« ブルーナの緑 | トップページ | 追究の対象 »

2007/11/21

怪我の功名

071121koyo毎週日曜日は食糧の買い出しの日。
車でスーパーに行き、一週間分を買いだめしてくる。

まだ小さくて、一人で留守番できない頃はもちろん。
文字通り貴重な担い手となった現在。
ウチの子には、そのまま荷物持ちとして同行してもらっている。

週に一度のお出かけを、喜んでいたのはとうの昔。

今じゃイヤイヤだけれど。
それでも付き合ってくれるのはありがたい。


そんなある日の買い出し帰り。
いつものように踏切の渋滞につかまってしまった。

無言の車内には気詰まりな空気が漂う。
そこでそれを打破すべく、私はしりとりを提案することにした。
(というより勝手に始めた)

「しか♪」(^o^)

すると、隣に座っていた息子は。
「……カン。はい終わり」(-_-)

・・・(・o・)

カワイくなぁ〜い。
せっかくその場を和ませようとサービスしてあげたのに。

しかし、そんなことでメゲるような私ではない。
「アメ♪」
「……めん」

ク、クヤシイ。(T_T)

最後が「ん」で終わるのって結構あるじゃん。
もしや私は、ミスを犯したのだろうか。

などと悔やんでいると。
「……これ、面白ぇ〜!」とウチの子が食いついてきた。


あらぁ……。
世の中何が幸いするかわからないもの。

こういうのを、怪我の功名と言うのかしらん。

|

« ブルーナの緑 | トップページ | 追究の対象 »

コメント

中学・高校のころって、親との外出が面映いんですよね~
ましてnanbuさんのお宅は男の子ですし。
たとえイヤイヤでも付き合ってくれる優しさが嬉しいですね(^^)

夫と車に乗っているとき「眠くなった、何か喋って」と言われて、
咄嗟に何も思いつけない私も、よくしりとりを持ちかけましたよ~
オーソドックスなのから、種類限定まで。
あまり眠さ対策にはなりませんでしたけれど。
nanbuさんのしりとりに、わざと「ん」の付く言葉で切り返す
息子さん。「ガキじゃあるまいに」とでも思ったのかな?
でもそれがかえって面白いことに気付いて生まれた新たなゲームに幸あれ。

大人になっちゃうと、しりとりみたいな単純な遊びにもまた
素直に乗れるようになるんですよね。面白いもんです。

投稿: ポージィ | 2007/11/21 10:32

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

ね〜!その手で来るとは思いませんでした。
でも、次の週にもやってみたんですけど、初っぱな「えんぴつ」のお題で困ってましたよ。(「つ」で始まって「ん」で終わるのって以外と少ないんですよね)
ところで、種類限定というと動物とか食べ物の名前とかに限定するんでしょうか。
(・o・) それも面白そうですね。
(でも、ポージィさんと花の名前でやったらハンデありすぎですけど)(笑)

>夫と車に乗っているとき「眠くなった、何か喋って」と言われて…
そういえば昔、両親と三人で千葉にある父の会社の保養所まで夜中のドライブをした時。居眠り運転されると困るからと、母と結託してずっと話しかけてたことを思い出しました。無事目的地に到着してから、ことの次第を話したら「うん、うるさかった」と言われましたけど。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/11/21 16:26

家族で大阪の実家へ帰る時
ちょと遠出する時、などなど 
しりとり歌合戦IN車内 はよくやりましたよ~(^^)
それも子供が小さかった頃までで
今やろうか?と言っても却下されそう
いいな、、まだノッてきてくれて(^_^)

眠くなる と言えば
私がまだ免許取立ての頃 初めて高速運転した時に
夫も含めて子供達まで寝ていた度胸には驚きました(^o^)

投稿: miki | 2007/11/22 21:18

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

おぉ!(・o・) mikiさんは「しりとり歌合戦」バージョンなんですね!!
上の「えんぴつ」のお題だったら「つ…」
♪津軽ぅ〜海ぃ〜峡ぉ 冬景ぇ〜色ぃ〜 とか?
それ、やりたい!(^o^)
(でも、ウチの場合知ってる歌がバラバラだから、答えられてもわからないかも)

>夫も含めて子供達まで寝ていた度胸には驚きました(^o^)
それだけmikiさんの運転は信用されてるんですね。
私は、自分が運転してる時も家内が運転してる時も、未だに手に汗を握ってるような。(笑)

投稿: nanbu | 2007/11/23 07:23

nanbuさん、こんばんは(^-^)v
今日は子供たちの学芸会でした。
2年に1度しかやらないので結構新鮮に観ることができるんですよ。
(6年生は最後なんだ)なんて思いながら観ているうと、感動してウルウルしちゃいます(ToT)
※ウチの子は6年生ではありません

nanbuさんは優しいですね~、車の中の空気を和やかにしようと思って「しりとり」をやる事もさることながら、息子さんの「かん」「めん」にもふてくされることなく…(笑)

>「…これ、面白ぇ〜!」

よかったですね、その後も「ん」しりとりは続いたのですか~?

投稿: ぽぱい | 2007/11/23 17:43

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

今日はお天気に恵まれてよかったですね♪
そういえばウチの子の学校でも、毎年作品の展示と学芸会とが交互に行われてました。
2年に1度ということは、小学生の間に3回だけってことだし。
小学校時代の2年間って成長が著しいから、きっと感激もひとしおだったでしょうね。(^o^)

はい。それが途中からは運転席の家内まで加わって。
最終的にはお題を出してる自分まで我先にと答えちゃってました。(^^;)>
遊ばせるつもりが結局自分で楽しんじゃうところが、私の包容力のなさだったり?
しかも、家に帰るまでやってたハズなのに・・・
覚えてたのは「かん」と「めん」だけだったっていうのがなんとも。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/11/23 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17136659

この記事へのトラックバック一覧です: 怪我の功名:

« ブルーナの緑 | トップページ | 追究の対象 »