« 波乱の新学期 | トップページ | 負の連鎖 »

2007/09/10

やおら

078yuyake今年もまた、文化庁が発表した「国語に関する世論調査」の結果が新聞に出てました。

95年度から実施しているというこの調査。
毎年この時期になるとテレビや新聞で取り上げられるんだけど。
クイズみたいで結構楽しみだったりして。


特に印象深かったのは04年度版。

本来と違う意味で使われてたり、間違えて覚えてた言葉が多くてビックリしたものでした。まだブログを始めてなかった当時、HPの方で書いてたのを挙げてみると。

「的を得る」は間違いで「的を射る」が正しかったり。
「檄を飛ばす」の「ゲキ」が「サンズイ」じゃなくて「木ヘン」なのに驚いたり。
他にも、「姑息」は「ズルい」ってことだと思ってたら、「一時の間に合わせにする」って意味で。
「憮然(ぶぜん)」も、本来は「がっかりする」という意味だったり。
(↑新しいネットの辞書には、「不満なさま」も載ってます)

「さわり」も、「ほんのさわりだけ」なんてよく聞くから。
「つかみはOK!」みたいに導入部のことだと思ってたら。
「中心となる部分。聞かせどころ。名場面。見どころ」のことだったり。


去年も読んだ覚えはあるんだけど。(一昨年は、はて?)
どんな言葉があったか思い出せないのが残念。
(やっぱり書き記してないとダメですね)

っということで。気になる今年の言葉はコレ。
(ちなみに数字は、不正解と正解との割合)

●「役不足」    50.3% 40.3%
●「流れに棹さす」 62.2% 17.5%
●「気が置けない」 48.2% 42.4%
●「ぞっとしない」 54.1% 31.3%
●「やおら」    43.7% 40.5%

実は「やおら立ち上がる」の「やおら」が不正解だった私。
(「いきなり」だと思ってたら「ゆっくりと」でした)
もしかしたら、「やにわに」と混同しちゃったんでしょか?
(漢字で書くと「矢庭に」だったなんて。う〜ん、緊迫感ありますね!)

そういえば、「おっとり刀」。

これも、おっとりしてるんじゃなくて。
「腰に差すひまもなく、刀を手にしたままであること。緊急の場合に取るものも取りあえず駆けつけるさま」(@nifty 辞書調べ)
という意味の「押っ取り刀」だと知ったのは、案外去年の世論調査でだったかも?

|

« 波乱の新学期 | トップページ | 負の連鎖 »

コメント

おっと、コメントしながら眠っちゃったみたい…

「役不足」「気が置けけない」「ぞっとしない」「やおら」
この関連の新聞記事、私も見ました。でもって私も「やおら」を間違ってました。
nanbuさんと全く一緒の間違いでしたよ。
こういうの見て、時々自分の思い込みに修正を加えてやるのはいいことですね。
zzz… 

投稿: ポージィ | 2007/09/10 09:40

 
ポージィさん、こちらにもありがとうございます。(^^)

あは♪ 睡魔と戦いながらのコメント恐縮です。
私もなんだか眠くなっちゃいました。(笑)

知らない言葉は辞書で調べることが出来ますけど。間違えて覚えちゃってると、確認しない限り間違いに気がつかないのが困りますよね〜。
しかも、間違った意味の方が一般的になってる言葉の場合、誤解されちゃう危険もあるし。ちょっと悩んじゃいますね。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/09/10 11:57

この発表を見る度に 使い方が間違ってるだけでなく
反対の意味で認識してる人が多いのが面白いですよね
はい、、私もその中の一人です(^_^;
一応 その都度覚え直してはいるつもりですけど
きっとまだ間違ったままの言葉もあると思います

でも ブログを始めたことで辞書を使う機会もあるし
こうやってネットでお勉強できることは有難いことです(^^)

投稿: miki | 2007/09/10 22:47

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ、mikiさんもこの発表チェックしてるんですね♪
ポージィさんといい、秘かな人気調査だったりして。(^o^)

毎年なにかしら見つかって、その都度目からウロコなんですが。
ニュースも新聞も、毎日チェックしてるわけじゃないし、一昨年は見落としてたかもしれないのが悔しいです。(きっとまだまだあるんでしょうね〜)
今までは一年に一度の目からウロコでしたけど、ネットだとそれがしょっちゅうですもんね。(あとは頭がそれに着いていければいいんですけど。^^; )

投稿: nanbu | 2007/09/11 07:52

nanbuさん、こんばんは~。
9月に入ってパタパタする日々を過ごしております。
「国語に関する世論調査」…
nanbuさんは特に興味があると思ってニュースを見ておりました。
世の中には間違って使っている言葉って本当に多いですね~!
だけど、“間違って使う人の方が多い言葉”って…
将来は正解になってしまうかもしれません…

そのうちに「うろ覚え」をネットの辞書調べると…
【「うる覚え」でも可】なんて書いてあるかもしれませんよ~(笑

それにしても「さわり」が「中心となる部分」だったとは…
(゜0゜;)!

投稿: ぽぱい | 2007/09/11 21:07

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)
私も、ぽぱいさんの「ぞっとしない」の記事を思い出してました。

ねぇ〜!「ほんのさわりだけ」が「中心となる部分」だったらネタバレですよね。
テレビの方は見逃したのかなぁと思ってたんですけど。
やっぱりニュースでも報道されてたんですね。
(これは皆さんご存知の、かなりな人気調査だったんですね♪)

>【「うる覚え」でも可】なんて書いてあるかもしれませんよ〜(笑

実は私もうろ覚えで、数年前まで本当に「うる覚え」だと思ってました。(^^;)
でも、言葉の意味って時代によって変わっていきますもんね。
(ホント生き物だと思います)
最近よく聞く「かつぜつ(活舌/滑舌)」も、まだネットの辞書に載ってないんですけど。いつ掲載されるんだろうかと、今から楽しみにしてたりします〜。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/09/12 07:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/16401145

この記事へのトラックバック一覧です: やおら:

« 波乱の新学期 | トップページ | 負の連鎖 »