« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/27

晴れと褻(け)

Harekeお布団のたたみ方から「中」と「外」を考えてみたのは、この前の「中表(なかおもて)」。
さらにいただいたコメントから、それに「表」と「裏」がプラスされたのが、先日の「秘すれば花」。

そして、またまた「ハガキの裏表」のヒントをいただいて。私の妄想はさらに広がりを見せた。(皆さん、ありがとうございます)

これまでに出てきたのは、「中」と「外」、「表」と「裏」という二組みの概念。
それを同時に考えなければならないのがチト厄介だけれど。
「もう飽きちゃったぁ」などとおっしゃらず、今一度おつき合いくださいませ。


さて、ハガキの場合。宛名を書く面が表で、肝心の文面を書くのは裏。
ただ、私としては「裏」というより「中」と捉えたい。
(だって「大事なものが表」と書いたばかりだしぃ)

でも、折らないハガキに「中」は存在しないし、どう考えたらいいのだろう?
(「返信用は?」なんて言いっこなしね)

そこで私はひらめいた! 家の間取りがいい例ではないか。
ハガキは裏返せるからいいけれど、大地にくっ付いている家にそんなことは出来ない。
なのに、ちゃんと表と裏がある。

Madori農家の部屋割りで、よく語られるのは「田の字」型。
それは「晴れ」と「褻(け)」の用途で間取りが分けられている。
(「オフィシャル」な部屋と「プライベート」な部屋とが、南北でパーティションされているんですね)

お祝い事や集会等、「ハレ」の日に大勢の人が集まる表向きの座敷きが南側。
かたや、ひっそりと「ケ」の日常生活が営まれる部屋は北側に。

これは、裏返すことが出来ない間取りという平面上に、見事に「表」と「裏」を出現させた手法と言えるのではないだろうか。(「外向き」と「内向き」と言ってもいいかも)

いや、さらに言ってしまえば。

「晴れ」と「褻(け)」の概念で、それは空間を飛び越し時間にまで表裏を作り出している。
二次元の平面をたたむことで「外」に挟まれた「中」という三次元の空間が生まれ。そこにさらに時間が加わって、四次元に。
そこまで話が及ぶことになろうとは……。


ここで気を取り直して話を元に戻すと。

公の宛名を表に書き、私信を裏に書くハガキ。
これも、「外向き」と「内向き」と考えれば、なんとなく理解出来るような気がする。

内に秘めた私事(わたくしごと)。
それは、やはり「中」あるいは「裏」に回らざるを得ないのかもしれない。


●追記:@nifty辞書によると、「外向き」の対義語は「内向き」で、「家の中のこと。内輪のこと。家事。私事」とありました。
そこで、記事中の「中向き」の表記を「内向き」に変更させていただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/24

加賀屋でかがけん

Nikomi55昨日の土曜日は恒例の「にこけん」でございました。

地下鉄東西線の神楽坂駅を降り、赤城神社の前の坂道を下っていくと。
ありました、今回の会場となった加賀屋さんが。

お馴染み「『かがや』で『にこけん』で『かがけん』」の三段論法ですね。(ウソです)

ちなみに幹事はyochyさん。
そして今回は、そのブログ仲間の濱鯨さんが初参加なさると伺いました。


中に入ると、先にいらしていたのはyochyさんとcoldginさん。
ですが。
なんと、驚いたことにcoldginさんが着ていたのは、紺色に「日本煮込み研究会」と白い文字で印刷されたTシャツ。
なんでも、自作のデザインをネットで見つけた業者さんに依頼したとのこと。やはりその完成度は一目瞭然ですね。

その後、元坊さん、濱鯨さん、ぽぱいさん、楽笑さん(の順だったと思いますが、記憶違いがあったらゴメンナサイ)がぞくぞくと登場し、いつも通りの楽しい時間を過ごしたのでありました。

TshirtHoppyTeba
 
お豆腐にもしっかり味の染み込んだ煮込みはもちろん、どのお料理も美味しかったのは言うまでもありませんが。
実は、床に落としてしまったワリバシをテーブルの端に置いた私。
ふと気づくと、一分も経たない内にその姿はなく。
きっとお店の人が片付けてくださったものと思われますが、そのさり気ない気配りにも大いに感じ入ったのでした。

