« 今やろうと思ったのに | トップページ | 春に目が離せない »

2008/03/17

風呂を埋める

080315hanameある時、家内の口から「何の連脈もない」が飛び出した。

「あ、やっぱりそう言うんだ」

そこで私はおもむろにこう宣言した。
「その場合、脈絡が正しいんだって」(うふ♪)

それを聞いていたウチの子は「なんか早口言葉みたい」とつぶやいていたけれど。
(そうそう。「みゃくらく」って舌がもつれそうになるよね)
どうやら、例の「連脈」は、とりあえず家の中では通用するらしい。
(って、あんまり慰めにはなりませんが)


家の中だけで通じるといえば。
二、三年前コメント欄に書き込んだ、あることを思い出した。

「お風呂が熱かったら水でうめてね」「は〜い」

熱いお湯に水を混ぜて適温にすることを、実家では「うめる」と言っていたんだけれど。
以前、なにげなくこの言葉を発した時。
「埋めるって、風呂に土でも入れるの?」と人に笑われたことがあって。
これは実家だけで通じるローカルな言葉なのだろうか?
と、にわかに不安を感じ始めたのでした。

「お風呂をうめる」。言われてみれば、たしかにヘンかもしれない。

下町育ちの父は「お金」のことを「お足」と言うくらいだったし。
(子供の私には「おわし」と聞こえました)
母は母で、田舎の親戚と電話で話した後しばらくはタイムスリップしちゃうし。
(見知らぬ母になってしまったようで、寂しゅうございました)
あやうい言語環境の中で育った私には確信が持てない。

でも、「水で薄める」だと温度を下げる感じがしないし。
私としては、やっぱりお風呂は水で「うめ」たい。

そこで、後になって辞書で調べたところ。
「埋める」には「水を加えてぬるくする。また、薄める」という意味もあると知ってホッとするやら、ビックリするやら。複雑な心境だったのでありました。(お酒を水で薄めるのも「埋める」んですって!「酒ニ水ヲ—・ムル/日葡」)


いやはや。
実家でしか通じないと思っていた言葉が辞書に載ってたり。
そうかと思えば架空の言葉だったり。

私にとって、辞書はやっぱり手放せない座右の書なのであります。


080317haname
 
●上の写真は3月15日に撮った桜の花芽。
春は忍び足で」の写真から二十日ほどで、すっかり成長しました。
●追記:そして左の写真が3月17日。
もう先端からピンクの蕾が顔を出しました。
三日、じゃなくて「二日見ぬ間の桜かな」です。

|

« 今やろうと思ったのに | トップページ | 春に目が離せない »

コメント

 僕もおふろはうめてほしいです。
 たしかに一般には通じにくいですが、お風呂関係のことばは、一般語にするとなんか風情がなくなる気がするんですよねー。
「水で薄める」なんか言っちゃったらまるで理科の実験みたいですよ。

 そういえば「入浴」のことを「ゆあみ」と言いますよね。べつにお湯を三つ編みにしてるわけではないのだけれど、なぜか「ゆあみ」。

 べっぴんの奥様が浴衣をはだけて「ひとっ風呂あびてくらぁ」というのと「ちょっとゆあみさせていただこうかしら」では風情がちがいます。

 お風呂関係のことばは奥深いですねspa

投稿: ろぷ | 2008/03/17 11:53

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

ろぷさんも「うめる」派なんですね。
そういえば、お風呂関係の言葉って風情がありますよね。
やっぱり、温泉とか、ゆっくりお湯につかることを楽しむ日本ならではなんでしょうか。シャッとシャワーカーテンを引いて、サッサと洗い流す西洋とは感覚が違うのかもしれませんね。
欧米でも温泉治療はありますけど、水着を着てプール感覚で入るそれと、ひなびた湯治場のそれとはイメージに隔たりがありますもんね。

>べつにお湯を三つ編みにしてるわけではないのだけれど、なぜか「ゆあみ」。

「ゆあみ」で「三つ編み」だなんて……。ろぷさん、good♪
ただ一人その技を編み出したのは「あゆみ」さんだとか。(ウソです)(^o^)

投稿: nanbu | 2008/03/17 17:04

わぁ、桜がもう咲きそう!!
東京の開花予想、早まったんでしたっけ?
今週中には咲き始めそうな蕾の状態ですね。

うふ 「連脈」奥様も使われましたか。

「うめる」子どもの頃から使った言葉です。
「熱かったらうめてね。」てな具合に。
ちゃんと『水を加えてぬるくする。また、薄める』という
意味があるのですね。

そういえば「バケツに水を汲んで」と言ったら、
「汲み取りみたいだ」なんていわれたことがありましたよ~。
うめると関係ない話で恐縮ですが。
水道の蛇口からバケツに水を溜めるのは「汲む」といっちゃ
まずいんでしょうか…

