« 附子 | トップページ | 雨の花火大会 »

2007/09/28

緑の黒髪

9_27higanbana_m_2前回の「あかなめ」先生。
担任だったのが短かったこともあって、ほとんど記憶がないんだけれど。
それでも忘れられない出来事があった。


あれは図工の時間。
先生と生徒が、電車ゴッコで遊んでいる絵を描いた。
ルンルンで描き終えたそれを、意気揚々と先生の所へ持って行くと。

「髪の毛はこんな色じゃないでしょう?」と言われてしまった。

……たしかに。
肌色に、その色がキレイに映ったのだろうか。
その時私は、それを緑色で塗っていたのだ。

どうやら、好きに描けばいいお絵書きと、図工の時間に描く絵は違うらしい。
そんなことを悟った私は、今度はそれを茶色に塗り直した。
「うん。この方がナチュラル」(と、思ったかどうかは分からないけど)
私は、今度こそと意気込んで先生の所へ行った。

すると先生は「髪は茶色じゃないでしょう?」と言って、それをまた突き返した。
(あの頃、茶パツの人はいなかったですもんね)

……はて、だったら何色に塗ればいいのだろう?
困惑して立ちすくむ私に、先生は怒ったようにこう言った。

「髪は黒に決ってるでしょう!」

……あぁ。そうだったのか!
私はまさに目から鱗が落ちるような気がした。
自分はそれまで、夢見心地で絵を描いていたのだろうか。
その時、私は絵にはお約束があることを知ったのだった。


しかし、あれから時は流れ。
高校生になった私が美術を志した時、顧問の先生からこう言われた。

「君は固有色にとらわれすぎるね」(……はぁ?)
「白い紙を丸めた絵を描いたら、君はグレーでしか色を付けられないでしょう?」

……まさにおっしゃる通り。
当時の私は、肌色だったらその濃淡に茶色い影しか付けられなかった。
でも、ルノワールの絵なんかを見ると、同じ肌色でも影の部分には紫色や緑色が混じっている。
そしてそれが、ふっくらとした肌に透明感を与えている。


小学校で固有色を教えられ、今度はそれにとらわれていると指摘され。
左右に大きく振り子を揺さぶられた私。
アッチへコッチへと小突かれて。
結局小さくまとまっちゃって。

あの時「綺麗な緑色ね」と言ってもらえていたら、今頃どんな絵を描いていたのだろう……。

なんて思ったりする私は、ウチの子に絵の描き方を教えたことはない。

|

« 附子 | トップページ | 雨の花火大会 »

コメント

これは考えさせられますね!
あかなめ先生には「綺麗な緑ね」といって欲しかったなぁ。
写実的にと思ったにしても、もう少し別の指導の仕方があったでしょうに。
nanbu少年の自由な発想と表現を「黒に決まってるでしょう」という言葉で
一刀両断にして欲しくなかったです。
「綺麗な緑ね」といわれていたら、その後どんな絵をお描きになって
いたでしょうね。
私などは、そういう決め付け的なことは言われたことがなかったと
思うのですが、いつの間にか小さく固い絵にまとまってしまって。
そうそう、色使いも同系色での陰影しか付けられなくて。
中学の美術の先生に「小さくて面白みがない」「真面目過ぎる」って
言われました(^^;)
nanbuさんは、左右に大きく振られても美術を志し、今それをお仕事として
いらっしゃるのですから、やっぱり勝手に小さくまとまっちゃって、
そのまま変えられなかった私なんかとは持って生まれた才能にも
大きな隔たりがあるんだなぁと思います(^^)

なるほど、息子さんがご両親の前では素直に自分を表現できているのには、
きっと絵に関してだけでなく、nanbuさんのそういう思いがいろんなところに
あるからなんだろうな、とふとそう思いました。

投稿: ポージィ | 2007/09/28 10:15

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>そうそう、色使いも同系色での陰影しか付けられなくて。

ね〜。成長すればそうやってまとまっていくのが自然ですよね。
逆に、まとまってしまったものを解き放つ方が難しいような。
「真面目過ぎる」と言われても、どうしようもなかった気持分かります〜。

どうも私は、根っこの部分で「ありのままの自分」を受け入れることができてないような気がするんですよね。いつも「何かしなきゃイケナイ」みたいな。(なんて書くと、自己中な私を知ってる人に「ウッソ〜!」って言われそうですけど)(笑)
で、それが嫌でそんな義務感のないところにばかり逃げ込んでたんですけど。
それじゃイケナイと思うと、逆に身勝手な行動をしてしまったり。
自分がスタンダードなものや中庸なものに憧れるのは、そうやって振り子が振れっぱなしだからだと思います。(^^;)
だからせめてウチの子には、ありのままの自分でいいんだと思ってもらいたいと願ってます。揉まれても、それをはね返せるような膨らみを持てるように。

