« 怪我の功名 | トップページ | はかない糸電話 »

2007/11/24

追究の対象

11_08hime_kiku2「『何々のたいしょう』って場合、どれだっけ?」

ウチの子にそう聞かれた時、私は思わず身構えた。

日本語には同音異義語が多くて。
迂闊に答えると墓穴を掘ってしまうことになりかねないから。

そこで、「そうそう。『たいしょう』にも三つあるんだよね〜」
などと時間稼ぎをしながら、以前本で読んだことを必死で思い出そうとした。

そこには確か……
「オブジェクトが対象で、コントラストが対照。そしてシンメトリーが対称」
と書いてあったような。

なんて、私が本の受け売りをすると。
ウチの子は「なるほど〜」と納得した様子でこう言った。
「だったらコレは『対象』だね!」

(あ……そうなの?)

そうやって、からくもその場はしのいだものの。
もっと難しいのが「ついきゅう」トリオ。

責任の「追及」はいいとしても。
利潤の「追求」とか
真理の「追究」あたりになると、なんだかあいまい。

さらに、さらに。
安全の「保障」
品質の「保証」
損害の「補償」トリオは、かなりな高級難度なのではあるまいか。
      (トリノだったらレベル4?)

そして、もう私は覚えるのを放てきしているというか。
サジを投げてるのが、同訓異字の「はかる」

時間を「計る」
距離を「測る」
重さを「量る」
再起を「図る」
悪事を「謀る」
審議会に「諮る」……あぁ。

しかも、人の心を推し「量る」。「計り」しれない恩恵。
なんてのまであるんだから。
ちょっと泣きたい気分。


確かに漢字から受ける恩恵は「はかりしれない」。
けれど…。それより洗面所の「はかりしらない」?

|

« 怪我の功名 | トップページ | はかない糸電話 »

コメント

>洗面所の「はかりしらない」?

座布団 3枚!(^^)v

同音異義語って これでもかー!ってぐらいありますよね
日本人でも覚えきれないのに
外国人で日本語を勉強されてる人達は
どうやってインプットしていくんでしょうね
あっ 全部平仮名で覚えればいいか(^_^)

「つく」というのも厄介ですよね
ため息をつくが「吐く(つく)」だなんて
私には「はく」としか読めませんがぁ(^o^)

投稿: miki | 2007/11/25 23:03

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)
はい、座布団ねらってました。
(ウソです…あ、でもチョッピリ期待してたかも?)(^o^)

>ため息をつくが「吐く(つく)」だなんて
・・・(・o・) な、なんと…。そうだったんですか!
せめて送り仮名が違えば「あれ?」っとか思いますけど。
これ、普通に「はく」と読んじゃいますよねぇ。

でも、よく考えるとこれって大発見ですね!
くっ付く方に使われるだけじゃなくて、吐き出す方にもあるなんて。
「杖」が「突く」だとすると「頬杖を突いて溜息を吐(つ)く?」
…む、難しすぎますぅ〜。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/11/26 07:35

>洗面所の「はかりしらない」?
 に、私も座布団3枚! んでもって
>「頬杖を突いて溜息を吐(つ)く?」
 に座布団5枚!
(溜息を吐く←はく、って読んでました ^^;)

いやはや「たいしょう」も「はかる」も「つく」も
難しいことこの上なしですね。
漢字はパッと見て何となく意味がわかってしまうという
素晴らしいものだと常々思っているのですが、
こういう悩ましいのにあうと逃げ出したくなります。
逃げてひらがな表記に~ 

記事と関係のない漢字ですが、昨日たまたま夫との間で
「寿ぎ」は何と読むのかという会話から、
たとえ読めなくても、「寿」の漢字の意味もちゃんと言えなくても、
何となく意味がわかってしまうというのは、日本語のすごいところだ
なんて会話をしたばかりです(^^)
(それであのぉ~ 読むときの音は「ことほぎ」でしたっけ?
 それとも「ことおぎ」? 教えてください)

投稿: ポージィ | 2007/11/26 10:23

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)
(座布団たくさんもらっちゃって恐縮です)(笑)

「寿ぎ」、私は「ことほぎ」の読み方しか知りませんでした。(・o・)
「新春をことほいで」とか聞いたような気がするんですが…。
(もしかしたら「ほ」が「お」と言いやすく転訛したんでしょうか?)
●追記:「ことほぎ」→「ことおぎ」→「ことぶき」とか?

>こういう悩ましいのにあうと逃げ出したくなります。
…ですよね〜。
それで、今回はギャグで逃げることにしました。(^^;)
平仮名の方が自然な場合もありますよね。
そんな私は、「頬杖をついて溜息をつく」かもです。

>漢字はパッと見て何となく意味がわかってしまうという
なるほど!
視覚伝達の手段としてシンボルマークが優れているように。
象形文字から発展した漢字もまた、シンボルの役目を果してるのかもしれませんね。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/11/26 15:33

nanbuさん、こんばんは~。

>「オブジェクトが対象で、コントラストが対照。そしてシンメトリーが対称」

いや~、さすがnanbuさんです。
いくら“本の受け売り”といっても、それを覚えていること自体が素晴らしいですよ!
しかもぽぱいは、オブジェクトやコントラスト、シンメトリーの意味すら分からないし…

知っているのは芸能界の大将と、鷲のマークの大正だけ…
これじゃ子供にバカにされちゃいますね~(;^_^A

投稿: ぽぱい | 2007/11/27 21:54

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

本当はこういったプロセス無しに、ダイレクトにわかるのが一番いいんでしょうけれど。私は似たのがいっぱいあるとわかんなくなっちゃうので、こういう指針みたいのにすがってしまいます。(^^;)

>芸能界の大将…

「若大将=加山雄三?」と思っちゃったんですけど。
「欽ちゃん」がおられましたね。(^o^)
(実は私も、上のポージィさんのコメントの「たいしょう」を、最初「大将」と読んでしまいました。)

投稿: nanbu | 2007/11/28 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17169265

この記事へのトラックバック一覧です: 追究の対象:

« 怪我の功名 | トップページ | はかない糸電話 »