Cd最後になりましたが、元坊さんが持参なさったCDは、ご自分で編集したという「R45」。
そこに収録されていたのは'70年代の懐かしい歌ばかりで。しばしその話題に花が咲いた後、二次回のカラオケではそれが再現されたことをここに申し添えます。
(元坊さんCDありがとうございました)

そして幹事のyochyさん、本当にお疲れ様でした。
(マフラー、ひょんなことから見つかるといいですね)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/02/23

花のトリオ

Wikipediaによると、百恵ちゃん、淳子ちゃん、昌子ちゃんの三人が「花の中三トリオ」と呼ばれていたのは1973年だそうだけれど。(えっ35年も前なの?)

それよりもっと前。
ボウリングブーム真っ盛りの頃「花のトリオ」と謳われた方々がいらした。
それは、当時一世を風靡した女子プロボウラーの須田開代子、中山律子、石井利枝の各プロ。
(シャンプーの「律子っさん〜律子っさん〜♪」のCM、覚えてらっしゃいます?)


なんて、気を持たせた前フリしちゃってスミマセン。m(_ _)m

実は、このところやっと寒さが緩んできたでしょう?
で、私が秘かに早春の「花のトリオ」と思っている草花が咲き出したもんだから。
(はい。自分でも話の展開に無理があると思ってます)

それは、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウのお三方。(写真左から)

08220inufuguri08220hotokenoza08220hime

この三つの花は、冬枯れの野にあっていち早く春の訪れを知らせてくれる花達。
(午前中のほんのいっときしか咲いてくれないハコベの花は、四姉妹ということでひとつ)

もう少し暖かくなると、これにカラスノエンドウのピンクやタンポポの黄色が加わって。その賑やかな花色を眺めると「あぁ、春がきたんだ」と思うのでありますが。
それはもう少し後になりそう。

来週にはまた寒さが戻るようだし。
はたして今年はいつになりますやら。

Hakobe1
 
●追記
地元のファッションビル前の並木の足元では、午後になってもハコベが咲いていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/02/20

秘すれば花

Sazanka先日の「中表(なかおもて)」では、お布団にも正式なたたみ方があることに驚いたけれど。

その折いただいたコメントの、プリント類のたたみ方に目を開かれた思いがした私。


考えてみれば、ハンカチ等外表にたたむ物は多い。
取り込んだ洗濯物をたたむ時もそうだし、お店のディスプレイでもそれは同じ。
やはり縫い目のある裏側を中にして、模様のある表側を外に向けた方が美しい。

でも、そんな私もプリント類は中表にたたんでいるのはナゼだろう?
つまり、肝心の内容が記されている「表」を内側にして、「裏」を外側にたたんでいる手紙のように。

ここで注意が必要なのは、どちら側を「表」と解釈するかだけれど。

肝心の内容が記されている面が「表」で、紙の裏側は文字通り「裏」と捉えるのが自然であろう。
つまり、綴られた文面が「中」で、裏側が「外」。

そこまで考えた時、子供の頃感じていた小さな疑問を思い出した。

文房具屋さんで売っていた白い封筒。
それは、ごく普通のありふれた物だったけれど。
判で押したように、どれも内側に紺色の紙で内張りがしてあるのが不思議だった。
(あれは中に入れた私信を、透かして読まれないための工夫だったんですね)


さて、そこで話をお布団に戻すと。

寒い冬の朝、繭のように優しい暖かさで包んでくれていた布団から起き出すのは辛い。
その抜け殻には、まだ温もりが残っているというのに。

ただ、言い換えればその裏側は、寝ているあいだ体に接していた側ということ。
となると、それをむき出しにせず内側にするという発想も分かるような気がする。
(湿気がこもっちゃいそうな気もいたしますが)

