« ままにならない | トップページ | 日焼け止めの誤算 »

2007/08/15

やるせない

Asase牽牛と織女が逢瀬を許された七夕は、もう一月以上前のこと。

たった一年に一度の機会なのに。
無情にもその日が雨だったら、その願いはかなわない。

二人にとって、さぞかしやるせないことだろう。


さて、この「やるせない」。ちょっと風流で趣のある言葉だけれど。
例のごとく、@nifty 辞書で調べてみました。
(はい。「苦しい時の@nifty 辞書頼み」です)

●やるせな・い 【▽遣る瀬無い】大辞林 第二版より
(1)思いを晴らすことができずせつない。つらく悲しい。
「片思いの—・い気持ち」
(2)施すべき手段がない。どうしようもない。

……なるほど。
「遣る」には「心にかかることを払いのける。晴らす」って意味もあるらしいから。
その瀬がないんですね。

その「瀬」は、川の浅い所。

そういえば、自分の立場がないことを「立つ瀬がない」って言うけれど。
(背が立つような浅い場所が無かったら、立てませんもんね)

でもそうなると、「浮かぶ瀬がない」って言い方もあるのが不思議。
だって、浮かぶんなら背が立たなくてもイイわけでしょ?

そこで、今度は肝心の「瀬」を引いてみると。

●せ【瀬】大辞林 第二版より
(1)川の水が浅く人が歩いて渡れる所。あさせ。⇔淵(ふち)
「—を渡る」
(2)川の流れの速い所。はやせ。
「—にのまれる」
(3)海流の流れ。潮流。
「潮—」
(4)置かれている立場。
「立つ—がない」
(うんうん、ここまではOK)

(5)機会。機縁。場合。
「逢う—を楽しむ」「浮かぶ—がない」

おぉ「瀬」には機会とか場合という意味もあったんですか。
(↑セコくギャグってみました)

つまり「浮かぶ瀬がない」は、起死回生のチャンスがないってことなんですね。
そして「逢瀬」の方は、会う機会。


一年に一度、許された逢瀬。
そして、そんな二人を偲んで祝う七夕祭り。

……う〜ん。なんて美しいんでしょ。

|

« ままにならない | トップページ | 日焼け止めの誤算 »

コメント

「やるせない」を「遣る瀬無い」と書くことを
初めて知ったmikiです
(変換して 更に納得!)
私にとって「やるせない」は日常語ではないということですね

同じような意味の「切ない」「やり切れない」は
使うことがあるんですけどねぇ
またひとつ お勉強になりました♪
夏休みの宿題も これぐらい真面目にやってれば。。(^^)

投稿: miki | 2007/08/16 08:04

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

日常の話し言葉と文章語はまた違いますもんね。
私も前回の「ままになるなら」みたいに歌詞で覚えたパターンの方が多かったりしますけど。(^^;)

>同じような意味の「切ない」「やり切れない」は…

あ!・・・(・o・)
「切ない」が、どうして「せつない」気持なのか不思議だったんですけど。
(↑へんな日本語ですね ^^;)
こうして「切ない」と「やり切れない」を並べてみると、そこに何かヒントがありそうですね。
また新たなネタになりそうな予感が…。(笑)

投稿: nanbu | 2007/08/16 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/16120736

この記事へのトラックバック一覧です: やるせない:

« ままにならない | トップページ | 日焼け止めの誤算 »