« つかのま秋の寄せ植え | トップページ | 怪我の功名 »

2007/11/18

ブルーナの緑

Brunaehon2本棚の片隅にある小さな絵本。

今じゃ四隅が擦り切れて。
くたびれてしまったけれど。

ディック・ブルーナ作のミッフィーちゃん。
太くてシンプルな描線と、落ち着いた色使いに特徴がある。

幼い子供は、まだ色感が未発達。
微妙な色よりも、鮮やかな色の方が認知されやすいんだそうで。
子供向けの絵がカラフルなのは、そういった事が考慮されているらしい。

もちろん、ブルーナ氏の絵もカラフル。
でも、どこか穏やかな感じを受けるのは、その「緑色」の使い方にあると思う。

オレンジがかった赤に、青、黄色。
どれも鮮やかな色なのに、なぜか緑色だけはくすんだモスグリーン。
その渋い色合いが、シンプルな線と共に他の色を際立たせている。


「緑色」って、本当に難しい色だと思う。
黄緑、青緑、薄緑。
どれも好きな色だけれど、正直ど真ん中の緑はあまり好きになれない。

たとえば草原の小さな家の絵を描こうとする時。
やはりその周りには木立があった方がサマになる。庭には花もあしらいたい。
ところがそこに緑色を塗ろうとすると、なかなか思うような緑色が作れない。

絵の具のチューブから出したままの緑色は「ド緑」とでも言いたいような鮮やか色。
そのまま塗ってしまうと、その色だけ浮き上がってしまう。
だから他の色を混ぜたりして、なんとか周りの色と馴染ませようと苦労するんだけど。

たとえば山を切り崩した後に、グリーンのネットが被せられているのを見かける事がある。きっと痛々しい山肌を晒すよりは、という事なのだろう。
でもそんな思惑とは裏腹に、周囲の自然な緑の中でそこだけが浮き上がって見える。

「緑」イコール「自然」。
そんなイメージがあるくらいだから。
人工的な緑色は、むしろその無機質さを目立たせてしまうのかもしれない。


ところで、先のブルーナ氏はかなりの年輩でいらっしゃる。

描線のシンプルさと、独特な緑色の使い方。
それは、そこに辿り着くまでのキャリアの中で培われたものなのだろうか。
そこから醸し出される、穏やかさなのだろうか。

ふと、そんなことを思ってみたりする。


●上の写真の絵本は『ミッフィーと あそぼう』講談社
 ボロボロになってしまいましたが、本棚にありました。

|

« つかのま秋の寄せ植え | トップページ | 怪我の功名 »

コメント

久し振りの「色の雑記」ですね!
ブルーナさんのミッフィーちゃんは、保育科なんつーところにいた
短大時代に初めて出会いました。でもはっきりした色使いだな、
との印象は持っても背景の緑の意味など考えてみもしませんでした…
いま、nanbuさんの記事を拝見して確かに緑はくすんでいる!
と初めて気づいた次第です。
このくすんだ緑の背景が、ミッフィーちゃんたちを際立たせると
同時に落ち着き感を。確かに確かに。

絵の具の「緑」は、まさしく「ド緑」ですね(^^;)
あの緑色は本物の植物の緑の中では見られませんねぇ。
黄緑やら茶色やら黄色やら青やら黒やら…、とにかくいろんな色と
混ぜ合わせてやっと自然界の緑に少し近づきますが。
「ド緑」が自然の中にあったら、私たちは草木の緑からこんなふうには
安らぎや心の落ち着きは得られないような気がしますね。

はて、ブルーナさんがミッフィーちゃんを描き始めた初期の頃から
すでに背景の緑はくすんだ緑だったのでしょうか。それとも?

投稿: ポージィ | 2007/11/18 09:53

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

写真の絵本の青は結構鮮やかですけど。
関連サイトを見ると、青がもうちょっと落ち着いた色味だったり、黄色も少しオレンジがかってるみたいですね。
でもそれらの微妙な違いに比べ、このくすんだ「緑」は異彩を放ってますよね。
(・o・)

初期の頃からこの色だったのか。
私も気になって探してみたんですけど、それはわかりませんでした。(^^;)
ただ、欧米の人ってカーキ色に赤を組み合わせるのが上手だったりして、日本人の色感とはまたちょっと違うでしょう?
だからこの色調は、もともとご本人に備わってたものなのかもしれませんけど。

投稿: nanbu | 2007/11/18 11:29

子供がまだ赤ちゃんだった頃
お風呂でも読めるビニールの絵本が このミッフィーでした
もう今から25年以上も前です
そして今 うちのキッチンマットもミッフィー
つまり こんな歳になっても大好きなキャラクターです♪

ド緑?は私も苦手な色です
洋服の色に選ぼうとは思いませんから。。
確かに ブルーナ氏の緑は落ち着く緑ですね
言われてみて納得(^^)v

投稿: miki | 2007/11/18 21:59

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうでしたね♪
ミッフィーちゃんは、たしか以前mikiさんの記事でも拝見した覚えがあります。
でも、キッチンマットもミッフィーちゃんだとは知りませんでした。(・o・)
それだけ大人の鑑賞にも耐えうる色使いなんでしょうね。
(もちろん私も好きですよ〜)(^o^)

昔、黒板の色は文字通りの黒でしたけど。
小学校高学年の頃から「目に優しい」ということで、緑の黒板に替わっていきましたよね。(東京の方ではもっと早かったかもしれませんが)
でも、やっぱりそれも深みのある緑ですもんね。
大きな黒板がド緑だったらちょっと落ち着かないかも。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/11/19 07:39

ミッフィーは、オレが子どもの頃は「うさこちゃん」といっていたような気がするけど。改名したんだろうか。とにかく、私が子どもの頃すごーく好きで好きでたまらなかった絵本です。つい20年ほど前の話です(笑)。
メールいただいたのに返事しなくてすみましぇん。楽しみにしていますね!

投稿: yochy | 2007/11/20 03:01

 
yochyさん、コメントありがとうございます。(^^)

ウィキペディアによると、初出1963年の福音館書店刊行分は「うさこちゃん」で、後発の講談社刊行分やアニメが「ミッフィー」だとか。
「日本では1970年代頃の生まれを境に、どちらかの層に分かれるという見方もある」そうですよ。(笑)
(私はたっぷり大人になってから知ったのでミッフィーでした)
母国オランダでは「ナインチェ・ブラウス」という名前なんですって。(・o・)

お気遣いありがとうございます。あのメールは結果報告なので「便りがないのは良い便り」と受け止めてました。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/11/20 07:49

長く愛されるものにはわけがある、ということでしょうか。
そして、本にはいつのまにやら思い出も一緒になり、
本を読んでいた頃、読んであげたころの記憶までもが染みこんで。
ミッフィーちゃんは、そんな一冊なのでしょうね。

投稿: koko | 2007/11/20 12:53

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

コメントの一部を引用させていただこうかと思ったんですが。
全文を引用することになりそうなのでやめました。(^^;)
まさにおっしゃる通りです。
まるでひとつの完成された作品の様なコメントに感じ入りました。
きっとkokoさんにも、そんな本がたくさんあるんでしょうね。

投稿: nanbu | 2007/11/20 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17105543

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーナの緑:

« つかのま秋の寄せ植え | トップページ | 怪我の功名 »