも、無理からぬ話ではござんせんか。

その後、成長した私は「ままならぬ世の中」などという言葉に触れていく。
やがて、それが「我が儘(わがまま)」の「儘」であると悟った時。
私はもうすでに大人になっていたのではなかろうか。

バラバラに舞い散った落ち葉が、実は同じ枝にあった言の葉であるように。
別々に芽吹いているように見えても、実は地中の地下茎でつながっている。
掘っても掘っても尽きない芋ヅル。

そして、それはまだつながっていた。

@nifty辞書の一部を抜粋すると。
● まま【▼儘】大辞林 第二版より
〔「まにま」の転〕
(1)成り行きに従うこと。他のものに任せ従うこと。
「足の向く—に歩き回る」
(2)思いどおりであること。
「—にならない世の中」
(3)元のとおりで、変えてないこと。そっくりであること。
「昔の—で少しも変わらない」
(4)状態が続いていること。
「立った—眠る」

ここで私が気になったのは〔「まにま」の転〕という記述。

え! 「まにま」?
そこで早速調べてみると。

Manima●まにま-に 【▽随に】
(1)事の成り行きに従うさま。ままに。まにま。
「波の—漂う」「風の—花びらが舞う」

確かに「自由にしてください」を「どうぞご随意に」なんて言ったりするけれど。

なんと「波の間に間に」だと思っていたら。
「波の随に」だったとは。

(「波の間に間に」で検索したら67,800件もヒットしちゃいました)


幼い頃聞いた「ママ」が「儘」につながり。
そして今、「随」につながっていく。

言葉の芋掘りは、こうして一生続いていくのですねぇ……。

|

« ふつつか | トップページ | やるせない »

コメント

こんにちは。ちょっとご無沙汰しました。
またまた楽しい「言葉の雑記」に、「ヘェ~ッ!そうなの!?」を
連発しながら拝見しました。
だらしない しだらない ふつつか ままならない まにま
そうなんだぁ、そうだったんだぁ~。
いいなぁ、こういうお勉強。波の間に間にと信じて疑いもしませんでしたよ。
そして今回のnanbuさんのこのお言葉にも大いに感銘を受けたのです。
「バラバラに舞い散った落ち葉が、実は同じ枝にあった言の葉であるように。
別々に芽吹いているように見えても、実は地中の地下茎でつながっている。
掘っても掘っても尽きない芋ヅル。」ナイスです♪

ルリマツリの涼やかな花色、この記事の躍動感あふれる波にも感動しました。
波はnanbuさんのデザインされたものですか?画像の微妙な濃淡も素適(^^)

投稿: ポージィ | 2007/08/11 11:03

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)
お元気になられたようでなによりです。後ほど伺わせていただきますね。

>波の間に間にと信じて疑いもしませんでしたよ。

ねぇ〜!私もビックリしました!!
少なくとも、67,800人以上は驚くと思います。(笑)
普段何気なく使っている言葉でも、思わぬ言葉につながっていて。
それを辿っていくのは、お芋掘りのような面白さがありますよね。
その楽しさを共感してもらえて嬉しいです。(^o^)

波のデザイン、見覚えありませんか?
実はコレ、お馴染みのかき氷の旗の一部なんですよ。
とっても洗練された意匠で、北斎の描いた波に通じるテイストがありますよね。
その線を面に変えて、濃淡をつけてアレンジしてみました。

投稿: nanbu | 2007/08/11 12:36

子供の頃から歌は大好きでも この歌は記憶にありません
もしかしたら聴けばわかるかな。

>それが「我が儘(わがまま)」の「儘」であると

ってことは「成すがまま」も「気まま」も「儘」でしょうか

「ナスがママまらキュウリはパパ」のフレーズが
真っ先に思い浮かんだ勉強不足なmikiです(^o^)

投稿: miki | 2007/08/11 23:32

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

あぁ!そうですね!!(・o・) それぞれ(1)と(2)の意味に当てはまりますよね。
(「儘」がつく言葉っていろいろあるんですね〜)
うん、この歌はmikiさんの記憶に無くてもしかたないギリギリの線かもです。
私にとっても、物心ついた最初の頃に聴いた歌なので、うっすらした記憶なんですもん。(^^;)

>「ナスがママまらキュウリはパパ」のフレーズが…
↑私はこのフレーズから
「ありがとうならミミズははたち(蟻が十ならミミズは二十歳)」
が思い浮かびました。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/08/12 07:37

いや~さすが、nanbuさんは詩人ですね~。

・芋といったら「掘った芋いじくんな」
・我が儘といえば「My Father is My Mother(私の父は我が儘だ)」ぐらいしか知りませんよ(^^ゞ

さて、ようやく待望の夏休みを迎えることが出来ました。
昨年は再検査の結果が気になって憂鬱な休みでしたが、今年はおもいっきり楽しめます♪
しばらく山篭もりしてきますのでよろしくお願い致します。(^0^)v
休みが終わりましたら、みんなでお会いしましょうね。

投稿: ぽぱい | 2007/08/13 11:54

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうそう、「掘った芋いじくんな」。
これ、外国の人には「What time is it now?」に聞こえるんですよね〜。(笑)

>「My Father is My Mother(私の父は我が儘だ)」

・・・!(・o・) 
これは知らなかったんですけど、もう最高!!
そこで私もこんなナゾナゾを思い出しました。
「お母さんに○を二つ付けたらお父さんになっちゃったのはナゼ?」

答「ハハ」→「パパ」(…スミマセン)m(__)m
それではまたお会いできるのを楽しみに、よい夏休みを〜♪(^o^)/
(去年は『修行僧』でしたけれど、今年は心置きなく楽しめますね!)

投稿: nanbu | 2007/08/13 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/16073347

この記事へのトラックバック一覧です: ままにならない:

« ふつつか | トップページ | やるせない »