« ふるとり | トップページ | リーダーとの遭遇 »

2007/10/28

逐次完遂

Tikusuiなんて、こんな四字熟語はないけれど。
私はどうしてもこの「逐」と「遂」が覚えられない。

もっとも、この字は単独でお出ましになるというより。「逐次」「逐一」とか、「完遂」「遂行」とか。
熟語で使われるから、読むのはいいんだけど。
書く段になると……。

はて「豕」だけだったか、上に「ソ」(二つの点)が付くんだっけか?
っと、これでしこたま悩んでしまう。


「豕(いのこ)」は「いのしし/野猪(やちょ)」のことだそうで。
それに例の「しんにゅう」が付いて「逐う(おう)」。
(なんでも豕を追いかけてる様を表してるんですって)
それで「一つ一つ順を追って」って意味なんだとか。

一方「遂」は「完全に終える/成就する」で「遂げる(とげる)」。
他に「あまねく」という意味もあって。
それを「広く隅々まで」→「全体」と解釈すれば。「積み上げた土」を表す「こざと」と合わさって「ひとかたまり」の「隊」になるんでしょうか?
(ちなみに「みぞ」の意味もあるらしくて、そこに墜ちると土が付く?)


一つ一つの「逐」と、全体の「遂」。
少しずつ順を追って、最後まで完全にやりとげられれば完璧なんだろうけれど。
それもなかなか難しそう。

でも、とりあえず。
「遂(すい)」「隊(たい)」「墜(つい)」だから。
最後が「い」で終わるのを「遂」と覚えることにいたします。
(「逐」「啄」で、チクタクとか?)

なんて……。きっとスグ忘れるんだろうけれど。(T_T)

|

« ふるとり | トップページ | リーダーとの遭遇 »

コメント

nanbuさん、こんばんは~。
nanbuさんの研究熱心さには頭が下がりますm(__)mハハーっ
実はぽぱいも結構研究熱心なのですが、くだらない事ばかりです(;^_^A
おまけに“その時限り”で忘れちゃうし(笑)
「豕」という字で思い出すのが「琢也」です!
小学生の時、「琢也」という名前の同級生がいたのですが、みんなから「ブタヤ」と呼ばれていました。
だからサッカーの高木琢也選手や、渡鬼の藤岡琢也さんの名前を見る度に「ブタヤ」だと思っちゃうんですよ~(笑)

投稿: ぽぱい | 2007/10/29 23:16

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

いえいえ。私の方こそぽぱいさんの研究熱心な姿勢に敬服してます。m(__)m
(図書館に行くのがお好きだというのも、その表れなんでしょうね)
飲みやすい焼酎の秘密が減圧蒸留にあると知って、私も長年の謎が解けました。

>「ブタヤ」だと思っちゃうんですよ〜(笑)

私の場合、「豕」を見ると頭がどうしても「隊(たい)」と読みたくなっちゃって。
「たい」…おぉっとぉ〜っ「すい」だった、とか「ちく」だった。と、二段構えのプロセスを踏んでしまいます。(T_T)
その他「更迭」こうそう→こうてつ。「破綻」はてい→はたん。とか。
私の頭の中には、二段構えの常連さんがいっぱいおられます。(笑)

投稿: nanbu | 2007/10/30 08:01

あ"~苦手な漢字が登場だぁ~
他の漢字だって決して得意とはいえませんけど、
「逐」←これはどうもダメ。ん?「遂」もだヮ。
「逐」と「遂」は、いつもと逆転して書きより読みのほうが
妖しいくらいかも。
完遂はついつい「かんつい」と読んじゃいますし。

ふぅ 集中できない今、「い」で終わるものと「チクタク」も
せっかく名分類なのに、いちど頭に入ることすらしてくれそうに
ありませぬ…ぶぅぶぅ

投稿: ポージィ | 2007/10/30 10:41

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうですよね。体調がよくないと何かを考えることさえ辛いですもん。
特に今回は、自分でも書いてて混乱しそうなほど込み入っちゃってて。
なのに、いらしてくださったお気持ち嬉しいです。m(__)m

>完遂はついつい「かんつい」と読んじゃいますし。

あぁ!そうでした!!私もそういう時あります。(・o・)
訓読みだと「遂に」って読むからでしょうか?
(おまけに「墜」もあるし)
どうしても「つい」「たい」と読む方に馴染みがあるから。
「すい」のスッと抜ける音とつながりにくいんですよね。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/10/30 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/16886654

この記事へのトラックバック一覧です: 逐次完遂:

« ふるとり | トップページ | リーダーとの遭遇 »