« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/30

バタークリームの時代

Coffee_cupある日のコーヒータイム。
そこには、家内がスーパーで買ってきたロールケーキのようなものが添えられていた。

ちょっと小さめなそれはモチモチっとした食感で、濃厚なクリームもなかなかに美味しい。


しかし、しばらくすると家内がボヤき始めた。
「……あんまり、美味しくな〜い」

なんでも、そのスポンジが気に入らないようだ。
「なんかこう……。エアリーじゃないのよ!」

なんと。「エアリー」ですか!!(・o・)

まぁ、言われてみれば確かに。
フワフワの空気感がスポンジケーキの魅力だとすれば。
それを極めたのがシフォンケーキのような気がするし。
目の前のコレは、その対極にあるのかもしれない。

でも、このモッチリ感も捨てがたいんだけどなぁ……。

などと私が未練がましく思っていると。
今度はそのクリームにも文句をつけ始めた。
「なんか、昔の『バタークリーム』みたい」

うおぉぉぉ・・・。

今度は「バタークリーム」ですか!!!
その瞬間、私は懐かしさのあまりのけぞりそうになってしまった。


……生クリームになんてお目にかかれなかった子供の頃。
クリスマスケーキと言えばバタークリームだった。
(上に「仁丹」みたいな銀色の飾りがまぶしてあったりして)

それはその昔、近所にあった「にかい屋」のショーケースの中にも鎮座ましましていたものだ。
ただのガラスの陳列棚に並べるには、バタークリームが必然だったのだろう。
(「名糖アイスクリーム」と書かれた、小さな冷凍庫は店頭にあったけど)
「保形性に優れているため、常温保存をするお菓子に使われることが多い」というのも頷ける。

当時はそれでも満ち足りていたけれど。
やはり初めて生クリームを食した時の感動は忘れられない。

「世の中にこんなに美味しいものがあったなんて!」


昔懐かしいコッテリとしたあの「バタークリーム」。
ある意味それは、あの時代の象徴と言っていいのではないだろうか。

その時私は、口の中に広がる濃厚なクリームの味わいと共に、確かに「あの時代」を噛み締めていたはずである。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008/01/27

大発見

Kao1なんて言うと笑われてしまいそうだけれど。
自分にとっては、やっぱり重大なことを発見しました。

それは、このブログのレイアウト。
常々写真の横に文字が周り込んでしまうことに手を焼いていたもんだから。
←(こんな感じで)


画像を大きくすると、その分横に周り込んだ一行の文字数が少なくなって。
(3、4文字くらいじゃかえって読みにくいし)
小さいサイズにしたり、逆に写真を左右ギリギリまで大きくしたりと。
文字が横に入り込まないように苦労していたのです。
(文章が写真の下から始まっている、他の方のブログが羨ましゅうございました)

そもそもインターネットで表示されるページは、「html」(一番上にあるメニューバーの「表示」から「ソース」を選択して開いた画面に表示されるアルファベットや記号群)なるもので構成されている(らしい)。

私も一応HPをしているけれど。
別にこの「html」の知識があるワケじゃないのです。
(はい、HPを作成するソフトにやってもらってます)
だから、どうやってブログの文字を写真の下に持ってくるのか。
やり方がサッパリ分からなくて、困っておりました。


そんなある日。
記事を作成していたら、テキストボックスに画像を挿入した時に表示される「html」の中に、気になる文字を見つけました。
それがこの↓
「style="float: left;」(写真を左に寄せる場合)

「float(フロート)」って言ったら、プールなんかに浮かべて遊ぶやつでしょう?
ということは、文字を浮かせて周り込ませるって意味なんだろうか。
っと、思い至ったのであります。

だったら、これを無くせば文字が沈んでくれるかもしれない。

そこで試しに、この「float: 」の部分を削除してみました。
すると……やっぱり。

Kao2←(こんな感じで)
文字が画像の下の方に沈んでくれました。
それでも、文章は画像の右下から始まるけれど。
でもそれは1行改行すれば済むことだから問題は無いし。

コレで私も、晴れてお仲間入りができるというものでございます。

しかし……それに気がつくまで3年もかかったなんて。
素直に喜んでいいものなのでしょうか。(-_-)


●とはいえ、それは自分のブラウザでの見え方にすぎないし。もしレイアウトが崩れていたり、もっと簡単な方法がありましたら教えていただけると嬉しいです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/01/24

ギリギリセーフ

080122yuki2月曜日の雪の予報は外れたけれど。
水曜日の今回は大当たり。

明け方6時過ぎに降り出した雪は、その後も降り続いている。


ウチの子を車で駅に送るのが朝の日課とはいえ。
雪が積もっちゃったらそれも出来ないし。

イザとなったら歩いてってもらおうと、いつもより30分早く4時半に起きました。

前回も同じ時間に起きたけれど、結局降らずに肩透かし。
今回も起きた時には雨さえ降ってなかったのに。

出掛ける支度をしていたら、とうとう降り出してしまった。

きのうの夜の続きの朝まだき。
真っ暗な中、車をスタートさせると。
舞い降りる雪だけがヘッドライトに浮かび上がる。

私の額にも冷や汗が……浮かび上がらなかったのはあまりにも寒かったせい?