そもそも「折りたたむ」というのは文化的な行為だし。
(早い話、丸めて押し込んだっていいんだし)
少なくとも「折り目正しい」姿勢とは言えそうである。

一方、したためた手紙を内側にたたむのもまた、慎みの表れであろうか。


外表であれ、中表であれ。
とどのつまり、キーワードは「秘すれば花」なんでしょうか。

●関連記事:
'08年2月11日「中表(なかおもて)
'08年2月27日「晴れと褻(け)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/02/17

辞書にない言葉

080217roseブログの記事を書く時。
いつもお世話になっているのは @nifty 辞書。

一応、念のために確認しないと不安だし。
時々ネタが見つかるのもありがたい♪


さて、先日もそうやって調べようとして驚いた。
なんと「連脈」が @nifty 辞書に載っていないのだ!
慌てて手持ちの辞書も引いてみたけれど、これも同じ。

「何の連脈もない」とか、日常生活でもよく使われてると思ってたのに。

そこで、今度は「連脈」をキーワードに検索してみると。
山の連なりを意味すると思われるものや、医学用語があるばかり。
(「連脈と続く」とかもあったけど、「連綿」と「脈々」がくっ付いたんでしょか?)

そんな中、自分が思っていた使い方もいくつかあって。
例えば「その話の連脈の中で」
「何の連脈もありませぬ」
「考えに連脈が見出せない」等々。
(うんうん。自分でもそんな感じで使ってる)

そして、なにより心強かったのがコチラ↓。
http://www.sensenfukoku.net/mailmagazine/no27.html
●石原慎太郎エッセイ『日本よ』

本文中には、ちゃんと「当時からの連脈の上にある」という一節があるではないか。
(歴史の連なりを山脈に例えられたのかもしれませんが)


そういえば、以前の記事「天衣無縫」でも書いたように、「活舌・滑舌(かつぜつ)」も辞書に載っていない言葉。
でも、「かつぜつ」がここ数年耳にするようになった比較的新しい言葉なのに対して、「連脈」は昔からよく聞いていたような気がするのに。

はて、これはいったい。

だったら「脈絡」を使った方がいいのかもしれないけれど。
「何の脈絡もない」って、ナゼだか自分にはあんまり馴染みがない。

不安になって、またまたググってみると。
「何の脈絡も」116,000件
「何の連脈も」    7件

あらぁ……。
思い込みの激しい私のこと。やっぱり自分の勘違いなんでしょか?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/02/14

春は名のみの

0802yukis春は名のみの
風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず(早春賦)


お寒うございます。

立春が過ぎたとはいえ、先週は三日に一度は雪が降ってたし。
「春は名のみの」を実感する毎日。

例年、関東では南岸を低気圧が通ると雪になるパターンが多くて。
それは西高東低の冬型気圧配置が、一時的にでも崩れてるワケだから。
周期的に低気圧が通るってことは、とりもなおさず春も近いんだろうけれど。
こう寒いと、それもあんまり慰めにはならない。

雪が降らなくても、やっぱり寒いし。
バルコニーの鉢植えに霜が降りてる様は痛々しい。

それはちょうど、冷凍庫から出した茹でたホウレン草のようで。
バリバリに凍った葉は、プラスチックの造花のようにカチンコチン。
(私の寄せ植えが代わり映えしないのも寒さに強いものしか選べないからだったり)

いくら寒さに強いといっても、植物にとって凍るか凍らないかは大問題。
(冷凍魚介類の解凍でドリップが染み出すのも、細胞が破壊されてるからだとか)

Nanomi_s3Nanomi_s4Nanomis5

なのに、昼になればちゃんと元に戻るなんて。
その生命力は、健気を通り越して不思議なほど。
そんな中。
南向きのベランダの、霜が降りない庇の下ではマーガレットが咲き出しました。
 
08211oinu08213clover
 
太陽の光も、日毎に強さを取り戻しているし。
先日のウォーキングでは、今年初めてオオイヌノフグリを発見。
同じ土手上にはクローバーも顔を出して。
もう、本当の春もすぐそこまで来ているんですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/02/11

中表(なかおもて)

