« 大発見 | トップページ | 寄せ植え最終便 »

2008/01/30

バタークリームの時代

Coffee_cupある日のコーヒータイム。
そこには、家内がスーパーで買ってきたロールケーキのようなものが添えられていた。

ちょっと小さめなそれはモチモチっとした食感で、濃厚なクリームもなかなかに美味しい。


しかし、しばらくすると家内がボヤき始めた。
「……あんまり、美味しくな〜い」

なんでも、そのスポンジが気に入らないようだ。
「なんかこう……。エアリーじゃないのよ!」

なんと。「エアリー」ですか!!(・o・)

まぁ、言われてみれば確かに。
フワフワの空気感がスポンジケーキの魅力だとすれば。
それを極めたのがシフォンケーキのような気がするし。
目の前のコレは、その対極にあるのかもしれない。

でも、このモッチリ感も捨てがたいんだけどなぁ……。

などと私が未練がましく思っていると。
今度はそのクリームにも文句をつけ始めた。
「なんか、昔の『バタークリーム』みたい」

うおぉぉぉ・・・。

今度は「バタークリーム」ですか!!!
その瞬間、私は懐かしさのあまりのけぞりそうになってしまった。


……生クリームになんてお目にかかれなかった子供の頃。
クリスマスケーキと言えばバタークリームだった。
(上に「仁丹」みたいな銀色の飾りがまぶしてあったりして)

それはその昔、近所にあった「にかい屋」のショーケースの中にも鎮座ましましていたものだ。
ただのガラスの陳列棚に並べるには、バタークリームが必然だったのだろう。
(「名糖アイスクリーム」と書かれた、小さな冷凍庫は店頭にあったけど)
「保形性に優れているため、常温保存をするお菓子に使われることが多い」というのも頷ける。

当時はそれでも満ち足りていたけれど。
やはり初めて生クリームを食した時の感動は忘れられない。

「世の中にこんなに美味しいものがあったなんて!」


昔懐かしいコッテリとしたあの「バタークリーム」。
ある意味それは、あの時代の象徴と言っていいのではないだろうか。

その時私は、口の中に広がる濃厚なクリームの味わいと共に、確かに「あの時代」を噛み締めていたはずである。

|

« 大発見 | トップページ | 寄せ植え最終便 »

コメント

「エアリーairy じゃない」というその感想のお言葉に、
カルチャーショック?を受けた私です。
奥様はスポンジケーキにも中のクリームにも
ふんわりとした軽やかさを求めていらっしゃったのですね。

バタークリームのケーキ、私も初めて口にしたケーキは
バタークリームのそれ。はいはい、銀の粒の飾りも付いてました。
クリームで作った淡いピンクのバラが乗っていたりして(^^)
見た目はすごく食欲をそそるし、食べ始めも美味しいのですが、
ちょっと食べるとくどくなってしまって、たくさん食べたいのに
(滅多に食べられませんでしたもの)食べられないのが悔しかったな。
それがいつの頃からか、ケーキのクリーム=生クリームに変わって…
初めて食べた生クリームの美味しかったこと!あの感動は
忘れられるものじゃありませんね。
どちらが好き?と問われたら、迷うことなく生クリームと
答える私ですが、それでもたまぁーにバタークリームを懐かしく
思い出すことがあります。
 
>ある意味それは、あの時代の象徴と言っていいのではないだろうか。
 
あぁ、そういうことなのかもしれませんね。
記事に添えられたお写真にまでもノスタルジーを感じてしまいます。
  

投稿: ポージィ | 2008/01/30 09:42

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

えへ♪もう食べちゃった後なので、カップだけの写真になってしまいましたが。
私もまさかスポンジに「エアリー」を持ち出すとは思いませんでしたよ〜。
しばし考えて意味を理解した時には、吹き出しそうになってしまいました。
(もう、それだけでネタにしちゃおうかと思ったくらいです)(^o^)

>クリームで作った淡いピンクのバラが乗っていたりして(^^)