投稿: nanbu | 2007/09/28 11:52

若い小学校の先生と
高校の美術の先生では
芸術に対する造詣が違ったのでしょうね。
私は子どものころ兄と田んぼを見て
「一面緑だけど、緑にも色々な色があるだろう?」
と言われたことが忘れられません。
芸術には正解も間違いもないと思うのですが
その先生の中では「髪は黒」が正解で
それ以外は間違いだったのでしょうね。

図工が得意だった私にも、小学生のころ
先生から指摘されて今でも忘れられない出来事があります。
友達の顔を版画にするために木を彫っていたときのこと。
友達の髪はびしっときれいに切りそろえられたワンレングスでした。
なので髪の先を一直線に彫ってしまったら
髪は紙じゃない、と言われ一本一本彫らされてしまいました。
毛先がぼさぼさのそれは、もう友達じゃなく
別の誰か知らない人になっていました。
きっと一本一本彫るのが正しかったのでしょう。
でも、友達の特徴をとらえることができなかったくやしさが
今でも私の中に残っています。
おそらくそれは、nanbuさんが先生に「綺麗な緑色ね」と
言ってもらえたら・・・と思うのに似ているのかもしれません。

ふっ 真面目に書いてしまいましたよ( ̄^ ̄)

投稿: koko | 2007/09/28 12:44

あ、「あかなめ」先生はベテランさんだったでしょうか?!
失礼しました!!

投稿: koko | 2007/09/28 14:10

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

いえいえ。たしかに「あかなめ」先生はベテランだったと思うんですけど。
あんまり変わらなかったと思います。(^o^)

>「一面緑だけど、緑にも色々な色があるだろう?」

そうでしたね!(・o・)
「鉛筆削り」の時に、10才上のお兄様が絵を描いてらしたとコメントいただいたのを思い出しました。
本当に植物の緑には色々な色がありますよね。
そして絵にするのが一番難しいと思っています。
(チューブから出したままの色だと鮮やかすぎるし、かといって濁らせるとみずみずしさが出ないんですよね)

「友達の特徴をとらえることができなかったくやしさ」分かります〜。
(kokoさんさんが図工が得意だったらなおさらですよね)
私にもそういった子供の頃の悔いがたくさんあります。
そんな言葉に出来なかった思いを、今言葉にして晴らしてるのかもです。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/09/28 15:28

またまたこんにちは(^^)
昨日書き忘れちゃったんですけど、添付の写真の
この ヒガンバナのある風景、とても素適ですね。
ちょっとカメラを傾けて撮られたのも、なんだかこの場所を
低空飛行ですーっと飛んでいるような気分が喚起されて
面白いなぁと思いました♪
大きな写真で拝見したかった~

投稿: ポージィ | 2007/09/29 11:40

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

記事をUPする前日、いつもと逆の方向に行ってみたくなって、数年ぶりに訪れた場所なんです。
土手の下から斜め上を見上げて撮ったんですが、そんな目で見ていたら私も低空飛行してるような楽しい気分になりました♪(^o^)
携帯のカメラで撮ったのであんまり鮮明ではないんですが。
自分でも好きな写真なので、嬉しいお言葉に調子にのってチョットだけ大きくしてみました。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/09/29 15:48

ふぅ~。。。
外国の人の髪の毛の色は黒とは決まってませ~ん(^.^)

娘が小学4年生の時の三者懇談で
担任の先生から
「休み時間になると教室で本を読んでて
 他の生徒達と外で遊ばないんですよねぇ」
と言われて
「何か問題ですか?」と答えたのを思い出しました(^_^;

統一されてた方が先生は楽なんでしょうけど
それじゃあ 個性も何もあったもんじゃないですよね
・・と偉そうに言ってますが
子供の頃の私は 友達と一緒♪で安心できる子でした
あの頃の自分に「人と違っていいんだよ」と言ってやりたいです(^_^)


投稿: miki | 2007/09/30 00:26

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうですよね〜!(・o・)
二回目に茶色で塗ったのは、きっと外国の人の髪を雑誌とかで見てたからだと思います。(テレビは白黒だったから)(^^;)

>あの頃の自分に「人と違っていいんだよ」と言ってやりたいです(^_^)

あぁ〜!そんな気持になることあります!!
美味しいものを食べた時、子供だった自分に食べさせてやりたかったとか。
オクテだった自分に「大きくなれば出来るようになるよ」とか。
そして、やっぱり「人と違っていいんだよ」と言ってやりたいです。

ウチの子も、小さい頃は子供同士でいるより大人といる方が好きな子だったんですけど。一人一人に色々な個性がありますよね。
今からは想像もつきませんが、家内も子供の頃は何も言えない子だったそうです。(その分、今私に言ってるんだったり?)(T_T)

投稿: nanbu | 2007/09/30 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/16596352

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の黒髪:

« 附子 | トップページ | 雨の花火大会 »