« 初夏の面差し | トップページ | 大山鳴動して »

2008/05/08

バターが無い

Butterあれは一月ほど前の日曜日。
いつものように食料品の買い出しに行ったスーパーでのことだ。

「バターが無い!」という家内の言葉に冷蔵ケースを覗いてみると。
たしかにそこだけが空っぽだった。
「はて、これは?」

それから数日後。
ウォーキングの帰りに寄った近所のスーパーで確認してみても、やっぱり同じ。
しかも「記録的な原料不足により、バターの入荷は未定です」と張り紙までしてあった。

なんと! 私が知らない間にトンデモないことになってたらしい。

すわ一大事と、家に帰ってから検索してみると。
生乳の消費が落ち込んで生産を縮小したところに、餌となる穀物の値上がりが襲うというダブルパンチの影響なんだとか。
(これから乳牛を増やしても、お乳を出すようになるまで二年はかかるんですって)

そういえば、小麦粉が原料の食パンも値上がりして久しいし。
(特売だったら128円で買えてたメーカー品も今じゃ178円だし)
バイオ燃料ブームとやらで、穀物が不足してるとか聞いた覚えも。
(粉とバターと卵が原料のお菓子はどうなっちゃうの?)

とはいえ、先日の買い出しでは久しぶりにバターにお目にかかれて。
(あぁ、お懐かしや!)
たとえそのスーパー独自のブランド商品だろうとなんだろうと。
その麗しいご尊顔を拝せただけでもう……。もう胸がいっぱい。


そんな折も折。

先日の新聞の一面には「肥料用リン急騰5倍」の記事が。
(サブタイトルは「穀物の世界的増産で」)

「リン酸」は開花結実に必要な成分。
ってことは、木に実る果物はもちろん、野菜にも影響が出そうだし。
(免れるのは葉もの野菜と根菜くらい?)
穀物不足を補うために生産を増やしたら、今度はそのための肥料が不足しちゃったなんて。なんという皮肉。

「風が吹いたら桶屋がなんとか」じゃないけれど。
この世界的な負の連鎖は、一体どこまで続くのでしょう。

|

« 初夏の面差し | トップページ | 大山鳴動して »

コメント

ま~ったくね~。
行きつけのコープでも、ずいぶん長いことバターの棚が空っぽでしたよ。
「できるだけ多くの会員さんにご利用いただけるよう、お一人様
一箱のみのご購入にご協力ください」とかなんとか貼り紙もしてあります。
先日久し振りにお目にかかりましたが。

穀物系のつながりも原油系のつながりも、今世界中でバランスが
ますます崩れていますよね。気象による生産減なんかも影響してきて
事態は悪化途上という感じです。
輸入大国日本の食糧事情はこのさきどうなるんでしょ。
田舎で自給自足の人たちは、こんなとき心強いでしょうね。

投稿: ポージィ | 2008/05/08 10:15

 自称エコロジーなバイオ燃料がすごい勢いで世の中に影響をあたえてますねぇ。まさかバターにまでとは。そしてつぎは野菜ですか。なんかぐるっと一周まわって植物にまで帰ってきたみたいですね。

 そのうちあれですよ。
「エコロジーなバイオ燃料は儲かる」と思った連中が森林を切り開いて穀物を栽培するようになるんですよ。いや、もうやってるかも。

投稿: ろぷ | 2008/05/08 11:09

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ、ポージィさんのところでも同じような状態だったんですね。(・o・)
そしてまた姿を見かけるようになって。
少しは状況が改善されてきたんでしょうか。
バターって一度に大量に使うものじゃないですけど。バター炒めとかグラタンとか、あのコクと香りが欲しい時無いのは辛いですよね。(T_T)

異常気象で小麦が不作になったり。バイオ燃料も産油国ヘの対策からですもんね。
例の米不足の時も、実家はお米に困らないで済んだと聞きましたけど。(母の実家が農家なので)
やっぱり、自分で賄えるというのはイザという時強いですよね。

投稿: nanbu | 2008/05/08 15:59

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

ちょっと検索してみたんですけど。儲かるという意味では、すでに「米国では、バイオ燃料が投資対象に」なってるそうですよ。
原料はトウモロコシなのかと思ってたら、理論的に炭水化物を含んでいれば何でもいいそうで、ブラジルなんかではオレンジが転換されてるとか。

そもそも「成長過程で大気中の二酸化炭素を吸収している」からエコなのに。
そのために森林を伐採しちゃったら意味無いですよね。(・o・)

投稿: nanbu | 2008/05/08 16:01

うちはあまりバターを使わず マーガリンで済ませてしまうのですが
毎日食べるパンや牛乳も値上がりしてますよね
で、今日は5月に入って初めてガソリンを入れました
洗車も頼んでたので待合室で待ってたところ
スタンドの若いおにいさんが「暇ですることないです(T_T)」
ってぼやきに来ましたよ
確かに お客さんは私一人で、、
4月下旬に入れたお客さんが多いのでGW中は暇
そろそろ無くなる頃の筈なのに明けても暇だそうです
みなさん あまり遠出はされなかったんでしょうね

そんな話を聞いた後なので 馴染みの店員さんが来て
ワックスを勧められたら断れなかったです(^_^;

投稿: miki | 2008/05/08 16:55

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうなんですよね。毎日食べるものが値上がりするのは堪えますよね。

>4月下旬に入れたお客さんが多いのでGW中は暇
あぁ〜っ! はいはいはい!!(・o・)
暫定税率が参院で否決されたらガソリンの値下げ競争があって。
それが衆院で再可決されたらまた値上がりしちゃったんですよね。
値上げされる前に、駆け込みでガソリンを入れた人が多かったんでしょうか。

そういえば、4月にいつも行ってるスタンドでガソリンを入れた時も。
家内が「満タン」と言ったら、「いいんですか?」と言われたそうです。
そこは値下げしてなかったらしくて「満タンにするなら他の方が安いのに」ということなんだと思いますけど。
価格競争に負けてそのお店が無くなったら、結局は自分が困ることになるし。
馴染みのお店を贔屓にしてもいいですよね。(^o^)

投稿: nanbu | 2008/05/08 18:54

 ニャハ、朝は炊き立てのご飯が一番のジンで~す。
もう何年もパンは食べてないですねぇ~。とは言ってももともとパンにはバターを付けないというか、北海道生まれにも関わらず、乳製品が不得意なものですから。
 でも今回のテーマはそういったことだけでなく、根底にはもっと深いものがあるので、影響を受けない人はいないですね。ワタクシは麺好きなので小麦の高騰で影響をしっかり受けていたりします。

投稿: coldgin | 2008/05/11 10:57

 
coldginさん、コメントありがとうございます。(^^)

炊き立てのご飯で朝食、いいですね♪
食糧を「賄う」ということでいえば、自分が食べるものを自分で作るというのはその基本ですもんね。自分がどんなものを食べているかを知れば、その背景にも目が行くし。なによりイザというとき心強いですね。(^o^)
オーストラリアでは、今年も小麦が二年続きの不作だとか。
自分の国で不足すれば輸出する余裕も無くなるでしょうし。
自分の国で賄えないというのは、やっぱり心細いものがありますよね。

投稿: nanbu | 2008/05/11 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/41120761

この記事へのトラックバック一覧です: バターが無い:

« 初夏の面差し | トップページ | 大山鳴動して »