2008/12/27

お知らせ

Jinia今年も残すところあとわずか。

このブログも更新が滞ったままでしたが。
新しい年を迎える前に、一度きちんとしておこうと思い、お知らせの記事をアップしました。

ブログを始めてから4年。
これまでにも、ブラウザのバージョンの違いから起こる不具合はあったのですが。
最近では自分のブログの表示の崩れはもちろん、ページの移動にも異常に時間がかかるようになってしまいました。
それはログインしても同じで。
もはやブログを続けるには限界のようです。

そこで新しい環境が整うまで、いったん区切りをつけることにしました。

ただ、05年10月17日「かりそめの電子頭脳」でも書いたように、「自分の想いを書き留めておきたい」という気持は今も変わらず。
この「日常雑記」はここにこうして残しておこうと思っています。

これまでの4年間、このブログを訪ねてくださったみなさん、本当にありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

Magareto
 
 
夏の花ジニアのこぼれ種が
寒空の下で黄色い花を咲かせて。
南のベランダでは
マーガレットが咲き始めました。

| | トラックバック (0)

2008/10/04

KFKの夕べ

Kanban
先日、元坊さんとM代さんが立ち上げたコリアンフード研究会「KFK」がありました。
お店は大久保駅に程近い「土地」さん。

参加メンバーは、幹事の元坊さんを筆頭に、ぽぱいさん、グルメッチーさん、楽笑さん、coldginさん、M代さん、A子さん。
そして私が今回初めてお会いする、元坊さんのお仲間のふんわり親方さんと、つぶおさんに、グルメッチーさんのお仲間のアッキーさん。

TidimiPurukogi

期待に違わずお料理はどれも美味しかったのですが。
悲しいかな名前が覚えられません。
セッセと携帯にメモしていたものの、イザとなったら名前とお料理が結びつかなくて。
チーズチヂミにプルコギにマッコリに……
とりあえず、写真だけでもご覧くださいませ。

MakkoriZensai

元坊さん、ありがとうございました。
とってもマシッソヨ〜♪

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008/08/12

開店休止中

Macproいえ、すでにその前兆はあったのです。

あれはオリンピックの開会式前日。
家内が仕事中、パソコンが固まってしまった。

あらあら。
さらに、再起動後「ゴミ箱を空に」しようとしたら……
またまた固まってしまった。
もう一度やり直しても、結果はやっぱり同じ。
あれ? なんだか様子がオカシイ。

ただでさえ入稿前の慌ただしい時期。
こじれる前にと、家内はアップルの有料サポートを受けることにした。


しかし、世に存在していないことになっているMacのクラシック環境なのに。
"OS 9.2"の相談が混み合っているとのことで、なかなか順番が回ってこない。
(電話に出たお姉さんは「詳しい人に聞いてみます」と言うばかりでラチが開かず)
結局2時間近く待った後「詳しい人」に教えられた方法で、家内はトラブルシューティングに取り掛かった。

その結果、疑わしいファイルが見つかり。
それを使用停止にすることで一件落着。家内は再び仕事に。
とりあえずその後は順調で、翌日の開会式を観る余裕もあったのに……。
問題はその翌日に起こった。

家内がいつも使っているページ編集ソフトの"クォーク・エクスプレス"がダメになり。
それをなんとかしようとしているうに、とうとうコンピュータ自体がオカシクなる始末。

そこで追い詰められた家内。
急遽新しいMacにチャレンジすることに。
(1月12日の「Mac Proを買いました」の記事、覚えていらっしゃいます?)
ただ、一応使えるようにセットアップしていたものの。
まだ仕事では使ったことがないし。
("クォーク"からアドビの"InDesign"に移行するべく、練習中でございました)

とはいえ、背に腹はかえられません。
それまで製作していたデータをそちらに移し、マニュアル首っ引きでお仕事続行。
現在も鋭意継続中なのであります。


そんなこんなで、家内のトラブルに付き合っていた私も。
お盆休みの前とあってか、8月になってから急に仕事が立て込んで。
ブログの方は開店休止状態。

振り返ってみれば、最後に記事をアップしてから早一週間が。
(こんなに長く記事をアップしなかったのは初めてかも)

……ということで。
取り急ぎ、近況のご報告を申し上げた次第なのであります。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/07/07

まさかの扇風機

Senpukiその日は朝から雷まじりの雨。

それがやっとおさまって。
雨がやんだと思ったら。
今度はいきなり暑くなってきた。

ウォーキングから帰ってみれば、着ていたTシャツは汗でビッショリ。

「さすがに今日は扇風機がないと無理かも」

家内は出かけてるし。
毎年それを出すのは私のお役目。

そこで私は、額の汗を拭いながら物置きにしまってあるそれを出すことにした。

とはいえ、パッキンの間には本体の他、羽根や金属製のガードなんかがびっしりと挟まってるし。
不用意に引き出すと、バラバラになって落ちちゃうから気を使う。
なのに、その間にも発泡スチロールの細かな破片がパラパラと散らばって。

……あぁ、後で掃除機をかけなくちゃ。

なんてブツブツ思いながらも、なんとか組み立て完了。
そうこうしてるウチに、期末試験で早帰りのウチの子はご帰還だし。
サッサともう一台の扇風機を組み立てなければ。

ところが、物置きに戻ってみて驚いた。
なんと、そこには新しげな箱が二つ並んでいるではないか。
「あれ?いつからウチは扇風機が三つになったんだろう」

ワケも分からぬままリビングに戻った私がウチの子に尋ねると。
「去年も扇風機が壊れて、また新しいのを買ったんじゃなかったっけ」とのお返事。

ゲゲッ! そうだった!!
っということは……さっき苦労して組み立てたのは壊れた方?

たしかにスイッチを入れても動かない。
そういえば、修理代もばかにならないし、粗大ゴミは有料だしと。
結局箱にしまって物置きに入れたんだった。


……努力は、報われてこそ喜びに昇華するもの。
それが徒労に終わった時のショックは大きい。

その事実に打ちのめされながら。
私は組み立てたばかりのそれをまた箱にしまい、新しい方に取り掛かったのでした
……が。

最近の扇風機は台座が取り外せるようになってるでしょう?

それで箱が小さくなったのはいいんだけど。
その分新たなプロセスが加わって。

たかが扇風機の組み立てに、取扱い説明書を読んでる自分がなんだか切ない。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/06/08

まさかの保険証

Akatumekusa1私の腰の重さを、端的に表しているのが床屋と病院通い。

床屋は年に4回行くのがせいぜいだし。
病院も去年の秋に行ったきり。
こと自分に関して(も?)どうしてこう投げやりになってしまうのか。

しかしある日、これではいけないと一念発起した私。
三ヶ月ぶりに床屋へと。これで気分スッキリ。

その勢いに乗って、先日は自転車をこいで病院へ。
ダラダラと続く坂道も、ウォーキング代わりと思ってエンヤコラ。
やっとのことで辿り着いたのに。悲劇はそこから始まった。


なんと差し出した保険証は期限切れ。

ゲゲッ。
一世帯に一枚だった昔と違って、最近のは一人に一枚ずつのカード式。
こないだの修学旅行に持たせるために、ウチの子の保険証をコピーしてやったのは私なのに。
なのに自分の保険証でつまずくなんて。

いや、そんな泣き言をいっているヒマはない。
今ならまだトンボ返りすれば午前中の受付に間に合う。
っと、慌てて家に帰ったものの。どこにしまってあるのやら。

家内の携帯に電話して教えられた場所を探してみると。
ありました! 家内の保険証の下には私のが。

これで一件落着。

意気揚々と再び受付に現れた私を見た受付嬢は「あ、先程の」と微笑みつつも。
あろうことか私の保険証を受け取った次の瞬間、冷たくこう言い放った。

「これは名前が違います」

ウッソ〜。
見ればそこにはシッカリと息子の名前が。
まさか。あの時確かに自分の名前を確認した……つもりだったのに。

キツネにつままれた気分で家に帰り。
期限切れの私の保険証をもう一度確認してみると。
なんと、ビニールカバーに入ったその下から現れたのは新しい保険証。


……そういえば。それが郵送されてきたのは期限が切れる前。

それまでは古いのを使わなければならないからと、二枚重ねにしてたのをコロっと忘れておりました。
トホホ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/05/24

愛が感じられない

080524amaririsuウチの子が小学3年生の時。
道徳の時間に先生はこう言ったそうだ。
「(イジメをするのは)人間としてイビツです」

いいことをおっしゃる。

その新任の女性教師は熱血漢。
小学生には、そんな正攻法の言葉が心に響くらしい。
そして、私にも。

その言葉がいたく気に入った私は、その後もことあるごとに引用させてもらっていた。
ゲームやパソコンに夢中で言うことを聞かない時とかなら。
「(人間性が)蝕まれている」なんてアレンジしてみたり。

そして、現在の私のオハコは「愛が感じられない」。

ウチの子にツッコまれても受け流すのは。そこに「愛」が感じられるからこそ。
単にバカにしてるだけなら話は別。
最近じゃ、私が「あぁっ!」と文句を言おうとすると。
「愛が感じられない?」と先回りするようになった。


さて、先日はそんなウチの子の修学旅行で。集合場所は羽田空港。

しかも時間がメッチャ早い。
ただでさえ重い荷物を抱えて。
これじゃ最寄り駅の始発に乗ってもギリギリかも。

そこで仕方なく、当日は山手線の始発に合わせて、車で新宿駅まで送っていくことになった。
運転は家内だけれど、イザという時のために私も一緒に。

いつもは近所を走るだけだし、新宿まで車を走らせるなんて久しぶり。
立体交差が続く甲州街道に「スゲー! レーシングゲームみたい」
とテンションを上げる息子を尻目に決死のドライブ。

なんとか駅まで送り届けたはいいけれど。
待てど暮らせど無事着いたとのメールが来ない。

そうやって、ジリジリと着信音を待ちながら。
集合時間も過ぎた頃。
やっと届いたメールの文面は「もう着いた」の五文字だけ。

「はぁ?」

人は安心すると、それまでの心配が憤りに変わるらしい。
それを読んだ私と家内は、同時にこう叫んだ。

「……愛が感じられないっ!」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/05/11

大山鳴動して

Aoba学校はカレンダー通りだし。
いつものように、実家に行っただけで終わってしまった私のGW。
でも、今年はそれが一風変わったものになった。

それは五月五日「こどもの日」の朝。

私が寝床で目を覚ますと、それを待っていたように家内が声を掛けてきた。
「夕べはお腹が痛くて眠れなかった」
なんでも激痛ではないけれど、気になって一睡も出来なかったとか。

……あらあら。なんだかイヤな予感。

それは家内だったり、ウチの子だったり。
夜中に具合が悪くなって、病院まで連れてったことは今までにも何度かあったけど。今回もまたそうなるのだろうか。
いや、「大山も蟻穴より崩る」と申します。油断大敵。
なにより今日明日とお休みだし、あと二晩眠れぬ夜を過ごすのもシンドそう。

ま、早朝とはいえ夜じゃないだけマシだし。
ということで、救急外来のある病院に車を走らせた私なのでした。


日頃の強気はどこへやら。
血液検査を終え、レントゲンを撮るための検査着姿の家内は、もうすっかり患者さんモードで意気消沈。
診察が済むのを、ガランとしたロビーのベンチで待つ私はその親族。
まるでドラマの一場面のようではないか。

世間じゃ花のGWだというのに……それがなじょしてこうなった。

とはいえ、そんな人達は他にもいるようで。
小さなお子さん連れのご夫婦は「静かにしなさい」と叱りながらも、その表情には安堵の色が。(子供って、診察してもらっただけで元気になったりするんですよねぇ)
かと思えば、どちらが付き添いなのか、にわかには計りかねる老夫婦とか。

それは、かつての自分達の姿であったり、これからの姿のようでもあったり。
来し方行く末に思いを馳せる私なのでありました。

え? 気になる診察の結果ですか。

そ、それは……出るものが出なかったからではないかと。
大山は大山でも、「大山鳴動してネズミ一匹」の方だったのであります。


翌日、元気にサッカー観戦へ行く家内と息子を見送った後。
片付けたこいのぼりを元のように天袋に納める私。

そして、その扉をそっと閉じながら。私のGWの幕も、ひとり静かに閉じるのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/05/08

バターが無い

Butterあれは一月ほど前の日曜日。
いつものように食料品の買い出しに行ったスーパーでのことだ。

「バターが無い!」という家内の言葉に冷蔵ケースを覗いてみると。
たしかにそこだけが空っぽだった。
「はて、これは?」

それから数日後。
ウォーキングの帰りに寄った近所のスーパーで確認してみても、やっぱり同じ。
しかも「記録的な原料不足により、バターの入荷は未定です」と張り紙までしてあった。

なんと! 私が知らない間にトンデモないことになってたらしい。

すわ一大事と、家に帰ってから検索してみると。
生乳の消費が落ち込んで生産を縮小したところに、餌となる穀物の値上がりが襲うというダブルパンチの影響なんだとか。
(これから乳牛を増やしても、お乳を出すようになるまで二年はかかるんですって)

そういえば、小麦粉が原料の食パンも値上がりして久しいし。
(特売だったら128円で買えてたメーカー品も今じゃ178円だし)
バイオ燃料ブームとやらで、穀物が不足してるとか聞いた覚えも。
(粉とバターと卵が原料のお菓子はどうなっちゃうの?)

とはいえ、先日の買い出しでは久しぶりにバターにお目にかかれて。
(あぁ、お懐かしや!)
たとえそのスーパー独自のブランド商品だろうとなんだろうと。
その麗しいご尊顔を拝せただけでもう……。もう胸がいっぱい。


そんな折も折。

先日の新聞の一面には「肥料用リン急騰5倍」の記事が。
(サブタイトルは「穀物の世界的増産で」)

「リン酸」は開花結実に必要な成分。
ってことは、木に実る果物はもちろん、野菜にも影響が出そうだし。
(免れるのは葉もの野菜と根菜くらい?)
穀物不足を補うために生産を増やしたら、今度はそのための肥料が不足しちゃったなんて。なんという皮肉。

「風が吹いたら桶屋がなんとか」じゃないけれど。
この世界的な負の連鎖は、一体どこまで続くのでしょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/05/02

こいのぼり

05koinoboriゴールデンウィークが近づくと、家内はあることをしきりにつぶやくようになる。

「そろそろ兜を出さなくちゃ……」

しかし、これは決して独り言ではない。
「兜飾りを早く出すように」と催促しているのだ。

箱に入ったそれはナカナカの重量がある。
しかも私が脚立に乗って、やっと手が届く高さの天袋にしまってあるもんだから。
それを下ろさないことには何も始まらないということらしい。

はいはい、承知いたしました。

折よくその日はいいお日和で。
私はついでに下ろしたこいのぼりを設置する作業に取り掛かる。

でも出したはいいけれど。これを組み立てるのはナカナカに面倒臭い。
そこで私は、モチベーションとして自分の鼻先にニンジンをぶら下げることにした。
「ネタになるなら、そんな苦労もなんのその」

ということで……私のニンジンにおつき合いいただければ幸いです。

4_30_14_30_24_30_3
写真(1)(2)一番気を使うのがポールの土台の組み立て。ボルトやナットを下のお宅に落とさないように必死の形相になる時。
それさえ済めば、とりあえず一安心。(3)ポールの先端に矢車を付けて。
 
4_30_44_30_54_30_6
写真(4)ポールを立てる前に、滑車にロープをかけるのも忘れずに。
(立てちゃったら手が届きません)
(5)ワンタッチで取り外しが出来るように設計された金具。
(でも猜疑心の強い私は、ペンチできつく止めちゃってるから手でヒモ結び)
(6)無事完了して、内飾りと外飾りのツーショット……のハズなんですが)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/29

サクラサク

08_3_28sakura2

今年もとうとう桜が咲きましたね。
東京の開花宣言は3月22日。

一昨年までは、HPの桜の便りでウチの桜が開花するまでの過程をUPしてたんだけど。
昨年からは花付きが悪くなっちゃって、それはナシに。

でもバックナンバーを見てみると、その年の都心の開花日が記してあったり。
(書いてない年もあるのが今となっては残念ですが)
その時々の蕾の状態から、開花まであとどのくらいかを知る手掛かりになったりして。
情報源としても結構便利だったのに。(ちなみに今回検索したところ、開花予報はヒットしても過去の開花日が載っているサイトさんは意外にヒットしませんでした)

そこで、ウォーキング時に思いつくまま撮っていた今年の桜の様子を、覚え書きとしてまとめてみることにしました。

080228haname08_03_10haname
(左)まず、2月28日が最初の写真。膨らんだ花芽の先端が明るい色になってきました。
(右)それから約10日後の3月10日。花芽の鱗片からクリーム色が顔をのぞかせて。
  
080315haname080317haname
(左)3月15日には若草色の全身が現れました。
(右)3月17日。そのわずか二日後にはピンクの蕾が出てきてビックリ。
  (ひとつの花芽からは3、4個の蕾が出てきます)
 
08_3_24kaika08_3_27
(左)3月24日。都心の開花宣言の二日後。どうやらこの前日には開花していた模様。
  (日曜は買い出しで見逃しちゃいました)
(右)そして3月27日。まだ満開ではないものの、随分と咲き進みました。
 
08_3_27utisakura
 
 
●おまけ
去年に輪を掛けて花付きが悪くなったウチの桜も、3月27日に開花しました。

今回は日時指定の自動投稿のため、表示が崩れていたらご容赦ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