« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

いってんにわかに

Anunそれまで晴れてたのに、急に雲行きが怪しくなって。
いまにも雨が降り出しそうになる。

そんな時きまって頭に浮かぶのは「いってんにわかにかき曇り」のフレーズ。

そしてその後いつも思うのは。
この「いってん」は「一天」だったっけ?
という一抹の不安。
(意味からすれば「一転」でもいいような気がしちゃって)


パソコンを立ち上げるには時間がかかるし。
手っ取り早く本棚の三省堂国語辞典を引いてみると。

●「一天」
「大空。空全体。」とあるけれど、用例は「一天万乗」のみ。

仕方なく、次に
●「俄(にわか)」で調べてみると。
「一雨・一に空がくもってきた」。
(一時的な雨のことだと思ってたら、急に降り出すから「俄雨」だったんですね)
と、当たり前のことに感激したものの。私が欲しいのは「一天俄に〜」の確証。

最後の手段として
●「掻き曇る」にすがってみると。
「くもる」を強めて言う言葉。「一天にわかに一」とあった。

よかった。やっと出てきた。
私が探していたパズルの答は「一天俄に掻き曇り」。
これでメデタシメデタシ。


……それにしても、「掻き〜」には語意を強める意味もあったとは。
そこで、ついでに「掻き」が付く言葉を探してみると。

掻き合わせる/掻き抱く(いだく)/掻き起こす/掻き口説く/掻き暮れる/掻き消す/掻き込む(「飯をかっこむ」のアレですね)
他にも、掻き出す/掻き立てる/掻き卵(かきたま)/掻き鳴らす/掻き退ける/掻き混ぜる/掻き回す/掻き乱す/掻きむしる等々。

いっぱいあって、ちょっとトクした気分。
探してた例文にはなかなか辿り着けなかったけど。思わぬ収穫にニンマリ。


とはいえ、後日(この記事を掻いてる、じゃなくて書いてる今日)念のため @nifty辞書で「一天」を調べたら。一発で「—にわかにかき曇る」がお出ましに。

あらぁ……。
あの時面倒がらずにパソコンを立ち上げてたら、こんな苦労はしなかった……けど。

それだったら記事のネタにもならなかったんでした♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/05/28

初夏の装い

先月4月28日の「最後の晴れ姿」からほぼ一月。
季節は確実に次の段階に進んだようです。
そこで、玄関の寄せ植えも初夏の装いに衣替えしました。
 
527genkan55_2527genkan105_2
↑限界だったストックとノースポールは、それぞれアフリカンマリーゴールドとブルーサルビアに。
冬に切り戻した後、まだ蕾だったヒメツルソバも花を咲かせました。
梅雨が明ける頃には、バコパは枯れてしまうかもしれませんが、その時はその時ということで。
 
527hungings527hungingl
↑葉が黄ばんで花だけになってしまったハンギングのミニシクラメンは、ビニールポットに掘り上げて夏越し。その後にはコバノランタナを植えました。こちらの薄紫のバコパもそのままに。

●おまけ
去年の12月に、こぼれ種から一つだけ芽を出したピンクのカスミソウが、冬を乗り越えて花を咲かせました。
↓左から、'07年12月9日、'08年4月1日、'08年5月28日。
 
07129_20841s080528kasumiso

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/05/24

愛が感じられない

080524amaririsuウチの子が小学3年生の時。
道徳の時間に先生はこう言ったそうだ。
「(イジメをするのは)人間としてイビツです」

いいことをおっしゃる。

その新任の女性教師は熱血漢。
小学生には、そんな正攻法の言葉が心に響くらしい。
そして、私にも。

その言葉がいたく気に入った私は、その後もことあるごとに引用させてもらっていた。
ゲームやパソコンに夢中で言うことを聞かない時とかなら。
「(人間性が)蝕まれている」なんてアレンジしてみたり。

そして、現在の私のオハコは「愛が感じられない」。

ウチの子にツッコまれても受け流すのは。そこに「愛」が感じられるからこそ。
単にバカにしてるだけなら話は別。
最近じゃ、私が「あぁっ!」と文句を言おうとすると。
「愛が感じられない?」と先回りするようになった。