とはいえ、その時まではそれほど激しい降りじゃなかったのが救い。
帰宅した後から、勢いを増して雪は降りしきり。
気がつけば、窓からの眺めはすっかり雪景色。

どうやらギリギリセーフだったらしい。


よく考えてみれば。
いつも、あーだこーだと身の不運を嘆いている私だけれど。
それも、こんな時のための貯金なのだろうか。なんて思ってみたり。

……でもぉ。

さらによく考えてみれば。
私がラッキーだったんじゃなくて。
ウチの子にとって都合が良かっただけのような気もするんだけれど。

ま、それは深く考えないことにいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/01/21

タ・イ・ツ

Fuyukodati今日は大寒。
ということで、今回は●リターン雑記その6を。


日々の暮しの中で、ちょっとした敗北感を味わう時がある。

たとえば「サザエさん」のジャンケンとか。
(分かりやす過ぎ?)

そうじゃなくても、気取って町中を歩いてる時なんか。
ふいに差し出されたポケットティッシュを、思わずもらっちゃった時とか。

いや、受け取らないと決めてるワケじゃないんだけど(むしろ欲しい)。
ただ、たまに気合いを入れてる時とかだと、ティッシュごときに心を動かされた自分がクヤシくなる。(「今は会いたくなかった」みたいな?)

もちろん、ティッシュが残り少なくなって「ラッキ〜♪」と思ってたら。
タイミングが合わずにもらいそこなった。
なんてことにでもなろうものなら。その時の敗北感はもっとヘヴィ。
(どっちみち、ティッシュを前にすると平常心ではいられなくなるみたい)


でも、そんなのはまだ軽い方。
実は、一年に一度、決定的な敗北感を味わう時がある。

……そ、それは。タイツを履く時。

女性の場合、いくら生足がはやってても、寒くなればストッキングをお履きになるだろうし。
もっと寒くなれば、それが厚地のタイツになるのでは。
だから、案外抵抗を感じないのかもしれない。
(家内など、「寒かったら履けばいいじゃない」の一言だし)

しかし男の場合、普段履きなれてない分、抵抗が大きい。

外から見れば、履いてるのなんか分からないし。
寒がりの私は、若い時からタイツを履かずに済んだ冬なんてないんだから。

だから、こだわる必要なんてないハズなのに……。

なにか、それまでかろうじて踏ん張っていたものが、足元から崩れてしまうような。
たより、よすがとしていた矜持のようなもの。
それを手放してしまう寂しさを感じる。


……とかなんとか言いながら。

やはりタイツの誘惑には抗えない。
この冬も、暮にとうとう敗北宣言。28日が解禁日となりました。
(今シーズンはもっと早かったでっす)

ふぅ……。
諦めてしまえば心も穏やか。

その、包まれるような温もりに、春を待つ間しばし羽を休めます。

'06年1月7日

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/01/18

アイロンプリント

で先日新年会が開かれた「にこけん」のTシャツを試作してみました。
アイロンプリントなるものは知っていたものの、実際にしてみるのは初めて。
そこで今回はその舞台裏を。

まずは出来上がった原稿を、専用の用紙へ印刷。
プリンタの設定を「アイロンプリントペーパー」にすると、左右反転してプリントされました。
印刷後に注意書きを読んでみると。
なんと「長時間放置すると転写性が悪くなるので、その日の内がお勧め」だそう。
それから慌てて準備開始。(説明書は最後まで読むものですね)
 
1genko_kiriotosi2ita3sinbunsi
刷り上がりの画像から5mmほど余白をとって、周囲をカットしました。
なんでも家庭用のアイロン台は柔らかすぎるとかで。
体重をかけても大丈夫な強度のある、熱の影響を受けない台が必要とのこと。
そこで、テーブルに板を敷きました。(床の上に板を敷いて作業するのもいいかも)
その上に、密着性を良くするためのクッションとして新聞紙を15枚ほど。
 
4sirokami5ura6iron
さらに新聞紙のインクで汚れないよう、白い紙を重ねて。
準備が整ったら、シャツの上にペーパーを置いていよいよ開始。
熱したアイロンで軽く仮転写した後、本転写します。
ちなみに、写真はあくまでもイメージ。実際にはもっと体重をかけて押し付けます。
 