あぁ…そうそう。(T-T)
綺麗なバラの形にクリームが絞り出してあって。
薄緑色のクリームの葉っぱもついてましたよね。
絞り口が三日月型なのだろうか?とか想像するのも楽しかったです。
きっとポージィさんが思い浮かべたのも同じものですね。
あの頃は、それがお約束の定型版だったんでしょうね。

ここ数年、生クリームもスポンジも軽い口当たりの、神○屋さんのクリスマスケーキにしてたんですけど。
あまりに軽すぎて食べたか食べなかったのか分からなくなっちゃうので。
最近は、もうちょっとコクのあるお店のにしてます。(^^;)

投稿: nanbu | 2008/01/30 11:48

懐かしい味のひとつが「バタークリーム」です。
なんか食べたくなっちゃったなあ。
確かに、クリスマスとお誕生日にしか食べることのなかった食品です。ずいぶんごぶさたしています。
バタークリームも、40年で進化しているのかしら?

投稿: 海老天たまこ | 2008/01/30 18:22

 
海老天たまこさん、コメントありがとうございます。(^^)

ね、懐かしいですよね。
検索してみたんですけど、バタークリームも本格的なバターを使ったものは、深いコクがあって美味しいんだとか。
なんといってもあの時代のことだから。
もしかしたら、当時はマーガリンやショートニングで代用してたのかもしれませんけど。それでもやっぱり美味しかったです。(^o^)

投稿: nanbu | 2008/01/30 20:28

nanbuさんの記事にもみなさんのコメントにも
ふかーく頷いたわたくしでございます。
きれいなバラの花も銀のつぶつぶも、
私の記憶の中にしっかりと刻まれています。
そしてときどき、
バタークリームのケーキを食べてみたい・・・
なんて思ったりもするのです。
ええ、ないものねだりというやつでしょうか。

投稿: koko | 2008/01/30 22:25

>上に「仁丹」みたいな銀色の飾り
アラザンですね(´▽`)

投稿: coldgin | 2008/01/31 06:56

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

おぉ!kokoさんの記憶の中にも刻まれてましたか!!(・o・)
そう考えると、生クリームのケーキが一般的になったのは、そんなに昔のことじゃないのかもしれませんね。
綺麗なバラの花がクリームで出来ていること自体、信じられないほどなのに。
そのまわりで銀色のつぶがキラキラ光ってて…。
当時憧れてたものが、食べられる形になって目の前に現れたような。
まさに特別な日にだけ現れる、夢のようなお菓子でした。(T-T)

投稿: nanbu | 2008/01/31 08:04

 
coldginさん、コメントありがとうございます。(^^)

あの銀色の飾りは「アラザン」って名前なんですね!(・o・)
検索して使用例の写真を見てみたら、それだけで郷愁を誘われてしまいました。
常々coldginさんの知識には舌を巻いていますけど、それはお菓子も例外ではなかったですね。(^o^)
というより、そもそも「仁丹」を知っている人はどれほどいるのだろう?と不安だったのに。(それがとってもミステリアス♪)

投稿: nanbu | 2008/01/31 08:07

 もちもちっとしてバタークリーム……これはこれでおいしそうですね。いやむしろ、バタークリームであるならばエアリー感は不要なのであって、むしろ蒸しパンのようなしっとり感こそが必要なのである!
(と勝手に力説たれてみました。聞き流してくださいまし)

 味を想像してみたら、ひとつひとつ包装してあって駄菓子屋さんの隅なんかに50円くらいで売ってそうな輪切りロールケーキの味を思い出しました。マジに考えるとおいしくないんだけれど、なぜかおいしかった記憶があります。

投稿: ろぷ | 2008/01/31 10:18

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうなんですよ〜。
スポンジと生クリームの美味しさも大好きですけど。「バタークリーム+しっとり感」もなかなかのお味でした。(^o^)

