« 夕暮れのモミの木 | トップページ | 冬至十日目 »

2007/12/25

窓拭きの蹉跌

Zentai小春日和と言うには遅いものの。

朝から穏やかで良いお天気だった昨日のイブ。
私には二つの選択肢が用意されていた。

ひとつは窓のガラス拭き。
そして、もうひとつは年賀状の仕上げ。
 
Dogu以前 大掃除その1でも書いたように。
私にとっての大掃除は、窓拭きをしないことには始まらない。
かたやプリントが済んだ年賀状も、後は宛名書きをするだけである。

しかしこの暖かさはどうだろう。
この日を逃したら、外に出てバケツの水で窓を掃除しようなんて気にはなれないかもしれない。
その時、私の中で何かがささやいた。

「……ネタになるかもしれない」

MaeWiperAtoそれで決まった。
テキパキと植木鉢を移動してスペースを確保。
ついでに落葉掃きをするのも苦にはならない。
(ワイパーみたいな)スクウィージーで、窓の水気を拭き取っていた時の私は、もはや「ルンルン」だったと言ってもいい。

外側の畳10枚分ほどを拭き終え、後はゆっくりと内側に取り掛かるだけだ。
雑巾でガラスの汚れを拭いた後、丸めた古新聞で磨きあげるのがいつものやり方。

ところが。

室内側のガラス磨きをしようとして古新聞がないことに気がついた。
しまった!今日はそれの回収日だったのだ。
なんで忘れちゃったんだろう。
家内が今朝、それを出しているのを見ていたハズなのに。

新聞紙がなくちゃどうにもならない。
慌てて1階まで降りてみると。
そこにはもうすでに、トイレットペーパーに姿を変えたものがポツンと1個、寂しそうに置かれているだけだった。

あぁ……。

私の努力は、どうしてこういつも空回りするのだろう。
そりゃモチロン、迂闊な自分が悪いんだけれど。
間が悪いと言うのかなんなのか。
なにもヤル気を起こしたその日が、古新聞の回収日に当たらなくてもイイではないか。
これはもう、何かにそそのかされているとしか思えない。


そういえば。
野心の奔流に突き動かされ、結果若者が挫折したのは「青春の蹉跌」。
何かに翻弄されて突き進み、挙げ句コケたのは私の「窓拭きの蹉跌」。

その残酷なまでに鮮明な違いが突き付ける、自らの矮小さに打ちのめされた私なのでありました。
トホホ。
(結局、年賀状に切手を貼り終えたのは夜だったしぃ〜)

|

« 夕暮れのモミの木 | トップページ | 冬至十日目 »

コメント

そうでしたね!大掃除でnanbuさんは毎年窓ガラスをピカピカに
なさるんでした。今年も外側終了~!お疲れさまでした。
でも昨日って暖かかったですか?あぁ気温は確かに今日よりずっと。
こちらは北風が強くて、気温のわりに暖かさを感じられませんでした。
新聞紙がなくて仕上げが持ち越しになられたということですが、
寒い思いをしてやらなきゃいけない外が終わった、というのは
気分的にだいぶ楽に感じられるのではないですか?

私は今日はまた病院で半日潰れたし、そうなるともう何もする気が
起きませぬ~ 年賀状の仕上げも手付かず。はぁ年末は嫌い…

投稿: ポージィ | 2007/12/25 15:36

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

最小の手間で最高の効果を…と考えると窓拭きになっちゃうんですよね。(^^;)
そういえば、掃いてた落葉が風で飛ばされましたけど。
ウチの方はそれほど強くはなかったようで助かりました。
ポージィさんは病院でしたか!大変でしたね。
(私はそっちの方をサボってました)(・o・)
うんうん。そうなると何もする気になれませんよね。
今日はまた、一転してドンヨリとした寒い日で。
私も凍えてしまって、今日は何もする気になれませんです。(T_T)
昨日はあんまりガッカリして。書くだけ書いて溜飲を下ろしましたが
やっぱり外側だけでもやれて良かったんだと今になると思います。

投稿: nanbu | 2007/12/25 18:06

nanbuさん、こんばんは~。
昨日のイブ…
子供たちが興奮して中々眠らないので、サンタさんは行動できずに困り果てていました~。
あ~今日は眠い…(*_*)


>ポツンと1個、寂しそうに置かれているだけだった…

(^0^)アハハ~、情景が目に浮かびますよ(笑)
人間味溢れる行動がリアルに描写されていて、nanbuさんの好感度がまたまたUPしましたよ~(^_-)-☆

投稿: ぽぱい | 2007/12/25 22:24

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)
一日遅れになってしまいましたが
メリー・クリスマス♪

サンタさん、お疲れ様でした。
翌朝起きた時のお子さん達の喜び様は、さぞやだったでしょうね。
そしてその笑顔は「喜ぶ顔が見たい」と頑張ったぽぱいサンタさんにとっては、なによりのクリスマスプレゼントですよね。(いいなぁ…)(^o^)

はい。ぽつんと置かれたトイレットペーパーが、あんなに寂しそうに見えたのは初めてでした。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/12/26 10:37

はい(・_・)/
年賀状は25日に投函しましたです
(ただし 私関係のだけ)

nanbuさんは窓拭き担当重役なんですね
うちのダンナはカビキラー担当重役に任命しています(^^)
数年前までは 大掃除となったら
1日かけて一気にしないと気が済まなかったのに
今は気が向いた時に少しずつしかできなくなってしまいました(T_T)
広島は暖かいのは今日までらしいので
残ってた娘の部屋の窓拭きとカーテンの洗濯を
仕事から帰ってからやりました
でも 手抜きもいいとこでnanbuさんみたいに綺麗にはできないです(^_^)

投稿: miki | 2007/12/27 22:13

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)
年賀状の投函、同じ日だったんですね。
(ただし、家内は前の日にサッサと自分のだけ)(T_T)

おぉ!ご主人は水周り担当重役なんでしょうか!!
テレビのCMでも、たいてい二枚目の男優さんがするんですよね。

>今は気が向いた時に少しずつしかできなくなってしまいました(T_T)
私も同じですよ〜。
自分が信用出来ないから、早めに、イヤにならない程度に、チョコチョコと。
とうとう今年は、窓拭きまで二分割になってしまいました。
(あれからやる気無くなっちゃって。内側はまだですぅ)(^^;)
お嬢さんの部屋の窓拭きとカーテンの洗濯お疲れ様でした。
光と反射と透明度が変わると、俄然新鮮な雰囲気になりますよね。
私も、他の場所の手を抜くためにそれに固執してます。
(光という点では、照明器具の掃除も効きますよね!)

投稿: nanbu | 2007/12/28 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17472491

この記事へのトラックバック一覧です: 窓拭きの蹉跌:

« 夕暮れのモミの木 | トップページ | 冬至十日目 »