7kamihagasi8tensyaDekiagaris
2分ほどして熱が冷めたら、ゆっくりペーパーを剥がして。
無事出来上がりました。

※アイロンを使う作業なので、実際になさる場合は説明書をよく読んで、くれぐれもご注意ください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/01/15

にこけん新年会

Sitakaraが東京タワーで開かれました。

幹事のぽぱいさんによると「平成も20年となり、東京タワーは今年で50才を迎えます。奇しくも“にこけん”メンバーである“スリーオヤヂーズ (昭和33年生まれで3人の子持ちの3人組)”と東京タワー(333m)は同級生なのです」とのこと。

そういえば、子供の頃行った時はタワーのふもとから見上げただけだったし。
小学校の遠足でもそれは同じで。
ウチの子が小学生の時、初めて登って以来の展望台。

エレベーターに乗るのに少々手間取ったものの、無事辿り着けました。
先に到着していたぽぱいさんと合流した後は、楽笑さん、グルメッチーさん、coldginさんが次々と到着。
しばし展望台からの眺めを楽しんだのでした。
 
AsimotoRainbowyokoTyusyokuPitanMabo
 
東京タワーに名残りを惜しみつつ、向かったのは浜松町。
駅に程近い「周之家」で、ピータンが載ったお豆腐や麻婆豆腐、餃子の昼食に舌鼓。
 
KaraokeAjinofue3食後、2時間ほどのカラオケの後、今回初参加の元坊さんとの待ち合わせ場所、御徒町へと向かったのでした。
 
初対面のご挨拶の後は「味の笛」でお話も盛り上がり。
(セルフサービスで私がチョイスしたのは厚揚げ豆腐。美味しかったです)

楽しい時間は瞬く間に過ぎていったのでした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/01/12

Mac Proを買いました

Mac_proと言っても家内が、だけれど。

今まで使っていたのは、私と同じ“OS 9.2”。
(いわゆるMacのクラシック環境ですね)

ちょっとウェブを覗いても分かるように。
たま〜にMac用があったと思っても、それは“OS X(テン)”用だったりして。
もう“OS 9.2”は、世の中に存在しないことになってるらしい。(くやしい)

そこで、外堀を埋められた家内がとうとう決断を下したというワケ。


買うものは決ってるし、一人でヨドバシまで行く気だったようだけど。
システムのことに無知なのは私と同じ。
そこで、私も一緒に着いていくことにした。
(ゼロ足すゼロはゼロだけど。ま、気持だけね)

さて、いざ到着してみると。
売り場にあったのは、バージョンが“10.5”という最新機種。
お値段も、目論んでいた“10.4”より3万円ほどお高い。

「また新しいのが出ちゃったんですか!」と思い後ろを振り向くと。
なんと“10.4”が在庫品限りで、通常より3、4万円ほど安くなっている。

……おぉ!

差し引き6、7万円の差は、あまりにも大きい。
しかも、その日に最新機種が入荷して、今日から値下がりしたと言うではないか。
(昨日来た人は以前の値段だったんですって)
当然、在庫品が無くなったら、値上がりした最新のを買うしかないし。

なんという幸運だろう。


実は前日、水周りの大掃除をするか、ヨドバシに行くかで迷っていた家内。
結局、掃除をすることにしたようだけれど。
その洗濯、じゃなくて選択が、こんな幸運を引き当てるなんて。

……うらやましい。

私だって、暮に一大決心して窓拭きしたのに。
その時、よりによって古新聞の回収日に当たっちゃったのもこの私。

その歴然とした違いはなんなのだろう。

Mac Proを買うお金もない私は、ついそんなことを考えてしまう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/01/09

諦観の中にあったもの

koisi1●リターン雑記その5

ある時、「透徹」という言葉が頭に浮かんだ。

「透」の澄み渡った感じと、「徹」の字から受ける一途さと強さ。
そのイメージから、なんとなく気に入っている言葉。

すべてを見通しているんだけれど、「冷徹」とは違った穏やかな印象を受ける。

もちろん、そうなったら@nifty辞書で調べなくっちゃ。
……すると。

【透徹】
(1)すきとおっていること。澄みきっていること。また、そのさま。
「—した空気」
(2)筋が明確にとおっていること。一貫していること。また、そのさま。
「—した論理」「—した洞察力」

