« おねだり | トップページ | ハコベの法則 »

2008/04/04

路傍のオオバコ

●リターン雑記その10

雑草と言ってまず思い浮かべるのは、このオオバコではないだろうか。
敢えて「雑草」と書いたけれど、わざわざ踏み付けられるような所にばかり生えている。

逞しく生きる事を「雑草のように生きる」なんて言われるけれど。
踏まれてもなお立ち上がる様は、まさに雑草の鑑。

しかし、そんなオオバコを哀れんで、踏まれぬように柵で囲ったとする。
すると、やがてより競争力の強い植物に駆逐されてしまうのだとか。
つまり、踏みつけにされ足蹴にされるような、劣悪な環境でしか生きられないということである。

「不幸な星の下に生まれた」と言うのは、まさにオオバコのことを言うのではあるまいか。

しかも、虫食いの跡の無いのを探すのに苦労するほど。
(虫にとってはオイシイって事ね)
さらにさらに、傷や腫れ物に効く薬効まであるというのだから、その健気さは哀れを誘う。虫ばかりか、人の役にまで立って……。
散々じゃけんにされて、都合の良い時だけ利用される。

あぁ。なにやら書いてて辛くなってきた。
もうコレ以上は何も言いますまい。

でも、惜しみなく与える、慈母の様なあなたのその生き方は立派だと思う。
ただねぇ……。


やっぱ地味過ぎだしぃ!

'05年6月25日

oobako2
 
 
 
ガンバレ! オオバコ。

|

« おねだり | トップページ | ハコベの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/40758931

この記事へのトラックバック一覧です: 路傍のオオバコ:

« おねだり | トップページ | ハコベの法則 »