0802yuki2_2日々の暮しの中で、取るに足りないと捨て置かれたり。「疑問」という形にすらなっていない些細な現象。

それをすくい上げて記事にしてしまおう。
というコンセプトの下、綴っているのがこの「日常雑記」。(「重箱のスミをつつく」とも申しますが……)

さて、そんな中で最もふさわしいと思われる事案。
それを不覚にも、この私見逃しておりマシタ。


それはお布団のたたみ方。

いえ、結婚当初からそれに気づいてはいたのです。
でも、生まれも育ちも違う者同士。
「そんなものだろう」と思っていたのでした。

ベッドゆえ、普段は発覚しないんだけど。夏のタオルケットとか、肌掛け布団。
それを家内は「外表」にたたんでいる。(つまり、模様がある方を外側に)

いつもはそれに合わせている私も、内心それは不合理なんじゃなかろうか? というのが積年の思いでありました。
(だって「中表」にたたんでおけば、そのまま広げるだけで済むでしょう?)

今までにも「ねぶり箸」や「お座布団」で、身の回りのものを取り上げてきたけれど。もしかしたら、お布団にも正式なたたみ方があるのだろうか?
と、急に不安になってきた。
そこで恐る恐る検索してみると……。

あなビックリ!

伝統的なお布団のたたみ方というものがあるらしい。
なんでも「敷布団を3つに蛇腹に折り、その上に掛け布団を外表にして4つたたみ」にするんだそうな↓。
●「ちょこキャリ日記」http://blog.livedoor.jp/chokocareer/archives/50847003.html

おぉ……。そんなこととはつゆ知らなんだ。

しかも、日本旅館では「仲居さんが簡単にお布団がひけるように、敷布団は2つ折り、掛け布団は中表に4つだたみ」とあるではないか。(旅館の押し入れは奥行きも深いんですって!)

するってぇと、なんですかぃ? 私のやり方は仲居さん方式だとでも……。


常々、女中星の下に生まれたのではないか?
と、自らを訝しく思っていた私だけれど。

あながちそれは、的外れな疑念ではなかったらしい。


●関連記事:
'08年2月20日「秘すれば花
'08年2月27日「晴れと褻(け)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/02/08

たなごころ

Tanagokoro3「(月日が)たなごころから」こぼれていく。
なんて書いたのは去年の「年の終りに'07」。

最初、それを「指の間から」にしていた私。
でも、それは前にも使ったことがあるし。
なにか他の言い方をと考えて、思いついたのが「たなごころ」。

念のために@nifty 辞書で調べたところ。
●掌(たなごころ)「〔手の心の意〕てのひら」とあった。

なんと「てのこころ」で「たなごころ」とは。

そのことを知って、迷わずそれに決めたものの。
「手の心」が一体何を意味するのかなんて想像もつかない。


ケガや病気の処置を「手当て」と言う、とはよく聞く話だけれど。
頭が痛い時には、思わず額に手を当てるし。
お腹が痛い時には、すがるような思いで腹に手を押し当てる。

小さな子供が、どこかをぶつけて泣いている時は「痛いの痛いの飛んでけ〜」と手を当てたり。
「痛かったねぇ」と、頭をそっと撫でたりする。
そんな時、その手に込められた気持のことなのだろうか。

それとも、その手自体が持っているものなのだろうか。

だとしたら。
自分の心と手の心を対峙させたらどうなるのだろう。
と、考えてみて驚いた。

すでにもう「胸に手を当てる」という言葉があるではないか!


ある言葉を調べていて別の言葉に辿り着く。
そして、それまで気づきもしなかったそのつながりに驚く。
というのは、「ままにならない」等、これまでにもよくあったけれど。
今まで「手当て」と「(胸に)手を当てる」のつながりなんか、考えたこともなかった。


自分の胸に手を当てて考える。
自分の心に向き合って内省する。

それは、多かれ少なかれ痛みの伴う作業だけれど。
(自分の過ちを認めるのは辛うございます)
どうせなら、たなごころがその痛みも手当てしてくれればいいのに。

その傷を癒してくれればいいのに。

……なんて。

そこまで考えるのは、いささか虫のいい甘えであろうか。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/02/05

