« あれから一年経ちました | トップページ | 夕暮れのモミの木 »

2007/12/19

ハイリスク・ハイリターン

12_18madobe_naka●リターン雑記その3

貯蓄とか株式とか、資産活用でよく使われるこの言葉。
もうけが大きいものほど、危険を伴う。
ことわざだと「虎穴に入らずんば虎兒を得ず」ってところだろうか。

けれど若い頃、私は正反対の考え方をしていた。

「リスクがあるくらいなら、良い事なんて無くてイイや」
ただ日々を送るだけでも精一杯なのに、これ以上イヤな目に遭うくらいなら、退屈な方がまだマシだと。

マイナスがあるくらいなら、プラスなんていらない。
プラス・マイナス・ゼロ。
心穏やかに、やり過ごせる事だけを願っていた。


それがいつからか、「楽しむためなら、多少のリスクはしょうがないのかな?」
なんて考えられるようになった。
「楽しいと思う事が、イヤな事を乗り越えるエネルギーになるのかも」
そんな風にも思えるようになった。

日がな一日、凪いだ海を眺めるだけの毎日。
岬の向うに打ち寄せる波を、横目で見ている事に嫌気がさしたのだろうか。

いや、そんな平穏無事なだけの日々なんて、ある訳もなく……。

「何もしなくてもイヤな事が訪れるのなら、せめて楽しい事は楽しまなくちゃ」
と、開き直ったのかもしれない。

とはいえ、今でもリスクに二の足を踏む事は多々あって。
せいぜい砂浜に打ち寄せる波と戯れている程度だけれど。


……それでも、自分にとっては結構エキサイティング。
(穏やかに見えても、高波は不意にやって来るものだしネ。)

これくらいが、「身のほど」なのかもしれない。

'05年9月11日

|

« あれから一年経ちました | トップページ | 夕暮れのモミの木 »

コメント

ハイリスク・ハイリターン 二の足三の足四の足踏んでしまう方です。
といっても、私のハイリスクなんて、nanbuさんのそれよりもっともっと
小さな小波程度のものなのですけれど。
かと思うと、突如なんっにも考えずにどっかーんと行動に出ることもあって、
その姿は猪突猛進いや盲進というか、ハイリスクどころか討ち死に状態
ということも。二重人格なのかもしれません(^^;)
自分がハイリスクを敬遠するのは、「機を見るに敏」ということに関して
まるで自信がもてない、単に臆病、などなどの理由がありそうです。
けれどnanbuさんの仰るとおりですね。
何もしないでいても、穏かに見えた海から突然の大波が打ち寄せることも
あるわけで、ならばちっぽけなリスクをチマチマ考えるより
思い切って踏み出してみるべきなのだろう、その方が楽しい人生を
送れそうだと、そんなふうに思います。
 
日本語しか喋れないけど、どこかあったかい所へ海外移住でもするかぁ~~

投稿: ポージィ | 2007/12/19 09:45

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

いえいえ、私も五の足も六の足も踏む方です。
そしてさざ波程度でもアップアップしちゃって…困ったものです。(^^;)
(「期を見るに敏」私なんか、全てが終わってからいつも「そういうことだったんですか」と自分の過ちに気づいてます)
今回はアップ出来る記事がなくて、過去記事でお茶を濁させていただきましたが。
そんな自分に対しての独り言というか、言い聞かせとしてアップしてみました。

「討ち死に状態」のフレーズ、イイですね!(私的にケッコウ好きです♪)
以前もコメントさせていただいたことがありますけど。何事にも正面からガップリ四つに対峙するポージィさんの方が、ずっと凛々しいと思っているんですよ。

さっき銀行まで自転車で行ってきたんですが、今日はまたメチャクチャ寒いですね。(手袋をしてても手がかじかんで)
ホント、どこかあったかい場所へ避難したくなります。(T_T)

投稿: nanbu | 2007/12/19 11:29

こんにちは。
ポージィさんのコメントを拝見して、
「私と似てる~」って思っちゃいました。
考えて考えて考えて、悩んで悩んで悩んで、
そして「こうだ」と思ったら何が何でもやっちゃう^^。
リスクとは違いますが、困難は乗り越えないと解決しないのだ、ということと、
乗り越えたときの喜び&自分の成長を感じられることから
割と困難に飛び込んでいくことが多くなりました。
逃げてたら追いかけられるだけ、ということと
いつやってくるか知れない大波を乗り越えるチカラを身につけておきたい
っていうのが自分の中にあるんですよね。

リスクをおかしても・・・と思えるようになるというのは、
リスクを回避or乗り越えられる力がついてきた、っていうことでしょうか。
そう思えるようになったのも、歳を重ねたからこそ・・・かな^^。

投稿: koko | 2007/12/19 12:35

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

この前そちらで「寒い季節に元気に咲く花が多い」といった主旨のコメントをいただきましたよね。
その時、「あぁ、そうなのか…」と目から鱗が落ちるような気がしました。
ムスカリは寒さに当たらないと花が咲かなかったり。
綺麗な花を咲かせるには、寒さを必要とするのかもしれませんね。
そして寒い季節だからこそ生き生きとしている花もあるんですよね。(^^)
今回の「いつやってくるか知れない大波を乗り越えるチカラを身につけておきたい」という考えにも深く感じ入りました。

