« しんにゅう | トップページ | はちたいけん »

2007/10/16

ちょっぴり切ない秋のバラ

10_01buraidaru今年は
2/23の●「バラの剪定」から
4/15 ●「バラの剪定その後
5/10 ●「バラが咲いた」まで

バラの様子を記事にしてまいりましたが。

9月の末から10月の始めにかけて。
今年もまた秋のバラが咲きました。

ただ、あまりはかばかしくはありません。
    (↑ばかばかしいではありません)
 
9_23akabaraこの夏の猛暑でグッタリしていたバラ。
ただでさえバルコニーは、タイルの照り返しで暑くなるのに。
それに加えて、強烈な陽射しでアレヨアレヨと葉焼けして。
はらはらと葉を落としてしまいました。

しかも当時書いたように。
「この時期にバラの根はいじりたくないんだけど」
と言いながらスミレの根を掘り返したせいなのか。
二本しかない主幹のうち一本が枯れてしまった株も。
(お気に入りのブライダルピンク)

9_26sakuragai夏の整枝は、秋に綺麗な花を咲かせるためのもの。
とはいえ、それも葉が残っていればこその話で。
それがちょっとしか残っていない今年は、どうしたものか……。
と、思ったものの。とりあえず、例年通り9月1日に枝を切り戻しました。

健康であればこその栄養補給だし。
青息吐息のバラに無理に肥料を与えてもと、整枝後の追肥もパス。
ひたすらダメージ回復に努めてもらいました。

10_04_4rin2そんなこんなで、秋の花は期待していなかったけれど。涼しくなってからまた葉を繁らせて。
わずかばかりの開花とあいなりました。
(赤2輪とピンク5輪)

冬の剪定から始まったバラの記事も、あれから春と夏が過ぎ。
小さいながらも健気に咲いた秋のバラ。
せっかくなのでUPさせていただきました。
 
●7月27日「夏の寄植え」(写真左)のコンテナも、秋を迎えました(写真右)。
Natu_yoseue10_08natu_yoseue

|

« しんにゅう | トップページ | はちたいけん »

コメント

まったくお恥ずかしい話ですが、バラは秋にも咲くということをつい最近まで知らなかった私でした。秋も咲かないと「紫のバラ」の人は困っちゃいますよね(笑)。
先日行った旧古河庭園では、現在バラ祭りなるものが行われているようです。
(いまバラ祭り、って打ったら最初腹祭りって出て来ちゃった)

投稿: yochy | 2007/10/16 10:28

この夏の暑さはそう長くはなかったものの、過酷でしたものね。
まったく改めて考えると、日本の植物達は冬の寒さから夏の暑さまで、
さらにジメジメが続いたり乾ききった日が続いたりという、実に振幅の激しい
環境でよくぞ皆健気に頑張っていますよね。
だからこそ、そんな日本からヨーロッパに持って行って園芸用に品種改良された
植物達が妙に元気いっぱいになるのかしら、なんて考えてしまいました。

nanbuさんのバラから話がそれましたが、今年の酷暑を乗り越えたバラ、
それでもこんなにきれいな花を咲かせてくれて。愛しいですね。
わが家のずぼ・バラも、さらに小さくなった(;_;)花を2輪咲かせました。
鉢植えのアイスバーグは病気でバラバラ葉を落としつつも、ぐんぐん蔓を
伸ばし続けていますが、秋は花を付ける気力がなかったようです。

投稿: ポージィ | 2007/10/16 10:44

初夏とはちがう美しさが
秋の薔薇にはあると言いますよね。
nanbuさんの愛を受けて、
薔薇たちも頑張ってくれたということでしょうか。
種類にもよりますが、
多年草や樹木に関しては
寒さより暑さで枯れてしまうものが最近多いような気がします。
セージが枯れたときはショックでした・・・・

投稿: koko | 2007/10/16 12:02

 
yochyさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうそう♪マヤにバラを送りたくても、春にしか送れなくなっちゃいますもんね。(^^;)
ただ、オールドローズとかツルバラは、yochyさんが思っていた通り、春にしか咲かない一季咲きが多いので安心してくださいね。
四季咲きの品種は条件が調えば咲き続けるんですが、冬と夏は過酷すぎて結果的に咲くのは春と秋なんですよね。

旧古河庭園の記事覚えてます。重厚で趣のある洋館ですよね。
あの庭園にバラが咲いたらさぞかし綺麗でしょうね!(^o^)

投稿: nanbu | 2007/10/16 12:25

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうですよね。
日本では梅雨時にひっそりと咲いているアジサイも、冷涼な気候のヨーロッパでは夏中咲いている陽気な花のイメージがあるとか。
スカビオサとかマトリカリアとか、夏さえ乗り切ってくれれば毎年咲いてくれる花も多いのに。それが残念ですよね。(ウチのは乗り越えられませんでした)(T_T)

>わが家のずぼ・バラも…

挿し木で育てたポージィさんのバラも、この夏を乗り越えられたんですね。
それだけでも立派なのに、花まで咲かせてくれたら言うことなしだと思います。
ちなみにツルバラの場合、四季咲きの品種でも秋は咲きにくいものがあるようだし。
アイスバーグを植え付けたのは、たしか去年の秋でしたよね。
まだ植えて一年ほどなら来年以降に期待したいですね!(^o^)

投稿: nanbu | 2007/10/16 12:29

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

>寒さより暑さで枯れてしまうものが最近多いような気がします。

私もそう思います。(ジワジワと温暖化の影響が忍び寄ってたり?)
下手に水をやると一晩で枯れてしまう冬と違って、夏の水やりは安心と思ってたんですけど。どうやらそれも通用しなくなってきたみたいですね。

セージが枯れてしまったとのこと残念でしたね。
きっと何年も大事に育ててらしたんでしょうね。
西洋が原産地のハーブ類にとって、高温多湿の日本の夏は厳しいとはいえ、愛着のあった一鉢が枯れてしまうのは忍びないですね。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/10/16 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/16774846

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっぴり切ない秋のバラ:

« しんにゅう | トップページ | はちたいけん »