雪の日のネゴ

08024yuki65先日の日曜日はまた雪だった。

コレは困る。
なにせ週に一度、食料品を買い出しに行く日なのに。

雪は一向に止む気配を見せないし。
幸いなことに月曜日は休校日。

だったら翌日に延期しようということになった。


しかし、窓からの景色はほどなくして不思議な様相を呈してきた。
雪はあいかわらず降り続いているのに、道路に積もった雪が溶け出してきたのだ。

この分なら車でもOKかもしれない。
そう考えた家内は、なんとこれから行こうと言い出した。
(なんでも月曜はプールに行きたいんだとか)

でも、一旦は今日の買い出しは無しってことになったんだから。
ホットカーペットの上でゲームを始めたウチの子の答は当然NO。
「なんで雪が降ってる最中に出掛けなきゃならないの?」
(うんうん。その気持も分かる)

しかし、そうなると今度は家内がヘソを曲げる番である。

明日行くことにして、家内は今日一日文句を言わずにいられるのか。
今日無理矢理買い出しにつきあわせて、ウチの子は文句を言わずにいられるのか。
問題は、この二人の気持に折り合いがつくかどうかだけ。
そこで、「どうする?」と言う家内に私はこう言った。

「気持よく今日明日を過ごすにはどうしたらいいか、二人でよく相談しなさいよ」

そんな話を聞いていたウチの子は、結局不承不承ゲームを止めた。
「偉い! 男だね」(ヨイショ、ヨイショ♪)

不機嫌そうに支度を始めたその背中に、私は重ねて言葉をかける。
「イヤでもやらなきゃならないことがあるんだよ。食べなきゃ生きてけないんだから」
(アレ? これって、いつも自分に言い聞かせてることだったりして)


ま、そんなこんなで無事買い物も済み。
家に帰って再びゲームを始めたウチの子がポツリとつぶやいた。
「やっぱり今日にしてよかった」(うんうん。そうだね)

かたや、ちゃっかり春のワンピまでお買い上げの家内もご満悦。
「雪の日の買い物もちょっと新鮮ね」(はいはい。よかったね)

はぁ……。

立てこもった犯人と、それを取り囲む警察官。
その間に立って犯人の説得にあたるのが、FBIのネゴシエーター(交渉人)だとか。

そのご苦労が、ほんのちょっとだけ分った気がした、私なのでございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/02/02

寄せ植え最終便

Dekiagari_madobe_12
 
昨年の晩秋から

11/30●冬仕度のハンギング
12/06●寄せ植え冬バージョン
12/15●冬の寄せ植え/その2

と、冬の寄せ植えをアップしてまいりましたが。
実は、まだあったのです。
それは夏の間千日紅を植えていたコンテナ。

とりあえず、球根のムスカリとアイビーだけを残して。
ストック、ビオラ、スイートアリッサム、そしてノースポールに植え替えました。
 
MotoNokoriNae
 
じゃあ、どうして今までUPしなかったのか?と、申しますと…。
出来上がりがイマイチ気になって、その後また替えてしまったもので。

野に咲く花のような、素朴な可憐さが魅力のノースポール。
でも、今回使ったのは大輪とうたわれていたもの。
だったらナゼそれを選んだのかというと。
売り場にあった普通のタイプより、全然葉のみずみずしさが違っていたから。
同じ120円ならと、元気一杯な大輪タイプを買ったのでした。

でも、植えた後になってよく考えてみると。

このまま大きくなって、春に大輪の花をたくさん咲かせるようになったら、メインのストックと喧嘩してしまうのではないか?
という不安が。

なにより、ストックの渋い花色を引き立たせたくて、普段は選ばないエンジ色のビオラにしたのに…。
そこで、我慢できずに小花のバコパに変更してしまったのでございます。

そのバチが当たったのか。

本格的な寒さがやって来たらビオラが花をつけなくなってしまい。
その開花を待っていたら、年が明けてしまったという次第。

というわけで、コチラ↓が1月22日現在の姿です。
 
08_01_22yoseue_12
●関連記事:この寄せ植えのその後はこちらで→'08年4月10日「青いアクセント

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »