« 年の始めに'08 | トップページ | 諦観の中にあったもの »

2008/01/06

おせち作り

Osetitopm
考えてみれば、日常の身辺雑記として暮はネタの宝庫。
ということで、今回はおせち作りの現場に突撃取材を敢行いたしました。
 
Kuromame28KiniuragosiKimi
 
まずは28日に黒豆を水に浸けておくことから。
一夜明けた翌29日から本格的にスタートしたのでした。
黒豆を火にかけたら、錦糸卵の製作へ。ゆで卵の黄身を裏ごしします。
固い白身はフードプロセッサですることにしてからは、大幅な時間短縮に成功。
白身と黄身を型に入れ、蒸したら出来上がり。
 
KiriwakeKuromamekanseNamasu
 
そうこうするうちに、黒豆もふっくら煮上がって。
冷蔵庫を開けてみると、なんと三色なますが。
そうやって、この日は昼までに三品完成。
その後、夕方からは中学時代の忘年会へお出かけ。(いってらっしゃいませ)

MitorofuNikudango1Nikudango2
 
結局帰りは午前様になった模様ですが、30日も朝からミートローフ作り。
作業台の上では、団子に丸めた鶏挽肉を油で揚げた後、甘辛のタレを絡ませて。
ハイ、肉団子。
 
Nikudango4_2KonbumakiDatemaki
 
数年前、味を付けるだけで出来ちゃう昆布巻きの乾物を見つけてからは。
浮いた時間に白身魚のすり身の代わりにハンペンをミキサーにかけて作る伊達巻きがプラス。(できたては卵焼きなのに、冷めるとチャンと伊達巻きの味になるのが不思議)
以上、この日も午前中に四品完成。
 
Tikuzenni_2Umebana_2Kinuume_2

さて、最終日の大晦日は、三の重の煮物作り。
以前は里芋やタケノコ等、別々に作っていたけれど。
それを筑前煮にしてゴマかす、という荒技を開発してからは、これまた大幅に時間を短縮。(飾りのきぬさやと梅花にんじんをあしらうと、ケッコウ華やか)

ということで、三日間で都合八品。
それに市販のかまぼことテリーヌ、スモークサーモンを加えて。
無事完成いたしました。
 
Osetizum

|

« 年の始めに'08 | トップページ | 諦観の中にあったもの »

コメント

すご~い!(・o・)
奥様、これだけのお料理を作られるなんて尊敬です
突撃取材してたnanbuさんにも怒らないなんて
余裕があるからなんですね(^^)
どれも美味しそうだぁ。。じゅる♪
うちの息子は 魚を卸してお造りにしてるとこを
カメラで撮ろうとすると「邪魔!」って一括されます(^_^;

投稿: miki | 2008/01/06 17:54

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

おぉ!さすが主婦の心理を分ってらっしゃいますね!!(・o・)
「しょぉがないなぁ…」「手間かかるなぁ…」
の言葉をかわしながら(顔色をうかがいながら?)の突撃取材でございました。
最後の方になると写真が少なくなるのは、そのせいかもです。(^^;)
(水に浸してある黒豆の写真は、起きて来る前にコッソリ撮ったりして)
そしてやっぱり、同じブロガーの立場としては…。
本職の息子さんが、魚を卸すところを写真に撮りたくなる気持分かります〜。(^o^)

投稿: nanbu | 2008/01/06 22:51

おぉ~!うまそーなおせちですね~♪
ウチのおせちの百倍凄いです。
なんたってウチのは(買ってきた)伊達巻と玉子焼きとかまぼこと黒豆となますだけですから(笑)
いいな~nanbuさんは…

それにしても「おせち作りの現場に突撃取材」はナイスアイディアです(^_-)-☆

今年の暮れになったら「おせち買い込み現場の突撃取材」でもやろうかな(笑)

投稿: ぽぱい | 2008/01/07 21:34

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

いっぺんに見るとたくさんありそうに見えますけど。
コレで一日を賄うので、実質はそんなでもないんですよ。(^^;)
(朝はお雑煮の、夜は磯辺巻きのお餅の量でコントロールして)
どれも3で割り切れる数にしてあるので、(朝欲張ると夜自分の分がなくなっちゃうから)お互い牽制しあいながら食べてます。
ただ全員が好きな黒豆、伊達巻き、錦糸卵はその都度補充するんですけど。
それの三日分だから、作らないと量が足りなくなっちゃうんです〜。
「おせち買い込み現場の突撃取材」、盛り上がりそうですね♪
紅白の垂れ幕がかかった売り場に行くと、ソワソワしてしまいます。(^o^)

投稿: nanbu | 2008/01/08 07:26

お久し振りです。
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします~~(^^)

豪華なおせち料理の写真にお腹がぐぅ~と鳴りました。
錦糸玉子も伊達巻もミートローフもお手製なんですね。
すごいなすごいな。
なんといっても、煮物に散らしたニンジンの飾り切りと
絹さやの凝った飾り方にはう~んと唸らせられました。
私も抜き型で梅の花にまではしましたが、立体的にしようとは
思いつきもしませんでした~!