乗り越えられる力がついたとはとても思えませんが。
歳を重ねると、傷つくことと恥をかくことには慣れるのかもしれません。(^^;)
(「お肌が角質化して面の皮が厚くなる」なんて言わないでくださいね)

投稿: nanbu | 2007/12/19 16:52

かかとの角質化は どうにかならないもんか(-_-)
とお風呂上りにクリーム塗ってるmikiです(^o^)

今日は仕事が休みでして 前から職場の友達から
何か 話がある とかでランチの約束をしてました
でもこの時期 気になるのは大掃除・・・
心置きなく出かける為に 朝からキッチンのレンジ周りをやりました
これって意味が違うですか?(^_^;

人生プラマイ0だからこそ しんどい時には頑張って前を向き
そしたらきっと楽しいことがやってくる
そう信じていこうと思ってます
だけど友人のお坊さんに言われました
「人生 良いことの方が多いんやで、、」と
もしかしたら気付かずに過ごしてるのかもしれませんね(^_^) 

投稿: miki | 2007/12/19 20:48

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)
この頃腰のあたりが角質化しちゃって、お風呂上がりにオロナインを塗ってみたnanbuです。(^o^)

おぉ!mikiさんはお友達とのランチを楽しみに、大掃除に取組まれたんですね!!
私もそうやって「楽しいと思う事」を「乗り越えるエネルギー」に変換したいと思います。

そうそう。
mikiさんのブログのキャッチコピーは「人生プラマイ0」でしたよね。
この記事は、そちらに伺うようになるちょっと前のものなんですけど。
それを見た時、皆同じなんだなぁ…とストレートに胸に響きました。
イヤなことにばかり目が向いてしまうだけで、良いことには慣れてしまうんでしょうか。お友達のお坊さんの言葉に、そっと諭された気がします。

投稿: nanbu | 2007/12/20 10:25

nanbuさん、こんばんは~。
ぽぱいは「石橋を叩いて渡る人」が安全に渡りきった事を確認してから渡るタイプ。
ですから、ハイリスクとは無縁の生活をしているはずなのですが…

女房から「はい、クスリ」「ハイ、薬」と言われおります…(;^_^A

そういえば「戸籍に入らずんば孤児となる」という“ことわざ”があるとか無いとか…(笑)

投稿: | 2007/12/20 21:36

 まずは、ぽぱいさんにツッコミ
それは、「ハイ、薬」で『ハイリスク』とチャウヤン!┐(´д`)┌ヤレヤレ

ローリスク、ハイリターンを誰しも夢見るのですが、実際ハイリスク・ローリターンな人生・生活を過ごしているのではないでしょうか・・・。もしくはノーリスク・ノーリターンな安全ではあるけれども、得ることもない、とか。

 人間、欲が深いので、一度味をシメたらもっと!と思いがちなんではないですか?今より美味しいもの(食べ物・お酒)、より魅力的なもの(金・車・宝飾・素敵な♀♂)、気持ちが良いもの(快適な生活)etc。
 一度良いと思ったものを得ても、次にはより良いもの、魅力的なものを求め、以前と同じものでは、満足しないで不満すら抱いてしまう・・・現状維持ではマイナス成長と評価されてしまう経済と同じですね。
 
 なので、mikiさんのご友人のお坊さんの言葉も判るような気がします。良い事があってもそれに気が付かずに、悪いことには敏感に反応してしまう。生きている、それ自体幸せなことなのに、より良い生活を求めて、不満を持つ。そんな必要は無いんだよ、ということなんでは?

 と何だかエラそうな事を述べてしまいましたね。
 より良い生活を求める方々へ。
 今日が、年末ジャンボ宝くじの販売最終日ですよ~、お早めに、忘れずに( ゜д゜)ハッ!

投稿: coldgin | 2007/12/21 07:28

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

そういえば、先日も「石橋を叩いて渡る」タイプだとおっしゃってましたよね。
私は最後に渡ろうとして、経年劣化で橋が落ちるタイミングに当たるタイプです。
(なにしろ運の悪さにだけは自信があるので)(笑)

・・・(・o・)
ハイ、クスリ。ハイクスリ。ハイリスク。
・・・参りました、師匠と呼ばせてくださいませ。m(__)m
わずか二行に、二つもギャグを考えてくださって嬉しいです。
凝縮された行間に、ぽぱいさんの緻密で暖かな人柄を感じました。(^^)

投稿: nanbu | 2007/12/21 09:13

 
coldginさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうですね。実際にはハイリスク・ローリターンなんですよね。
たとえば家にいるだけだとしても、無遠慮な勧誘の電話にウンザリすることはあるし。わきまえた行動をしていなければ、ご近所との軋轢は必至ですもん。
それを避けるためには、無人島での一人暮らししかないワケですが。
それでも台風はやってくるし。苦労して作ったヤシの葉の住処を一瞬で失ってしまうかもしれない。
そう考えると、リスクのない生活なんて空想でしかないんですよね。
以前のコストパフォーマンスにもなるほどと唸りましたが、現状の維持を経済のマイナス成長に比喩するところがginさんらしい視点だと思いました。(^^)

投稿: nanbu | 2007/12/21 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17410410

この記事へのトラックバック一覧です: ハイリスク・ハイリターン:

« あれから一年経ちました | トップページ | 夕暮れのモミの木 »