投稿: ポージィ | 2008/03/18 09:41

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

私が聞いた東京の開花予想は27日だったんですけど、これはもう一週間とたたずに咲きそうな気配ですよね。
例年ウチの方は都心よりチョット遅れ目で、でもこの枝は周りよりチョット早め。今年は三寒四温というより、一寒四温って感じで暖かい日が多かったからでしょうか。
このまま寒の戻りがなければ早まりそうですよね。

ポージィさんも「うめる」なんですね。
そういえば今まで何の違和感も感じませんでしたけど。
私も水は「汲む」です!(・o・)
井戸からならともかく、水道の蛇口から注ぎ入れる時はどうなんだろう。
と、思って@nifty辞書で調べたら↓

● 【▼汲む/酌む】大辞林 第二版より
また、水道などによって容器にうつし入れる。《汲》「バケツに水を—・む」

……よかった。(^^;)

投稿: nanbu | 2008/03/18 11:38

すごい感動しました!
だって、今までなーんにも考えずに使っていた言葉でしたから。
はい、しっかりと「水でうめてね」って言っていました。
そんでもって、バケツに水を汲む、だって使ってます。
言葉は難しいですね。
自分が使わない、耳慣れない言い回しだからと言って
安易に人の言葉をとやかく言っては自分の無知をさらすということ、
ここで教わりましたwink

言葉は生き物と申します。
多くの人たちが口にすることにより、その意味や言い回しが変化する。
それでいいということでしょうか?

投稿: koko | 2008/03/18 12:32

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

私も「コップに水汲んできて〜」なんてフツーに言ってました。(^^;)
そして、kokoさんもお風呂は「うめる」んですね。
でも、あの「うめる」が、漢字で書くと「埋める」なのは驚きですよね。(・o・)

>多くの人たちが口にすることにより、その意味や言い回しが変化する。
そうですね。「憮然」が本来は「がっかりする」意味だったり、「やおら」が「ゆっくりと」だったり。今では違う意味の方が多かったりするパターンもありますよね。
それとは別に、これは私の勝手な想像なんですけど。
ポージィさんに以前「寿ぎ」の読みは「ことおぎ?」というコメントをいただいて。(先の、ろぷさんの「ゆあみ」が「湯浴び」→「湯浴み」となったように)それも「ことほぎ」→「ことおぎ」→「ことぶき」と転訛したのかな? とか。
変化するのは避けられないものなのかもしれませんね。

投稿: nanbu | 2008/03/18 16:10

nanbuさん
>お風呂をうめる

相変わらずいい着眼点です~。
そう言われてみれば確かにヘンな感じがしますが、漢字で書くと本当に「埋める」なのですね。
群馬県の後輩は「風呂にしずむ」と言っていましたが、風呂はつかるもんですよね?
あれ?「風呂に入る」が正解かな?

※にこけん花見会を計画しております。
ご家族でどうですか?

投稿: ぽぱい | 2008/03/19 19:32

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

ウチの子は今お風呂に入ってるんですけど。
↑こうしてみると、私は「入る」を使ってる気がします。

@nifty辞書によると
【漬かる/▽浸かる】(1)物が液体の中にはいる。ひたる。「(湯ニ)肩まで—・る」
とあって
「浸かる」が音訓表にない読み方だとすると、「漬かる」になるんでしょうか?
でも、やっぱりお風呂は浸かりたいですよね。(^^;)

※ありがとうございます。ただ、家内は今仕事でテンパってて。声を掛けるのが憚られますので、後ほど……。(笑)

投稿: nanbu | 2008/03/19 20:27

水で埋める 水を汲む お風呂に入る
どれも使ってるmikiです(^^)
でも お風呂の場合「水を足してね」とも言うかな

あと お水(湯)を溜める時
水をはる とも言いますか?
普段 普通に使ってる言葉に自信がなくなってきました(^o^)

投稿: miki | 2008/03/20 13:56


mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

うぉ! 「うめる」を使わないとしたら、「加える?」とか思ったんですが。
「足す」がありましたね!!(・o・) 

>水をはる とも言いますか?
はいはいはい、はい。(私は思いつかなかったんですけど)言いますよね!
そこでまた調べてみたら↓
【張る】 水などを、一面に満たす。
「風呂桶(おけ)に水を—・る」「田んぼに水を—・る」

「足す」も「張る」も、ちょっと上品な奥様が使いそうで。
mikiさんの秘かな一面を垣間見た気がしました。(^o^)

投稿: nanbu | 2008/03/20 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/40530155

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂を埋める:

« 今やろうと思ったのに | トップページ | 春に目が離せない »