« 動く唇 | トップページ | ブルーナの緑 »

2007/11/15

つかのま秋の寄せ植え

11_08yoseue10月10日の 寄せ植えリサイクルからほぼひと月。

玄関用に作った寄せ植えも大きく育って。
まだ蕾だったヒメツルソバも小菊も花時を迎えました。

一方、とりあえず挿し木したままポットに植えっ放しだった他の株。こちらも、小さいままながらやはり花を咲かせて。
 
 
11_08sasikiとはいえ、もう11月になってしまったし。
そろそろコンテナを冬用に仕立て直す時期。

なにも今さらという気もするけれど。

サフィニア等の夏の花は、とうに盛りを過ぎてしまったし。
せっかく花を咲かせたのに、そのままというのも可哀想。

ということで、冬が来る前のほんのいっとき。
つかのまの秋の風情を、寄せ植えとして愛でることにしました。

●ヒメツルソバのコンテナ。サフィニアを小菊に替えて

11_08hime_safi11_08hime_kiku3
 
 
●夏のヒポエステスをヒメツルソバに

11_08hipo11_08table_hime2
 
 
●写真左/赤紫の小菊は一鉢にまとめて来年に期待することに
 写真右/ストロベリーポットのポッケットにも

11_08aka_kogiku 11_08pot

|

« 動く唇 | トップページ | ブルーナの緑 »

コメント

「つかのまの秋の風情」?わーい見せていただけてラッキー♪
冬バージョンまでのひとときの寄せ植えは、ヒメツルソバの
真っ赤な紅葉に白い小菊が映えて、まさに秋の風情の寄せ植えに
なりましたね。ちょっと渋めの和の風情。

それにしても、いつ拝見してもnanbuさんのお育てになる植物達は
生き生きとしていて綺麗で溜息が出ます。
私の場合、植えたら後は野となれ山となれで、あまりにかまわな
過ぎという話もありますが…(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/11/16 11:42

愛 ですね。
いえね、なんていうか、寄植えを拝見していて
愛を感じたんですよ。
植物に対する愛。
季節の移ろいに対する愛。
自覚がなくても、そこには「愛」が存在するんです。
わはは、何言ってるんでしょーね、私。
でも、そう感じるんです。
それにしてもヒメツルソバ。
私も欲しいです!これは多年草ですか?

投稿: koko | 2007/11/16 12:40

 
ポージィーさん、コメントありがとうございます。(^^)

いえ、それが菊もサフィニアも今年は上手く成長してくれなくて。(T_T)
(猛暑だったから。とか言い訳したりして)
それで放ったらかしてたんですけど。
せめてほんの短い間でも日の目を見せてあげようかと…。(^^;)

今日は午前中にウォーキングに行ったんですが、この秋一番の寒さだったような気がして。また冬が来るんだなぁと思いました。
秋って、ようやく暑さがしのぎやすくなる初秋から行楽の秋本番、そして晩秋へと、刻々と姿を変えるような気がするんですよね。
特に冬の足音が忍び寄ってくる今頃は、なんだか気持が急いちゃうんですけど。
今年は、ちょっと前向きに秋の風情を味わってみることにしました。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/11/16 15:31

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

去年ハンギングに植えたヒメツルソバがまた花を咲かせ出したので多年草だと思います。(ただ、霜に当たると地上部は枯れてしまうそうですが)
春もたくさん花が咲くんですけど。なぜか花屋さんに出回るのは秋だけなので、ゲットするのは今がチャンスだと思います。
ツルを土に挿しておけば簡単に根付くので、一株あると楽しめますよ。(^o^)
(こぼれ種でもドンドン殖えちゃうのが難と言えば難でしょうか?)

暖かいお言葉、ありがとうございます。(そんな立派なものじゃないんですが)
本当は「花屋さんにはもっと綺麗な花が安く売ってるんだけどなぁ」なんて思うんですけど。そうしないのは、やっぱり愛着があるからでしょうか。(^^;)

投稿: nanbu | 2007/11/16 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17042144

この記事へのトラックバック一覧です: つかのま秋の寄せ植え:

« 動く唇 | トップページ | ブルーナの緑 »