さて、先日はそんなウチの子の修学旅行で。集合場所は羽田空港。

しかも時間がメッチャ早い。
ただでさえ重い荷物を抱えて。
これじゃ最寄り駅の始発に乗ってもギリギリかも。

そこで仕方なく、当日は山手線の始発に合わせて、車で新宿駅まで送っていくことになった。
運転は家内だけれど、イザという時のために私も一緒に。

いつもは近所を走るだけだし、新宿まで車を走らせるなんて久しぶり。
立体交差が続く甲州街道に「スゲー! レーシングゲームみたい」
とテンションを上げる息子を尻目に決死のドライブ。

なんとか駅まで送り届けたはいいけれど。
待てど暮らせど無事着いたとのメールが来ない。

そうやって、ジリジリと着信音を待ちながら。
集合時間も過ぎた頃。
やっと届いたメールの文面は「もう着いた」の五文字だけ。

「はぁ?」

人は安心すると、それまでの心配が憤りに変わるらしい。
それを読んだ私と家内は、同時にこう叫んだ。

「……愛が感じられないっ!」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/05/20

バラが咲いた'08

Bara5s今年もバラが咲きました。
というより、咲いちゃったと言った方がいいかも。
 
ガーデニングで、冬の間にする作業と言ったらバラの剪定くらいだけれど。
今年は「やらなきゃやらなきゃ」と思っているうちに春になっちゃって。
気がついたら、もう葉を繁らせておりました。

もちろん、いつもは剪定のついでにしていた消毒もナシだし。
肥料も、蕾が付いてから慌てて施すといった体たらく。
「どうなっちゃうんだろう?」
と思っているウチに、なし崩しに花が咲いちゃったのであります。

とはいえ、やはり赤バラの方の蕾は無し。
その代わり、と言っていいのかどうなのか。
↓驚いたことに、去年蕾を付けなかった挿し芽した株には蕾が六つも。
 
Bara3
 
「こんなことなら、ちゃんと世話してあげればよかった……」
なんて思っても後の祭り。
とりあえず、せめてものお披露目とあいなりました。
 
Oyakabu2
 
←親株のこちらは、2本あった主幹のうち一本が枯れてしまいましたが。
それでも残った幹から伸びた枝が蕾を付けました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/05/17

夏の予行演習

Redrobin●リターン雑記その15

風薫る五月。
しかしそんな初夏の日々に、真夏を思わせる暑さが訪れることもある。

三島由紀夫氏の作品に、そんな日のことを「夏の予行演習」と表現した一節があった。

まさに言い得て妙。
緻密な彫刻を施したようなその文章は読むのに時間がかかるけれど。
それだけにこんなフレーズを見つけると嬉しくなってしまう。

そういえば、裏地が付いた袷(あわせ)の着物を単衣(ひとえ)に替えるのは、六月の「衣替え」から。
そんなうるさい決まりがある着物でも、五月の暑い日には単衣を着ていいことになっている。

それだけ「夏の予行演習」のような日は、特別な日。


若かったあの頃。
そんな日が来ると、私もタンスからいそいそと短パンを引っぱり出して、つかの間の「夏」を楽しんだりしたものだった。

でも、その予行演習は昼間だけ。
夕方になって冷えて来ると、またいつもの格好に戻らなければならない。
かりそめの夏は、はかない白昼夢。

「最初からわかってたよ……」

そうやって穿いていた短パンをしまいながら。
過ぎてゆくうたかたの夏の日を恨めしく思うのだった。

'05年5月1日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/05/14

壊れたカメラ

先日、過去記事を読んでいて驚いた。
自分では、ついこの間のことだと思っていたんだけれど。
今使っているカメラを買い替えたのは、ちょうど三年前の今頃のことだった。
ということで、今回は●リターン雑記その14として、その顛末を。

Iberisu・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつもブログに載せている写真はデジカメで撮ったもの。スキャンする手間がいらないし、撮ってすぐ使えるのはありがたい。
1万数千円程度の安価なカメラだけれど、10cm位まで接写できるので重宝していた。

ところが、先日いきなりパソコンに取り込めなくなってしまった。

カメラが悪いのか、パソコンが悪いのか。
ドライバをインストールし直してもダメ。

困った。これでは明日から写真がUPできない!


仕方なく販売店に修理を依頼したら、費用は1万円程度からだとか。
「1万数千円のカメラを直すのに、1万円もかかるなんて……」

そう私が訴えると、店員さんは待ってましたとばかりに「最近のカメラはお安くなっているので、買い替えた方がお得ですよ」とのたまう。
しかも「今ならどんなカメラも3,000円で下取りします」とのこと。

っうん! お上手。

なんだか乗せられてるようで、釈然としないながらもショーケースを覗いてみると。
なんと2万円以下で3倍ズーム、接写も6cmからというカメラがあった。
しかも、小さいながら液晶画面までついている。(実はコレに憧れてたの)

今までのカメラは120万画素でも別段不自由は感じてなかったのに。
それが400万画素ですと。

・・・おあつらえむきに、手には壊れたカメラまである。

20,000円-3,000円=17,000円
これでは前のカメラと大して変わらないではないか!

壊れたカメラを手に携え、暗たんたる思いでお店に向かったあの日……。
イソイソと新しいカメラを提げて帰った私を誰が責められるだろうか。

'05年5月14日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/05/11

大山鳴動して

Aoba学校はカレンダー通りだし。
いつものように、実家に行っただけで終わってしまった私のGW。
でも、今年はそれが一風変わったものになった。

それは五月五日「こどもの日」の朝。

私が寝床で目を覚ますと、それを待っていたように家内が声を掛けてきた。
「夕べはお腹が痛くて眠れなかった」
なんでも激痛ではないけれど、気になって一睡も出来なかったとか。

……あらあら。なんだかイヤな予感。

それは家内だったり、ウチの子だったり。
夜中に具合が悪くなって、病院まで連れてったことは今までにも何度かあったけど。今回もまたそうなるのだろうか。
いや、「大山も蟻穴より崩る」と申します。油断大敵。
なにより今日明日とお休みだし、あと二晩眠れぬ夜を過ごすのもシンドそう。

ま、早朝とはいえ夜じゃないだけマシだし。
ということで、救急外来のある病院に車を走らせた私なのでした。


日頃の強気はどこへやら。
血液検査を終え、レントゲンを撮るための検査着姿の家内は、もうすっかり患者さんモードで意気消沈。
診察が済むのを、ガランとしたロビーのベンチで待つ私はその親族。
まるでドラマの一場面のようではないか。

世間じゃ花のGWだというのに……それがなじょしてこうなった。

とはいえ、そんな人達は他にもいるようで。
小さなお子さん連れのご夫婦は「静かにしなさい」と叱りながらも、その表情には安堵の色が。(子供って、診察してもらっただけで元気になったりするんですよねぇ)
かと思えば、どちらが付き添いなのか、にわかには計りかねる老夫婦とか。

それは、かつての自分達の姿であったり、これからの姿のようでもあったり。
来し方行く末に思いを馳せる私なのでありました。

え? 気になる診察の結果ですか。

そ、それは……出るものが出なかったからではないかと。
大山は大山でも、「大山鳴動してネズミ一匹」の方だったのであります。


翌日、元気にサッカー観戦へ行く家内と息子を見送った後。
片付けたこいのぼりを元のように天袋に納める私。

そして、その扉をそっと閉じながら。私のGWの幕も、ひとり静かに閉じるのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/05/08

バターが無い

Butterあれは一月ほど前の日曜日。
いつものように食料品の買い出しに行ったスーパーでのことだ。

「バターが無い!」という家内の言葉に冷蔵ケースを覗いてみると。
たしかにそこだけが空っぽだった。
「はて、これは?」

それから数日後。
ウォーキングの帰りに寄った近所のスーパーで確認してみても、やっぱり同じ。
しかも「記録的な原料不足により、バターの入荷は未定です」と張り紙までしてあった。

なんと! 私が知らない間にトンデモないことになってたらしい。

すわ一大事と、家に帰ってから検索してみると。
生乳の消費が落ち込んで生産を縮小したところに、餌となる穀物の値上がりが襲うというダブルパンチの影響なんだとか。
(これから乳牛を増やしても、お乳を出すようになるまで二年はかかるんですって)

そういえば、小麦粉が原料の食パンも値上がりして久しいし。
(特売だったら128円で買えてたメーカー品も今じゃ178円だし)
バイオ燃料ブームとやらで、穀物が不足してるとか聞いた覚えも。
(粉とバターと卵が原料のお菓子はどうなっちゃうの?)