……あれ?
澄んではいるけれど、べつに「見通した」という意味はないみたい。
そこで、自分としては同じ穏やかさを感じている「諦観」で調べてみた。

【諦観】
(1)全体を見通して、事の本質を見きわめること。 「時代を—する」
(2)悟りあきらめること。超然とした態度をとること。

おぉ……。
「諦」の字はあっても、決してネガティブな意味だけではないようだ。
しかも、自分が抱いていた「透徹」のイメージをも含んでいるではないか。

私が思っていた「透徹」は、「諦観」の中にあるのだろうか。


なにか、長い時を経て辿り着いたような。
漂泊の中で色が褪せ、透明になったような。

渓谷から崩れ落ちた岩が流され、山裾まで運ばれる。
そして、野を流れる川岸で、静かに丸くうずくまっているような。
そんな穏やかさ。

やがてそれが河口まで運ばれた時、いつしか小さな砂粒となって混じりあう。
もう、その時にはどの砂がどの岩のものだったかなんて分からない。
分かる必要もない。

でも、その一粒一粒には、しっかりと刻まれたものがある。
そんな、透き通った穏やかさ。

あとはただ、打ち寄せる波に洗われるだけ。
ゆっくりと堆積し、「時代」というひとつの地層になっていくまで。


……な〜んて思えれば苦労はないんだけど。
未だに角の取れないこの私。
アッチコッチがぶつかって・・・痛いわぁ。

'06年2月23日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/06

おせち作り

Osetitopm
考えてみれば、日常の身辺雑記として暮はネタの宝庫。
ということで、今回はおせち作りの現場に突撃取材を敢行いたしました。
 
Kuromame28KiniuragosiKimi
 
まずは28日に黒豆を水に浸けておくことから。
一夜明けた翌29日から本格的にスタートしたのでした。
黒豆を火にかけたら、錦糸卵の製作へ。ゆで卵の黄身を裏ごしします。
固い白身はフードプロセッサですることにしてからは、大幅な時間短縮に成功。
白身と黄身を型に入れ、蒸したら出来上がり。
 
KiriwakeKuromamekanseNamasu
 
そうこうするうちに、黒豆もふっくら煮上がって。
冷蔵庫を開けてみると、なんと三色なますが。
そうやって、この日は昼までに三品完成。
その後、夕方からは中学時代の忘年会へお出かけ。(いってらっしゃいませ)

MitorofuNikudango1Nikudango2
 
結局帰りは午前様になった模様ですが、30日も朝からミートローフ作り。
作業台の上では、団子に丸めた鶏挽肉を油で揚げた後、甘辛のタレを絡ませて。
ハイ、肉団子。
 
Nikudango4_2KonbumakiDatemaki
 
数年前、味を付けるだけで出来ちゃう昆布巻きの乾物を見つけてからは。
浮いた時間に白身魚のすり身の代わりにハンペンをミキサーにかけて作る伊達巻きがプラス。(できたては卵焼きなのに、冷めるとチャンと伊達巻きの味になるのが不思議)
以上、この日も午前中に四品完成。
 
Tikuzenni_2Umebana_2Kinuume_2

さて、最終日の大晦日は、三の重の煮物作り。
以前は里芋やタケノコ等、別々に作っていたけれど。
それを筑前煮にしてゴマかす、という荒技を開発してからは、これまた大幅に時間を短縮。(飾りのきぬさやと梅花にんじんをあしらうと、ケッコウ華やか)

ということで、三日間で都合八品。
それに市販のかまぼことテリーヌ、スモークサーモンを加えて。
無事完成いたしました。
 
Osetizum

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/01/03

年の始めに'08

08kadomatuあけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


毎年、暮の買い出しは28日。
おせち用の食材を買うついでに、門松やウラジロの輪飾り等、お正月のお飾りを買ってくる。

松は門扉に付けて、輪飾りは水周りの水道に。

といっても、ワラで出来た輪を通せるのは洗濯機につながってる蛇口くらい。
台所のは混合水栓で通せないし、お風呂の蛇口に付けちゃうとビショビショになっちゃうから。
それは蛇口に当てて(清めたつもりで)、その後壁やシャワーの金具に。

Yokusituwakazari
それもこれも、実家で父がしていたことの真似をして、なんとなく毎年しているお正月の準備。
(神棚はないので、しめ縄はなし)

同じことを繰り返して、もう四半世紀。
そして、その数だけ歳を重ねて。
考えてみれば、実家で過ごしたのと同じ時間が過ぎてしまった。


ちょっと厳かな気分になるその準備は、ささやかな自分の年中行事。

今まで、それはお正月気分を味わうためにしているつもりだったけれど。
もしかしたらそれは。
自分にとって、またひとつ歳を重ねることへの、厳かな準備でもあるのかもしれない。

08osonaeなんて。そんなふうに思うようになった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »