« 父の日に寄せて | トップページ | にこけん八幡山 »

2008/06/17

ちりばめる

Sirotumekusa夜空一面に、ちりばめられたような満天の星。

なんて。
東京の空を見上げても、チョボチョボとしか見えなくて。想像するしかないけれど。

来月七月七日は、織姫と彦星が年に一度の逢瀬を許された七夕の日。
折悪しくその日が雨なら、天の川の水かさが増して会えないのだとか。

波のまにまに見隠れするお互いの姿は、さぞや切ないことでしょう。


ところで、この「波のまにまに」が「波の間に間に」じゃなくて「波の随に」だと知ってビックリしたのは、去年の「ままにならない」で。
(「波の間に間に」で検索したら当時67,800件もヒットしちゃいました)

でも、そんな思い込みは今までにもたくさん。

たとえば「ふところ」では、「馴染む」があるから「なつく」は「馴付く」とかだと思ってたら「懐く」だったり。(ま、これは私の個人的資質によると思われますが)

その他、「うつむく」は「うつ向く」じゃなくて「俯く」だし。
(「うつ向く」でググったら22,900件ヒットしました)
「くずおれる」が「頽れる」だったり。
(「崩折れる」だったら15,900件)
「まっしぐら」は「驀地」だったり。
(「真っしぐら」だと6,030件)

そして今回さらに驚いたのは。
この前の記事で引用させていただいた「■マチガイだらけの教科書?!■」さんの記述。

なんと「ちりばめる」を漢字で書くと「鏤める」だったなんて!
(「散りばめる」にいたっては40,100件)

これだから辞書が手放せないんですよねぇ。


ところで辞書には載ってないんだけれど。
「俯せ」は「うつ伏せ」でもイイんでしょうか?
(一発で漢字変換されたし、ヒット数は822,000件でした)

|

« 父の日に寄せて | トップページ | にこけん八幡山 »

コメント

うわ~ ほとんど全部「勘違い」の方だと思ってた私です。
勘違いだって、ついつい感違いだと思っちゃいますし。
「波の随に」「頽れる」「驀地」「鏤める」なんて絶対無理ムリ。
書くのも読むのも無理ですsweat01

「うつぶせ」は、手元の電子辞書には「俯せ」「うつ伏せ」
両方が載ってました。ホッ

上のお写真に鏤めたように咲いているのは、シロツメクサですか?
あら、パソコンの変換には「散りばめ」も出てきますね。

投稿: ポージィ | 2008/06/18 11:22

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

ピンポン♪ 星空の写真がないので、それがイメージされるものを、と思ってアップしたんですが。意図を汲み取ってもらえて嬉しいです。(^o^)
私も両方無理なので、ひらがなにしようと思いましたけど。一部だけ漢字にしようとか思うと怖いですよね。(・o・)
いろいろ検索して「『うつ伏せ』も認められているらしい……」との記述は一つだけ見つけたんですが。私のパソコンだと「散りばめる」も変換されないんですよ。
(なのに、つい最近「散りばめたよう」とコメントしちゃいました)
これも漢字変換されないのが幸いですけど。
私も手書きだったら「感違い」と書いてると思います、はい。(^^;)

投稿: nanbu | 2008/06/18 16:20

私のパソだと
ちりばめる は「散りばめる」「鏤める」両方変換されますが
うつぶせ は「うつ伏せ」しかありません(・o・)
どないなってるんでしょ。。
あっ「俯く」はありました! でも読めないし書けない(^_^;
患者さんに「ウツブセになってください」と言うことがあるんですが
今度から「俯せ」の文字をイメージして言うようにします(^o^)

投稿: miki | 2008/06/18 18:32

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

実はmikiさんのエゴノキの記事に「散りばめたような」とコメントしたのは私です。(笑)
私のパソコンは「じてんしゃ」と入力すると「次点者(←ほらね)」が第一候補に上がるくらいなので、比較はできないんですが。
「俯せ」が変換されないというのには驚きました。(・o・)
新聞や雑誌には基本的に常用漢字以外は使われないし。
「うつむ(く)」と「うつぶ(せ)」と読み方も違うところがクセモノですよね〜。

投稿: nanbu | 2008/06/18 21:45

また来てしまいました♪
そしたら気になる一言が。。

確か 地面に散った花びらを
“星を散りばめたような”とコメントしてくださったんですよね(^^)
で、確かめて来ましたよ↓

>(まるで一面に星をちりばめたようですね)

間違ってないですぅ(^_^)

投稿: miki | 2008/06/18 23:04

 
mikiさん、ご再訪ありがとうございます。(^^)

えぇ〜っ!(・o・)
ひらがなで書いてましたか……。よかったぁ。(T_T)

「鏤める」だと知って、真っ先に思い出したのがそのコメントだったので。
(ちなみにこれは「真っ」↑でイイみたいです ^^;)
自分ではてっきり「散りばめた」と書いたつもりでいたんですが、確認してくださったんですね。
嬉しいお知らせありがとうございました♪(^o^)

投稿: nanbu | 2008/06/19 07:18

 うつむくは、いちおう「俯く」ですけれど「うつ向く」が誤用で使われすぎてそっちが正解になりつつまりますね。疑問の「俯せ」はもう八割方「うつ伏せ」に移行しつつあるようです。どうも「伏せ」の漢字がたまたまイメージどおりなのが原因なのかな? 同じ理由で「散りばめる」もね。
 もっとも、「鏤める」は漢字がむつかしいので(つまり常用外なわけで)、正しくはひらがなで「ちりばめる」でOKでございます。はい。

 ことばって日々変わっていきますからねー。
「新しい」なんて僕たちは「あたらしい」と言っているけれど、本当は「あらたしい」が正解で、間違って言われて(エレベーターとエベレーターみたいなもんかな?)、結局間違った方がとってかわっちゃいましたからね。

 ことばの変化は意外と早いですよ。
 僕の知識もはたしてどこまで正しいのか自信がありません。そろそろギャル文字でも練習しようかなっと。
 

投稿: ろぷ | 2008/06/21 16:37

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

>疑問の「俯せ」はもう八割方「うつ伏せ」に移行しつつあるようです。

なんと「うつ伏せ」の方が多数派なんですね!(・o・)
(まさにイメージにピッタリですもんね)
そしてそれに移行しつつあるのなら、「うつ向く」も近い将来そうなりそうですよね。
教えてくださってありがとうございます。これでスッキリしました。(^o^)

>ことばって日々変わっていきますからねー。

そういえば、「だらしない」も「しだらない」の転だとか。そうやって、どんどん変わっていくんでしょうね。
「姑息」とか「憮然」とか、今では違った意味になってしまっているし。
「役不足」とか「気が置けない」とかになると、相手に失礼だと誤解されてしまう危険性さえありますよね。

投稿: nanbu | 2008/06/22 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/41559121

この記事へのトラックバック一覧です: ちりばめる:

« 父の日に寄せて | トップページ | にこけん八幡山 »