>マジに考えるとおいしくないんだけれど、なぜかおいしかった記憶があります。
うんうん。そうかもしれませんね。
今の自分の味覚と照らし合わせてみると、それほどじゃないのに。当時の自分の尺度では、それで十分満ち足りていた。なんか記憶の中の味わいって、いろいろな状況が混ざりあって熟成していくのかもしれませんね。

投稿: nanbu | 2008/01/31 11:55

>そもそも「仁丹」を知っている人はどれほどいるのだろう?
なんか、懐かしいシリーズになりますよね。
昔の「おじさん達」は、仁丹と、ピースのにおいが混ざっていましたよねえ。
ちびりと、仁丹かじってみたり、こっそりピース吸ってみたり。やりましたわ。「おじさん」にでもなりたかったんだろうか?なぜだかわからんことを、子供時分にはするもんです。お化粧遊びはしなかったねえ・・

投稿: 海老天たまこ | 2008/01/31 17:51

 
海老天たまこさん、コメントありがとうございます。(^^)

>なんか、懐かしいシリーズになりますよね。
そうですね〜。
「ジンジンジンタンジンタカタッタッタ」のCMソングも懐かしいです。
「お口スッキリ」とか「息さわやか」なんていうコマーシャルは今でもよくテレビで目にしますけど。
よく考えてみると、口中清涼剤の元祖なんですよね。
私もかじったことありますけど、ニガイだけでした。(^^;)

投稿: nanbu | 2008/01/31 19:35

バタークリームの味、、もうすっかり忘れています
確かに誕生日にはケーキを買ってもらった記憶はあるんですが・・・
子供の頃は甘いもの苦手だったからかもしれません(^_^;
しかぁ~し!生クリームは大好きでした
不二家で食べた チョコレートパフェや苺サンデーの味は
今でも思い出すことができます
あと練乳を初めて食べた時も感動でした♪(^^)

投稿: miki | 2008/02/01 21:23

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうそう、mikiさんは東京生まれなんですよね。
今では日本中どこでも情報がリアルタイムに共有されてますけど。
あの頃、東京のライフスタイルは10年早かったような気がします。
だから年下の私の方が家内より昔の生活を知ってたりして。
「いつの時代の人?」とか言われてます。(笑)

>あと練乳を初めて食べた時も感動でした♪(^^)

イチゴにかけたり、アンコを添えた抹茶のかき氷の上にかけたり。
練乳には今でも感動してマス♪(^o^)

投稿: nanbu | 2008/02/02 09:31

nanbuさん、こんばんは〜。
みなさんのコメントを読ませて頂いているうちに、とても懐かしくなりましたよ〜。
特にnanbuさんの…
>上に「仁丹」みたいな銀色の飾り

ポージィさんの…
>クリームで作った淡いピンクのバラ

あった、あった〜♪
いや〜懐かしいですね、かなり甘くてね…

それに対して奥様の…
>なんかこう…。エアリーじゃないのよ!

o(>▽<)oギャハハハハハ〜ッ、新旧が絶妙にマッチした記事です〜(笑)

投稿: ぽぱい | 2008/02/02 18:48

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

ね。「仁丹」と「バラの花」ありましたよね〜♪
先日行った東京タワーはぽぱいさんと同い年で。
私が生まれたのは、なんとか大臣が「もはや戦後ではない」と宣言した年なんですが。
(あえて宣言しなければならないってところが、どうも…)(T_T)
東京オリンピック開催に合わせて高速道路が造られたり、新幹線が開通したり。
高度経済成長が始まってから、まさに日進月歩でしたもんね。
それぞれの皆さんの「あの頃」を伺って、懐かしくなりました。(^o^)

>新旧が絶妙にマッチした…

「エアリーじゃない」発言、ウケてもらえて嬉しいです。
ただ、私の知る限り家内が一番年長のハズなんですが…。(-_-)

投稿: nanbu | 2008/02/02 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/17882302

この記事へのトラックバック一覧です: バタークリームの時代:

« 大発見 | トップページ | 寄せ植え最終便 »