とはいえ、先日の買い出しでは久しぶりにバターにお目にかかれて。
(あぁ、お懐かしや!)
たとえそのスーパー独自のブランド商品だろうとなんだろうと。
その麗しいご尊顔を拝せただけでもう……。もう胸がいっぱい。


そんな折も折。

先日の新聞の一面には「肥料用リン急騰5倍」の記事が。
(サブタイトルは「穀物の世界的増産で」)

「リン酸」は開花結実に必要な成分。
ってことは、木に実る果物はもちろん、野菜にも影響が出そうだし。
(免れるのは葉もの野菜と根菜くらい?)
穀物不足を補うために生産を増やしたら、今度はそのための肥料が不足しちゃったなんて。なんという皮肉。

「風が吹いたら桶屋がなんとか」じゃないけれど。
この世界的な負の連鎖は、一体どこまで続くのでしょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/05/05

初夏の面差し

Haura_right●リターン雑記その13

肌寒い日があったかと思えば。
夏を思わせるような陽気になったり。
春の天気は気紛れ。
なんて言ってられない。

五月六日は「立夏」。
(今年は五月五日の今日)

気がつけばもうすぐ「はつなつ」。
初夏である。


三月は、まだ生まれたての「春」。
それが、桜の花が散る四月になって、やっとうららかな「春」本番に。
そうなったら、ボヤボヤしてるヒマはない。
爛漫の春に浸る間もなく、風薫る五月になってしまう。

暦の上では「春」は二、三、四月になるのだろうけれど。
体感的に二月は「冬」だし、八月が「秋」だなんて寂しすぎる。
やっぱり「春」は三月からだと思いたい。

でも、五月が初夏だというのだけは、不思議としっくりくる。
夏じゃないけれど、夏の兆しをはらんだ季節。


春が、おかっぱ頭の愛らしい女の子だとすれば。
その子が知らぬ間に成長し、ある時ふいに大人の顔を見せるような。

初夏は、そんな乙女の面差しをしている。


まだ柔らかくて、初々しい色の若葉。
陽に透けて、光る葉裏のそよぎは、笑いさんざめく少女達のよう。
少しもじっとしていない。
木漏れ日を踊らせながら、すぐに次の季節へと旅立ってしまう。

夏が来る前の、ほんのひと時。


それは、そこにそのまま留めておけないからこそ、輝いて見えるのだろうか。

'06年5月4日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/05/02

こいのぼり

05koinoboriゴールデンウィークが近づくと、家内はあることをしきりにつぶやくようになる。

「そろそろ兜を出さなくちゃ……」

しかし、これは決して独り言ではない。
「兜飾りを早く出すように」と催促しているのだ。

箱に入ったそれはナカナカの重量がある。
しかも私が脚立に乗って、やっと手が届く高さの天袋にしまってあるもんだから。
それを下ろさないことには何も始まらないということらしい。

はいはい、承知いたしました。

折よくその日はいいお日和で。
私はついでに下ろしたこいのぼりを設置する作業に取り掛かる。

でも出したはいいけれど。これを組み立てるのはナカナカに面倒臭い。
そこで私は、モチベーションとして自分の鼻先にニンジンをぶら下げることにした。
「ネタになるなら、そんな苦労もなんのその」

ということで……私のニンジンにおつき合いいただければ幸いです。

4_30_14_30_24_30_3
写真(1)(2)一番気を使うのがポールの土台の組み立て。ボルトやナットを下のお宅に落とさないように必死の形相になる時。
それさえ済めば、とりあえず一安心。(3)ポールの先端に矢車を付けて。
 
4_30_44_30_54_30_6
写真(4)ポールを立てる前に、滑車にロープをかけるのも忘れずに。
(立てちゃったら手が届きません)
(5)ワンタッチで取り外しが出来るように設計された金具。
(でも猜疑心の強い私は、ペンチできつく止めちゃってるから手でヒモ結び)
(6)無事完了して、内飾りと外飾りのツーショット……のハズなんですが)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »