« 窓拭きの蹉跌 | トップページ | 年の終わりに'07 »

2007/12/28

冬至十日目

071206yuhi●リターン雑記その4

今年は12月21日が冬至。('04年)
と、言えば柚湯やカボチャを思い浮かべるけれど。
冬至と書いただけで寒くなるような気がしてしまう。

この日を境に昼の時間はどんどん長くなるのに。
それでも寒さは序の口で、あと一月後の大寒に向かってまだまだ寒くなっていく……。

車は急に止まれないというか、慣性の法則というか。
一旦寒さに向かってしまうと止められないということだろうか。


母が、よく「冬至十日目」と言っていた。
冬至を過ぎて十日もすれば、畳の目一目づつ伸びた日脚にも気がつくのだという。
今より暖房も整っていなかった昔の人は、そうやって春が来るのを待っていたのだろうか。

それよりもっと昔。

太古の人々は日に日に短くなっていく日照を、どんなに心細く感じていた事だろう。
このまま夜が長くなってしまうのでは。と、恐れたのではあるまいか。
暦など知らなければ、今度こそ暗闇に支配されてしまうかもしれないと……。
そこに祈りの気持が生まれたのかもしれない。

それだけに、少しづつでも昼が長くなっていく節目のこの日には、特別な想いが込められていたに違いない。クリスマスのお祝いも、そんな太陽復活の嬉しさを祝う冬至祭と合わさっていったという説にも頷ける。


例年コートが欲しくなる12月の気温は、コートを脱ぐ3月から4月初めの気温と同じだと聞いた事がある。
大寒を乗り切れば暖かく感じられる気候も、寒さに慣れていない身にはより寒さが沁みるらしい。

今から、来年の立春を心待ちしている私。
皆さまも風邪などひきませんように……。

'04年12月18日

1227buba
 
 
短日期にならないと花芽の出来ないブバルディア
開花の遅かった今年は
花瓶に生けて
室内で年を越してもらうことにしました

|

« 窓拭きの蹉跌 | トップページ | 年の終わりに'07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17501253

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至十日目:

« 窓拭きの蹉跌 | トップページ | 年の終わりに'07 »