そういえば、作る係は奥様で、詰める係はnanbuさんでしたっけ?

投稿: ポージィ | 2008/01/08 11:39

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしま〜す。(^o^)

ちなみに、にんじんを抜いた残りの外側と大根の皮はきんぴらになるんですけど。
今年は筑前煮に一緒に入れて、自分で先に食べちゃったんですって。(・o・)

そぉなんですよぉ。切り分けるのは家内で詰めるのは私のお役目なんですが。
例年紅白を観ながらだったのが、ここんとこ“K1”になっちゃって。
去年は何だか“K1”観る気になれずに、かといってパソに向かう気にもなれず一人で閉じこもってました。(^^;)
しょうがないからケータイを借りて紅白観ようとしたら「そろそろ詰める?」とか言われちゃって。(だったらもっと早く言えばいいのに…)(T_T)

投稿: nanbu | 2008/01/08 14:57

素晴らしいですね。こういうお正月を迎えることができるnanbu家がうらやましいです。
お正月に限らず、こういう昔からのイベントを大切にする心って、現代人に一番欠けているところだと思います。節目節目に心だけでも「きちっ」とするからこそ、日々の暮らしにうるおいが生まれてくるのだと思います。
オレはおせちなんか作ったら、人より1か月後のお正月になってしまいそうだから(苦笑)、お雑煮の準備はしますが、ほかは買って来たもので済ませています(栗きんとんとかあんまり好きじゃないから、チャーシューとかかまぼこぐらいしか買わないのだけれど)。家族がいたときはちゃんと作ったりもしたんだけどねー。

ただ、欲を言えば、大晦日はやっぱり紅白を見るべきです(笑)。

投稿: yochy | 2008/01/09 00:57

 
yochyさん、コメントありがとうございます。(^^)

おぉ!yochyさんも以前は作ってらしたんですね!!
(きっとこだわりの本格派だったんでしょうね)(・o・)

すべてがリセットされた「昨日の続きじゃない今日」って新鮮ですよね。
良かったことも悪かったことも、とりあえずチャラにして。節目節目に立ち止まって原点を見直す。私も、日々の暮らしに流されないためにもそうしたいと思っています。

>ただ、欲を言えば、大晦日はやっぱり紅白を見るべきです(笑)。
よくぞ言ってくださいました。
(もう、yochyさん言ってやって、言ってやって!)(笑)
やっぱり「渾身の力をこめて歌う姿」はいいですよね。
と言っても…チャンネル権がない私は一人で見ることになりそうですけど。(^^;)

投稿: nanbu | 2008/01/09 08:00

すごーい。
やっぱりお正月は我が家で過ごしたくなりました。
こういうのって、強制されると苦痛ですが、
自分の意思で作るのはきっと楽しいだろうと思うんです。
夫の実家には義弟家族が同居していて、
奥さんは看護師さんで不規則勤務ということもあり、
私たちの里帰りはどう考えても迷惑なはずなんです。
まあそのほかにも色々ありまして、
やっぱりお正月は我が家で過ごしたいなーと思い始めています。
私がおせちを作っても、ブログで紹介はできそうにありませんけど(^^;

投稿: koko | 2008/01/09 12:24

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

なるほど、そうですよね。(・o・)
確かにお正月にはオフィシャルな側面がありますもんね。
ましてや泊まり掛けの帰省ともなると、そう簡単にはいきませんよね。
私も実家が日帰り出来る距離じゃなかったら、また違ってたと思います。

>こういうのって、強制されると苦痛ですが、
>自分の意思で作るのはきっと楽しいだろうと思うんです。

それ、分かります。
たとえば学生時代の勉強とか。あんなにイヤだったのに(って、私だけ?)勉強しなくてもいい立場になるとしたくなったり。提出を義務づけられたレポートはイヤなのに、ブログを書くためだと自分から色々検索してみたり。不思議ですよね。(^^;)

投稿: nanbu | 2008/01/09 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17574797

この記事へのトラックバック一覧です: おせち作り:

« 年の始めに'08 | トップページ | 諦観の中にあったもの »